2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

次の10年を考えるために2014年は手帳2冊持ちにチャレンジします!

ほぼ日手帳とダイスキン

アンケートやインタビューには選ばれた2014年の手帳が次々と集まっています。「みんな早い~っ」と焦る気持ちを抑え、じっくり考えてみました。2014年はプライベートと仕事の“手帳2冊持ち”にチャレンジします!

[ad#upper]

次の10年を本格的に考えよう!

12月ギリギリまでゆっくり選ぼうと思っていたのですが、人気のある手帳は早めに売り切れてしまう……。あぁ、かなり焦ってきました。でも焦って決めると1年間が台無しになるとわかっているので、あえて手帳のことをじっくり考える時間をつくりました。

じっくり考えるきっかけとなったのは、WADA-blog(わだぶろぐ)の和田亜希子さんの言葉です。

先日、和田さんとメッセージのやり取りをしているとき、「次の10年を本格的に考えましょうね」と言われて、ハッとしたんです。今のままでいいのだろうかと。

問題を抱えた上に新たな心配事が増えて、淡々と目の前の作業をこなしてはいるけれど、いつものように前のめりで頑張れない。
エイッと、外へ飛び出そう!

私は数年前からココロを守ってしまい、何事も全力投球できないでいました。
かなり経ってからですが、人生の目標を『夢・人生ピラミッド』にして、毎日コツコツと実行できるようになりました。
>>手帳が続かない人は理想の人生を描いて目標設定しましょう♪

青空

ただ仕事は守りに入ったままで新しい一歩を踏み出せずにいます。またつらいことが起こって気が滅入ってしまったら、仕事に支障をきたしてしまう。周りの人達に迷惑をかけたくなくて現状維持するのがやっとでした。

現状維持では後退するばかりである

本か雑誌か忘れてしまったのですが、このウォルト・ディズニーの名言が目に留まりました。現状維持のままだと刃を研ぐこともできず、成長がありません。

ココロの回復力がついてきたようだし、もう少しアクセルを踏んでもいいのでは?と思い始めました。また無気力だった頃に比べると、小さな希望を持てるようになってきました。仕事関連で取得したい資格もあるし、語学や文章の勉強もしたい。よし、仕事の分野でも目標を増やしていこう!

という訳で、仕事の目標もより具体化して、次の10年を本格的に考えることにしました。

手帳を2冊持ちにする理由は?

仕事の目標管理をどこに書くかと考えたときに、手帳の文字が浮かびました。

手帳はできるだけ1冊にまとめたいです。仮に「今使っているほぼ日手帳で仕事の目標管理もできるか?」と考えたら……できるけれど、仕事とは切り離したい気持ちでいます。私にとってのほぼ日はココロのオアシスみたいな存在で、好きなことをゆるやかに書いていきたいからです。

ほぼ日手帳をやめるしかないのかな?うーん、どうしよう?
答えが出ないので2013年の書き物構成を書き出して、どうするか考えてみました。

気づいたのはほぼ日の週間手帳は仕事のときにしか使わず、荷物を軽くするため外で持ち歩かないことです。ダイスキンのダイアリーを使うのもパソコンの前にいるときだけです。

ということは、『ToDoリストの管理』と『ブログの更新管理』を1冊にまとめられます。さらにほぼ日手帳に書いている『作業ログ』も合わせれば仕事だけの手帳が出来上がる!

考えた結果、“プライベート”“仕事”の手帳を2冊を持つと決めました。上手く2冊の手帳を使い分けできるか不安ですが、試行錯誤する過程も記事にしていきますね♪つづきはこちらです。
>>仕事用の手帳選び♪20冊の中から残ったのはこの3冊です

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
無印良品の手帳2014年版を買いました!手帳の中身を紹介します
無印良品の再生紙バーチカル2014年版を買いました!手帳の中身を紹介します

コメント

  1. こんにちは。
    手帳2冊持ち、興味深いです。

    予定のダブルブッキングであったり、書く手帳を間違わないか・・・
    という部分を、どのようにされていくのか、
    今後の記事を楽しみにしたいと思います。

  2. 藍玉@小林智子 より:

    ヒロセマリさんへ

    おはようございます。コメントありがとうございます。
    2冊持ちだとダブルブッキングをする可能性がありますよね。私はやりかねないので、スケジュール管理は『プライベート用の手帳』に一元化しようと思っています。

    きっと2冊の手帳を使っていると便利なことだけでなく、失敗談も出てきます。いろいろな経験を記事にしていきますね♪