2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#103 ぽっぽさん×ジブン手帳biz×逆算手帳×MDノートダイアリー

ぽっぽさんのジブン手帳biz

手帳の使い方インタビュー第103回目はぽっぽさんです。2018年の手帳は、ジブン手帳biz、逆算手帳、MDノートダイアリーに決めたそう。ぽっぽさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

ぽっぽさんのプロフィール

―ぽっぽさんの自己紹介

初めまして。ぽっぽと申します。
中学生の頃、日記を毎日書いていたことがきっかけで、ノートや手帳に興味を持ち始めました。『書く』ことにより頭の中のもやもやが晴れてすっきりするので、私にとって手帳タイムは至福の一時でもあります。

ただいま1歳児の子育て真っ最中。4月の仕事復帰に向けて残り少ない育休を満喫しているところです。

スポンサーリンク

ぽっぽさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2018年の手帳は何を選びましたか?

ぽっぽさんの2018年の手帳

・ジブン手帳biz(スタンダード):文房具店にて定価で購入。

・逆算手帳:Amazonにて定価で購入。

・MDノートダイアリー(A5/1日1ページ):Amazonにて定価で購入。

―『ジブン手帳biz』『逆算手帳』『MDノートダイアリー』に決めた理由は?

ジブン手帳bizに決めた理由

ぽっぽさんのジブン手帳biz

2014年からジブン手帳を愛用しているので、迷うことなく決めました。2017年に新しく発売されたbizがとても使い心地がよかったので、以降biz一択です。何より、巻頭の付録ページ(日本地図、おすすめリストなど)がお気に入り。ジブンで記入したこのページを見るとわくわくします。

逆算手帳に決めた理由は?

ぽっぽさんの逆算手帳

2017年にこの手帳の存在を知ったのですが、そのときはタイミングが悪く売り切れてしまい入手出来ず、ずっと気になっていました。将来の夢や目標を明確に定めている私にとって、この『夢を叶えるための手帳』のキャッチフレーズがピンときたのです。

MDノートダイアリーに決めた理由

ぽっぽさんのMDノートダイアリー

育児日記を書きたくて購入。写真を貼りたかったので、記入スペースの多い1日1ページを選びました。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

<2007年~2010年>
■週間レフト型の手帳
大学の授業、ゼミ、バイト、ボランティア、就職活動…と、予定はたくさん詰まっていたのに、結局月間ブロックしか使わず。

■合格手帳(2010年のみ)
就職活動のスケジュール管理とそれに伴う勉強記録に使用。モチベーションが高まりました。

<2011年>
■月間ブロックのみの手帳
シンプルなマンスリー手帳。仕事とプライベートの予定管理に使用。

■会社支給の手帳(週間レフト型)
当時は卸売業に勤めていたので、日々の売上や実績などログをウィークリーに細かく記録。

<2012年>
■ダブルスケジュール型の手帳
転職後、日々の生活が公私混同になりつつあったので、プライベートと仕事を工夫して管理しました。この頃はマンスリーのみを使う方法が自分にはあっていたようです。

ぽっぽさんのEdit(1日1ページ)

<2013年>
■Edit(1日1ページ)
日記を書きたくなり、1日1ページ手帳デビュー。シンプルなデザインに魅かれて選びましたが、空白のページが1日でも出来てしまうとそれが気になってしまい、以降デイリーは使いこなせずに終わってしまいました。

ぽっぽさんの過去の手帳

<2014年~2016年>
■ジブン手帳(スタンダード)
2014年は、働きながら大学院に通学し、かつ転職活動も並行するという、人生で最もハードな一年でした。これまでの使い方を改め、1日を計画的に過ごすため、かつ目標を達成するためのツールを兼ね備えた手帳を探したところ、希望の条件を満たしていたのがこのジブン手帳でした。

このとき、バーチカル手帳の存在を初めて知りましたが、この出会いは私にとってかなり衝撃的でした。もっと早く知っていれば!そして、これをきっかけに長年の手帳難民問題が解消されたのです。(夢も叶いました。)

ぽっぽさんの2017年の手帳

<2017年>
この年からプライベートと仕事で手帳を分けることにしました。

■ジブン手帳biz(スタンダード)
常に持ち歩くプライベート専用手帳。
実はこれまでトモエリバーの紙質が自分には合わないと感じていました。そこで、2017年から発売されたbizに切り替えました。

■プロフェッショナルダイアリー(PRD10)
仕事専用手帳。
プロジェクトを複数抱えていることもあり、進捗管理のためガントチャートをメインに使用。

■ブラウニー手帳(A6)
仕事専用手帳。
手帳シーズンも半ばに差し掛かっていたころ、店頭で半額になっていたのでお試しがてら購入。タテヨコ自由に使える独自のフォーマットは目からウロコ。
マンスリーはガントチャートとして、ウィークリーはタテを予定、ヨコをToDoリストと使い分けてがっつり書き込んでいました。これでマンスリーの月間ブロックページがあったら良かったのですが。(1ヶ月の予定を俯瞰したいタイプなので、月間ブロックのページは必須なのです。)

スポンサーリンク

―手帳選びで失敗したことはありますか?

1日1ページ手帳に憧れるんですが、結局使いこなせません。バーチカルは空白があっても気にならないのに、なぜか1日1ページ手帳だけは空白が気になって続かないんですよ。きっと、手帳ユーザーのあるある話だと思います(笑)。

あと、サイズ問題ですかね。荷物を軽くしたくて小さめの手帳を選んだこともありましたが、しっくりこなくて……。使い慣れたA5サイズでないと落ち着かないようです。

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

ぽっぽさんの手帳2018

・1日を計画的に過ごすため
・仕事とプライベートを両立させるため
・目標達成のため
・ライフログを残すため

―手帳をいつ開きますか?

普段は、朝(始業前)と夜(帰宅後)。仕事専用手帳はデスクに開きっぱなしです。現在は育休中なので、子どもが寝ているときしか手帳を開きません。

カフェで手帳タイムをとることが楽しみのひとつではありますが、母となった今はそうした時間を確保することが出来ず(泣)。

―どんな風に手帳を使っていますか?

使い方は、その年のライフスタイルによって大きく変わります。ちょうど手帳が切り替わるタイミングで子どもが生まれたため、2018年は育児日誌と化しました。ポイントとしては、プライベートの手帳と仕事専用の手帳を上手く使い分けること、ですかね。

ジブン手帳bizの使い方

ぽっぽさんのジブン手帳bizマンスリー

マンスリーは予定。
マイルドライナーで予定を色分けしています。

ぽっぽさんのジブン手帳bizウィークリー

ウィークリーはライフログ。
生後半年間は授乳やおむつの回数を記録していました。

ぽっぽさんのジブン手帳bizウィークリー

細かく色分けしていましたが、段々余裕がなくなり、黒ペン一色に。

ぽっぽさんのジブン手帳biz

ガントチャートは離乳食の記録として。(※食材の少ない初期のみ)

ぽっぽさんのジブン手帳biz

今年の目標(右ページ)。
左半分は今年の目標、右半分は翌年度に振り返りのコメントをつけています。

ぽっぽさんのジブン手帳biz

フリーページ。
最後のページは、来年度に向けた手帳会議の内容を記入しています。

ぽっぽさんのジブン手帳biz

巻頭/巻末ページは、新たにフォーマットを設けるなど工夫して使っています。映画リストは映画を見る習慣がないので、代わりに水族館やテーマパークの入場券を貼っています。

ぽっぽさんのジブン手帳biz

おすすめリストには、食べて美味しかったお菓子のパッケージを貼りました。

逆算手帳の使い方

実際に使ってみると、プライベートで手帳を複数運用することは私にとって大きな負担であることに気がつきました。

マンスリーやガントチャートはジブン手帳で事足りているので、自分の場合、逆算手帳オリジナルのライフビジョンやウィッシュリスト等の機能を手帳に求めていたのかもしれません。そこで、翌年度はジブン手帳を改造して専用ページを設けることに決めました。

MDノートダイアリーの使い方

ぽっぽさんのMDノートダイアリーの中身

写真を貼ったり、イラストを描いたり。
しかし、産後の慣れない育児で気持ちに余裕がなくなり、手帳一冊を記入することだけで精一杯な状態に。お恥ずかしい話、写真を印刷するのにプリンターを立ち上げる気力もなく…。この手帳は1ヶ月しか続きませんでした。もう少し気持ちに余裕が出たら、日記代わりにまた使いたいと思っています。(ウィークリーは日付フリーなので、いつでも記入を再開できる点が魅力的です。)

スポンサーリンク

―手帳に使っている主な筆記用具は何ですか?

ぽっぽさんの手帳に使う筆記具

KOKUYOのシステミックを仕事用の手帳カバーとして使っています。
名刺や付箋が入るポケットが充実していて、A4用紙が二つ折りで入るし、フロントポケットにもペンを挿せるので何かと便利です。見た目もシンプルで、ビジネスシーンにふさわしいので気に入っています。

メインのボールペンはスタイルフィットとジュースアップ。そのほか、マイルドライナーで色分けをしています。

ぽっぽさんの測量野帳

余談ですが、測量野帳が大好きで様々なデザインのものを集めています。
野帳はテーマごとに分類し、仕事でもメモ代わりに使っています。軽くて薄いのに、表紙が頑丈なのがお気に入り。職場でも使っている先輩方をよく見かけます。

―手帳のことで悩みはありますか?

悩みはつきません!毎年手帳会議に必死です(笑)。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

ぽっぽさんのジブン手帳biz

文字をきれいに書かないこと。
思うままに書くことで、頭の中のもやもやをすっきりさせています。あと、書けない日があっても気にしないこと。書きたいときに書ければそれで良し!

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

人生の相棒です。
手帳を活用することで夢が複数叶いましたし、自分自身も成長できました。これからも欠かせない存在です。

スポンサーリンク

藍玉より

「このとき、バーチカル手帳の存在を初めて知りましたが、この出会いは私にとってかなり衝撃的でした。もっと早く知っていれば!そして、これをきっかけに長年の手帳難民問題が解消されたのです。(夢も叶いました。)」とおっしゃるぽっぽさん。週間レフト型、月間ブロックのみのマンスリー、1日1ページなど様々な手帳を使ってきています。この紆余曲折があったからこそ、「求めていたのはバーチカルだったんだ!」と確信を持てるのですね。ぽっぽさんの姿をみていると夢の実現に向かって「今の自分にふさわしいものは何か?」という問いをしていくことが、大切だと感じました。

「使い方は、その年のライフスタイルによって大きく変わります。ちょうど手帳が切り替わるタイミングで子どもが生まれたため、2018年は育児日誌と化しました」と、ぽっぽさんのジブン手帳はお子さんの記録が残されています。子どもが小さい頃は息をつく暇もなくて、ぽっぽさんは記録するだけでもすごいなって思いました。細かく色分けしていたけれど余裕がなくなって黒ペン一色になったのも、育児の大変さが表れていて、よい思い出になりますね。ジブン手帳から、ぽっぽさんのあたたかい眼差しがにじみ出ているようで、私までやさしい気持ちになっています♪
ぽっぽさん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#102 ゆらりんさん×NOLTYリスティ1×トラベラーズノート×自作システム手帳×ochibi

コメント