2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

ロンドン旅行へ行く息子のために『旅行手帳』を買いました

旅行手帳の表紙

ロンドン旅行を前にして、息子のために旅行手帳を買いました。計画や調べたことはノートへ、決まったことは旅行手帳へと使い分けていきます。気になる中身を紹介しますね♪

[ad#upper]

息子が旅行ノートに初チャレンジ

植林木ペーパー裏うつりしにくいノート

息子が旅行ノートを書くのは初めて。昨年の台湾旅行は久しぶりの海外ということもあって、私がほとんど準備してしまいました。今回のロンドン旅行は息子自身が行きたい国ですし、自主性を身につけて欲しくて息子をリーダーに任命です!

さっそく無印良品のB5ノートを息子へ「さぁ、書いてごらん♪」と1冊渡しました。計画や調べたことを書き綴っていくためです。でも先のことを考えると、計画の段階ではこのノートだけでいいのですが、旅行中は時系列に情報が並んでいて読み返しにくい。まとめのノートも用意しなきゃと思いつつ、イチから書き方を教えている時間がないんですよ。

どうしようかとあれこれ探していたときに、ayanさんの買った旅行手帳が目に留まり、「コレだ!」と息子のために購入しました。

>>準備からわくわく! 一回の旅行を一生の思い出にする「旅行手帳」を購入

ayanさんも夏休みに娘さん達を連れて、海外旅行へ行くそうです♪

>>小学生と行く!親子で短期ホームステイ

旅行手帳はロングセラー

旅行手帳の中身

旅行手帳は日本旅行文学会が編集したもので、2006年に出版され、私の元へ届いた手帳は2012年の7刷目でした。長い間、売れ続けているロングセラーなのですね。

価格は980円+税と、1,000円ちょっとで買えるので、初チャレンジにはちょうど良い値段です。

サイズは170mmx116mmとB6サイズより小ぶり。旅先ではB5ノートよりも旅行手帳のほうが小さくて広げやすいです。

旅行手帳の目次

本のように目次があります。そのままインデックスになっていて、目当てのページを開きやすいです。

旅行手帳の使い方ページ

旅行手帳の使い方の説明があります。ここに何を書くと指定されるため、初めて旅行手帳を使う人がスムーズに取り組めるようになっています。私のように旅行ノートを自作している人にとっても、“書いておきたいポイント”がおさらいできます。

旅行手帳の旅の予定

旅の予定は12日分あります。左に予定を書き、変更があったときに右へ書けるよう縦に点線が引いてあります。

旅行手帳のメモページ

メモページは5ページしかありません。大部分は1日の構成で占められています。

旅行手帳の1日の構成は日記・食事・お金・スクラップ

旅行手帳の1日の構成はこの4つ。

  • 旅の日記
  • 旅の食卓
  • 旅のお金
  • 旅のスクラップ

日記・食事・お金・スクラップを12日分も書けるということです。1~3日目までは「1日目」と数字が入っているのですが、4日目以降は数字が入っていません。12日間の旅行でも、短期間で複数の旅行でも、12日以内なら自由に書けます。

では、1日の構成を見ていきましょう♪

旅行手帳の旅の日記

『旅の日記』は「日付」「記入地」「天気」を書く欄があります。左ページは罫線、右ページは無罫の構成で、文章を書いたり、絵を描いたり、チケットを貼ったりなど自由に楽しめます。

旅行手帳の旅の食卓

『旅の食卓』では、左ページに朝食・昼食・夕食を書きます。右ページにショップカードやショップの情報を書きます。

旅行手帳の旅のお金

『旅のお金』には、左ページにレシートを貼るスペース、右ページは支出管理を書き込めるようになっています。

旅行手帳の旅のスクラップ

『旅のスクラップ』は写真やパンフレットの切り抜きなどを貼るスペースがあります。日記に書ききれなかったことをスクラップページに書いてもいいですね。

旅行で覚えておきたいことも記録できる

旅行手帳の旅の終わりに

旅行手帳は旅行記だけでなく、旅先できた友達など覚えておきたいことも記録できます。

まず『旅の終わりに』は左ページに旅のお金の累計支出、右ページは旅のまとめを書くスペースがあります。ここは1回分の旅行しか書けないので、複数の旅行を書くときは余白に書いたり、付箋で足したりしないといけないな。

旅行手帳の旅のおみやげ

『旅のおみやげ』はお土産のリストです。左ページは「お土産をあげる相手」「お土産の内容」「金額」などを書きます。右ページは自分へのお土産リストです。
ここも1ページずつしかないため、複数の旅行へ行くときは余白に旅先の名前を入れるなどして、どの旅行なのかわかりやすくしたほうがいいですね。

旅行手帳の旅のともだち

『旅のともだち』は旅先で出会った人の名前や住所などを書き留めることができます。どんな出会い方をしたのか、どんな話をしたのかなど、メモする欄があるといいのになって思いました。

旅行手帳の旅のお助けメモ

最後に『旅の時差表』と『旅のお助けメモ』があります。海外ではどんなトラブルが発生するかわからないので、常に携帯している手帳にも対処法が載っているのは心強いです。

旅行手帳もジブン手帳と同じで、どこに何を書けばいいのかが決まっていて、挫折しにくい仕組みになっています。息子もこれなら最後まで書けそう。夏休みの旅行におすすめです♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

[ad#after]

繋がっている記事
トラベラーズノートを使った旅行ノートの作り方(ロンドン編)

関連記事


コメント