Home » 手帳術(時間管理), 手帳の使い方インタビュー

手帳の使い方インタビュー#84 かなゆさん×システム手帳(自作リフィル)

2018 年 3 月 19 日
LINEで送る
Pocket

かなゆさんのシステム手帳2017

手帳の使い方』インタビュー第84回目はかなゆさんです。2017年の手帳は、システム手帳(自作リフィル)に決めたそう。かなゆさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪



かなゆさんのプロフィール

―かなゆさんの自己紹介

システム手帳のB6サイズで自作リフィルを使っています。保育園に通う子供が2人と夫の4人家族です。主に自分のメンテナンスするために手帳を使っております。

かなゆさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2017年の手帳は何を選びましたか?

かなゆさんの手帳2017

B6サイズの自作リフィルをメインに、フランクリンプランナーのリフィルなども併用。一冊にまとめています。バインダーは気分により着せ替えしています。

かなゆさんの手帳2017

その他DAIGOのAnnual Plannning(薄めのマンスリー)を挟み込んで使用しています。

―『システム手帳』に決めた理由は?

システム手帳を選んだ理由は、
(1)一冊にまとめられる
(2)ページの入れ替えができる
(3)自作リフィルを使えるの3点です。

(1)の目標、スケジュール、メモをこの一冊にまとめる事ができ、(2)の1ページ単位で入れ替えができて自分で「システム」を作ることができるのがシステム手帳の最大の魅力の一つだと思っています。(3)すぐにフォーマットを変えたくなるので、自作しやすいB6サイズにしました。

かなゆさんのシステム手帳2017

現在ウィークリー&デイリーのセパレートリフィルを使っています。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

仕事のシフトを書くために藤沢優月さんの「夢をかなえる人の手帳」を購入。今思うと「手帳で夢をかなえる?」と意識し始めた、手帳好きになるきっかけとなった手帳です。その後、「人生を変える手帳」がキャッチコピーのフランクリンプランナーを2年ほど使用。(手帳を変えたのは職業が変わったという理由が大きいです)

その後も、長い手帳ジプシー時代があり、色々使っていましたが、この2冊が自分の手帳の考え方の土台となっているような気がします。(藤沢さんでいう「自分重心」、フランクリンプランナーですと「価値観」を大事にするという事が根本にあるような気がします。)

―手帳選びで失敗したことはありますか?

数えきれないほどあります。例えば、ほぼ日手帳は、1日1ページでは足りませんで1年ほどしか使えませんでしたし、キャンパスノート(B6)に手書きで自作していたこともあります。その時は時間軸の記入が面倒になり、結局やめてしまいました。挫折というか使いこなせなかった手帳は何十冊とあると思います。

今思えば、私は「手帳に自分を合わせるタイプ」ではなく、「自分に手帳を合わせるタイプ」だったのだなと思います。現在ではリフィルを自作していますので、改良したいところがあればすぐ修正し、即使えるのでとても気に入っています。


スポンサーリンク


―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

いろいろありますが、自分メンテナンスと自己肯定力をUPする事がメインであると思います♪

―手帳をいつ開きますか?

かなゆさんのシステム手帳2017

朝はタスクを確認・記入し、時間軸に一日のイメージを記入。日中のメモは適宜手帳に。夜は一日一絵を書いたり、感想を書いたりします。

かなゆさんのシステム手帳2017

週末に振り返りで価値観、wishなどのリフィルに振り分けたり、来週のやりたい事、家族ごとの目標を計画します。直近1ヶ月ほどの事はこの1冊にまとめています。

―どんな風に手帳を使っていますか?

かなゆさんのシステム手帳2017

基本的にはいまの感情を置く場所として使っています。また、新月の日に自分のやりたい事を書きだすシートを自作しています。これを前もって新月の日にセットしておき、記入後は、振り返りをする満月の日に移動。満月の日は開くだけで目に入りますので、忘れることが少なくなりました。

こんな感じで、無意識に「行動しやすいシステム」を考えることがシステム手帳の楽しみでもあると思います♪


スポンサーリンク


―手帳に使っている主な筆記用具は何ですか?

かなゆさんの筆記用具

最近はdecimoというノック式万年筆を使っていますが、エルバンのローラーボールなど飽きっぽいので気分で筆記用具を変えています。リフィルのデザインが一か月ごとに変わるので、それに合わせたインクを選ぶことも楽しみの一つです♪

―手帳のことで悩みはありますか?

使わないと分かっているのに欲しい手帳の存在でしょうか……。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

とにかく無理をしないことだと思います!
真っ白な日もありますが、そんな日もある、と受け入れる事。あとはデコしたりカスタマイズするなど、自分のできる範囲でハンドメイドすると愛着がUPすると思います!

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

今では、なくてはならない存在です!
どんな自分でも受け入れてくれる大切なHOMEのような場所です。


スポンサーリンク


**********

藍玉@小林智子の似顔絵イラスト<藍玉より>「私は『手帳に自分を合わせるタイプ』ではなく、『自分に手帳を合わせるタイプ』だったのだなと思います」とおっしゃるかなゆさん。何十冊も使いこなせなかった手帳の経験が今の自作リフィルに活かされていると感じました。誰もが感じる「こうだったらいいのにな~」という不満点。それを改善してくれるのが自作リフィルなのですね。

「無意識に『行動しやすいシステム』を考えることがシステム手帳の楽しみ」の言葉に、システム手帳の面白さを教えてもらいました。綴じ手帳だとページの並びが決まっているため、自分の行動に合わせて入れ替えることはできません。また、うっかりして大事なページの存在を忘れてしまうこともあります。回答を読めば読むほど、システム手帳の魅力に引き寄せられていく……。「無意識に『行動しやすいシステム』」を整えることによって、新しいステップを超えるスピードが加速しそうです♪かなゆさん、ご回答ありがとうございました!

◆ただ今、アンケートを開催中!
貴方の選んだ2018年の手帳を教えてください。詳細はこちらから♪
>>2018年の手帳は決まりましたか?手帳アンケートにご回答ください

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサーリンク


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#83 れでぃけっとさん×ほぼ日手帳カズン×CITTA手帳×トラベラーズノート

関連記事


LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload