2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#82 ゆかさん×バレットジャーナル×ムーンプランナー×トラベラーズノート×カ.クリエ

ゆかさんのバレットジャーナル「ウィークリーログ」

手帳の使い方インタビュー第82回目はゆかさんです。2017年の手帳は、バレットジャーナル用にエディターズシリーズ 1/2イヤーノートとロイヒトトゥルム、ムーンプランナー、トラベラーズノート、カ.クリエに決めたそう。ゆかさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

ゆかさんのプロフィール

―ゆかさんの自己紹介

はじめまして、ゆかと申します。夫と息子と3人暮らし、在宅で仕事をしています。
手帳を使い始めたのは、高校生の頃にQuoVadis(クオヴァディス)の手帳を雑誌で見て一目惚れしたのがきっかけです。それから毎年、売り場を隅から隅まで見て選ぶくらいの手帳好きになりました。手帳歴は20年くらいになります。

昨年、普通のノートに自分で枠を書いたりしながら作り上げていく、”バレットジャーナル”という手帳術を知り、今まで以上に手帳やノートにはまっています。

スポンサーリンク

ゆかさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2017年の手帳は何を選びましたか?

ゆかさんのバレットジャーナルのノート

バレットジャーナルの手法でノートに自作していました。使ったノートは2冊、半年で1冊使うペースでした。

・1冊目:スタロジー エディターズシリーズ1/2イヤーノート A5 イエロー
⇒1,300円+税 ロフトで購入

・2冊目:ロイヒトトゥルム1917 ミディアムサイズ(A5)方眼 ライトブルー
⇒21.99 USD 日本で品薄だった時に、アメリカのAmazonで購入しました。

<バレットジャーナルのノートに貼って使用しているもの>

・カスタマイズダイアリーステッカーズ A5サイズ
⇒880円+税 自宅近くの雑貨屋さんで購入

・ムーンプランナー データ版
⇒600円+税(半年分)公式オンラインショップで購入

ゆかさんのトラベラーズノート

その他
・トラベラーズノート レギュラーサイズ(キャメル) 4,500円+税(定価)
丸善で、年明けに、半額セールになっているときに買いました。もともと付いていた月間リフィルと、カ.クリエというノートを挟んでいます。カ.クリエは、Amazonで購入。1冊300円くらいでした。

―バレットジャーナル用『エディターズシリーズ 1/2イヤーノート』『ロイヒトトゥルム』に決めた理由は?

エディターズシリーズ 1/2イヤーノートに決めた理由

ゆかさんのエディターズシリーズ 1/2イヤーノート

バレットジャーナルを始めたい!と思って、いろいろなお店を回って方眼のノートを探していました。その時に見つけたのがこのエディターズシリーズでした。とにかく表紙の黄色に惹かれてこれだー!ってなりました。

あと、その他にも、
・紙が薄いのでA5サイズでもあまり大きすぎる感じがなく持ち運ぶのにちょうどいい。
・紙が薄いのに万年筆などでも裏抜けしない。
・方眼の線が薄い。
というのが決め手になりました。

ロイヒトトゥルムに決めた理由

ゆかさんのロイヒトトゥルム

バレットジャーナルをしている人たちに、世界的にも人気があったので、一度使ってみたくて、2冊目のノートに選びました。1冊目のノートがなくなりそうになったとき、ちょうど日本で品薄になっていたので、アメリカのアマゾンで購入しました。

・ページ番号があらかじめ入っているのがよい!
・紙質がよく、万年筆でも裏抜けしない。
・目に優しいクリーム色の紙。
・方眼の線が薄い。

表紙のカラーバリエーションが多いので、かなり迷いましたが、ライトブルーを選びました。

カスタマイズダイアリーステッカーズに決めた理由

ゆかさんのカスタマイズダイアリーステッカーズ

シールになってるカレンダーで、ノートに貼れば手帳として使える商品です。バレットジャーナルのマンスリーログとして使っていました。ページの端にマステで貼って、開くとマンスリーとウィークリーが同時に見られるようにしていました。同時に見られるのは便利でした。

ムーンプランナーに決めた理由
月の満ち欠けを基準とした手帳で、通常の曜日も無視したフォーマットが面白いなーと思って使い始めてみました。見開きが約二週間で長すぎず、短すぎず、生活にちょうどいいリズムができるかな、と思います。
自分の好きな大きさの紙にプリントできるので、データ版を購入しました。自宅のプリンターでプリントアウトして、ノートに貼って使っています。

トラベラーズノートに決めた理由
革のカバーがかっこいいなと以前から憧れていました。
他のユーザさんの写真をSNSで見かけて使ってみたいなーと思っていたところ、年始にセールになっていたので思い切って買いました(笑)。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

QuoVadis Maor マオー

ゆかさんのクオヴァディス

これが人生初の手帳で、手帳にはまるきっかけになったものです。高校生のころ、愛読していたインテリア雑誌に載っていて一目惚れしてしまい、雑誌の後ろに書かれている販売店リストを見て、直接電話して送ってもらいました。1日1ページの手帳で全部フランス語でした。

この時は、予定の管理というよりは、ほとんど日記帳でした。好きな俳優さんとか、映画とかの写真を雑誌から切り抜いて貼っていました。

アフタヌーンティー バーチカルダイアリーB6版

ゆかさんのアフタヌーンティー バーチカルダイアリー

一番長く使っていた手帳で、大学生~社会人2年目くらいまで(途中で違うものを使った年もありますが、)計5年くらい使いました。バーチカルなんですが、下半分くらいメモ欄になっているのが好きで、そこに日記やメモをびっしり書いていました。毎年、かわいいカバーが発売されるのも楽しみでした。

他に使ったことがあるのは、以下の手帳たちです。
・フランクリンプランナー
・あな吉手帳
・QuoVadis タイムアンドライフ 10×15
・EDiT
・無印良品 バーチカルB6
・トリノメ手帳
などなど。

大学生以降は大体バーチカル手帳をメインに使って、その他にレフト式のものを日記用に使い、マンスリー手帳を家計簿にしたり、毎年、年に2,3冊使っています。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

ゆかさんの過去の手帳

フランクリンプランナー、あな吉手帳は、挫折しました……。どちらも本を読んで、よさそう!と使ってみたのですが、独特の運用方法に慣れませんでした……。

フランクリンプランナーの考え方はすごく好きなのですが、1日1ページ埋まらない……、1週間コンパス(1週間の目標を書くもの)が書けない……と、使いこなせないことがプレッシャーでほとんど白紙のまま終わりました。

多分ですが、もっと自分と向き合う時間を大切にしながら使う手帳なのかな、と思います。ものすごく仕事が忙しい時期に使い始めてしまい、手帳書く時間が惜しいと思ってしまったので、余計使いこなせなかったのかなーと今改めて思います。でも考え方は好きなので、毎年候補に上がっています^^;

あな吉手帳は、”主婦のための”に惹かれて、出産後使ってみました。まずは、基本に忠実に、と思い本を買ってやってみたのですが、どうにも付箋を使うのに慣れなくて……。
あと、マンスリーもウィークリーもレフト式が推奨されているのですが、(日付が左ページに縦に並ぶタイプです。)私は、月間の予定は、カレンダーをパッと見た時の印象でなんとなく捉えているみたいで、日付が全て縦に並ぶと曜日感覚がつかめなくなってしまいました。ウィークリーもバーチカルが好きなので、こちらも結局慣れなくて……。途中から自己流に使いすぎて、普通のA5サイズのシステム帳になっていました。

スポンサーリンク

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

ゆかさん×バレットジャーナル

「予定の可視化」「日々の記録」「気持ちの整理」です。

一番の目的は、予定を可視化することです。
あそこ行ってみたい、これやりたい!、でも、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と割と焦ってしまうことが多いので、予定を見えるように書き出したいというのがメインです。週間バーチカルが好きで、パッと見ていつが空いているか、わかるように書いています。書くことで、意外と時間があることがわかったり、逆に予定を詰め込みすぎていることがわかり、調整しやすいです。

また、「日々の記録」や「気持ちの整理」にも使っています。
その日に思ったことや、目にして気になったこともどんどん書くようにしています。自分の気持ちのリセットにもなるし、頭でごちゃごちゃ考えていたことの整理にもなっているなと感じています。

これからは、もう少し時間を有効に使うため、人生設計のために使いたいな、と思っています。

―手帳をいつ開きますか?

ゆかさん×バレットジャーナル

朝起きたとき、日曜の夕方は手帳を開くようにしています。
家族が起き出す前にひとりの時間を持つようにしているのですが、その朝の時間に、前日の振り返りとその日の予定の確認、やっておきたいことを書き出しています。特にやることが多い時は、”これをした後にこれをして、何時までにあれを終わらせて”、など、一日の流れを細かく書くときもあります。日曜の夕方には、バレットジャーナルの翌週分のウィークリーログの枠を描いて、予定をマンスリーログから書き写しています。

あとは、家にいるときは、常に机に置いていて、何か思いついたらすぐメモするようにしています。テレビで紹介していたお店の名前や、SNSなどで紹介されていた本をメモしたり。すぐに忘れちゃうので、とりあえずメモ、です。

―どんな風に手帳を使っていますか?

バレットジャーナルの書き方

バレットジャーナルには、フューチャーログ(年間予定)、マンスリーログ(月間予定)、ウィークリーログ(週間予定)、デイリーログ(1日の予定)、読みたい本、行きたいお店などのリストを書いています。

ゆかさん×バレットジャーナル

<フューチャーログ(年間予定)>
来年3月分まで作成しています。
初めは手書きしていたのですが、途中からPDF DE CALENDARさんで公開されているのをダウンロードして使っています。ノートが切り替わった時に貼り替えられるように、貼ってはがせるノリを使っています。

ゆかさん×バレットジャーナル

<マンスリーログ(月間予定)>
予定を書く欄には、カスタムダイアリーステッカーズを使っています。今年の途中から、見開きページの左にマステで貼り、広げると月間予定と週間予定が同時に見られる形にしてみました。これが便利でした。ノートを閉じる時は、マステのところで中に折り込めます。

他には、その月の目標やToDo、習慣トラッカー、今月のまとめのスペースを作っています。

ゆかさん×バレットジャーナル

<ウィークリーログ(週間予定)>
毎週日曜に翌週分を作っています。
基本的にはバーチカルフォーマット、見開きでその週の予定とToDoが確認できるようにしています。

ゆかさんのバレットジャーナル「ウィークリーログ」

日中のページと早朝ページを分けてみたり、左ページに予定欄、右ページにToDoにしてみたり、色々と違うフォーマットを描いて楽しんでいます。

ゆかさん×バレットジャーナル

<デイリーログ(1日の予定)>
初めは、デイリーログは作っていなかったのですが、途中から作るようになりました。毎日朝に、その日のToDoを書きだし、その後は、その日のことをなんでも書く場所です。

ゆかさんのムーンプランナー2017

<ムーンプランナー>
データ版を使っているので、プリントアウトして貼って使っています。
ここには、簡単な日記、よかったこと、嬉しかったことなどを書いています。

ゆかさん×バレットジャーナル

<リスト>
行きたいお店、読みたい本のリストを作成しています。
読みたい本は、横にチェックボックスを作って、「入手済み(□に◯)」「読んでいる途中(□を半分塗る)」「読み終わった(□を全部塗る)」のステータスがわかるようにしています。

トラベラーズノート(レギュラーサイズ)の使い方

ゆかさんのトラベラーズノートとカクリエ

2017年半ばから使い始めました。もともと付いていた月間リフィルとカ.クリエというノートを挟んでいます。月間リフィルは、気が向いた時に絵を描くお絵描き帳として使っています。

カ.クリエの使い方

ゆかさんのカ.クリエ

本を読みながら要点をメモしたり、これはいいと思ったアイデアや商品などをメモしたり、後から何度も参照したい情報をメモするノートとして使っています。日付を書いてから内容を書いていて、日付は日付シートを使っています。

ゆかさんのカ.クリエ

最初にインデックスページを作り、日付と内容を書いて、後から探しやすいようにしています。

スポンサーリンク

―手帳に使っている主な筆記用具は何ですか?

ゆかさんの筆記用具2017

手帳によく使うペン達を並べてみました。
右から、プレピー(プラチナ万年筆)、ジュースアップ(パイロット)、スタイルフィット5色(三菱uni)、スタイルフィット単色、MANGAKA(呉竹)、クリーンカラーリアルブラッシュ(呉竹)、マイルドライナー(ゼブラ)。

予定を書くのに使っているのは、スタイルフィットの5色とマイルドライナーです。予定の内容に合わせて、色分けしています。スタイルフィットの色分けはこんな感じです。

・ブルーブラック- 日常生活のこと、仕事、メモ
・スカイブルー – 家族の予定
・緑 – 友達との予定
・ピンク – ひとり時間の予定(美容院、ひとりカフェなど)
・オレンジ – 目標のための予定

ゆかさんのマイルドライナー

マイルドライナーは、予定を目立たせたいときや予定が長時間のときに使ってます。

プレピーとジュースアップは、日々のタスクや思ったことを書くのに使っています。インクはブルーブラックが好きです。

その他のペンは、バレットジャーナルの枠を描いたり、気が向いた時に絵を描いたりする時に使っています。スタイルフィット単色ホルダーはブラウンブラックが入っています。これか、MANGAKAというイラスト用のペンを使ってメインの枠線を描きます。色塗りにリアルブラッシュを使っています。

―手帳のことで悩みはありますか?

今の悩みは、
・手帳を軽量化したい、だけど、常に情報は持ち歩きたい
・バレットジャーナルは楽しいけれど、枠を描くのが時々面倒
ということです。

バレットジャーナルの特徴の一つに、予定やメモもどんなことも1冊のノートにまとめておこう、というのがあります。初めはこれを守ってなんでも1冊に書いていたのですが、何度も見返したいような情報が埋もれてしまったり、ノートが切り替わったときに参照しづらくなったりしたので、別のノートにしてみることにしました。(→これがトラベラーズノートです。)

ゆかさんのトラベラーズノート

ただそうすると手帳が複数になってしまって、外出時に「持ち歩くのは重いから、今日は置いておこうか」と思うことが時々あって。(バレットジャーナルとして選んだロイヒトトゥルムがハードカバーでちょっと重い、というのもありました。)そういうときに限って、出先で予定を確認する必要があったり、メモしていた情報を見たくなることがあるんですよね。

ゆかさんのバレットジャーナル「ウィークリーログ」

あと、もう一つの悩みが、バレットジャーナルのウィークリーログの枠を描くのが時々面倒に思う、ということです。今年は予定管理も、ToDo管理も全て、バレットジャーナルにしていたので、予定管理用にウィークリーバーチカルの枠を毎週描いていました。「食事のログを書いてみたいから、来週は枠を作ってみよう」とか、「今週は枠線の色、変えてみよう」とか、そのときに応じて、使い易いように自由に枠を描けるのはすごく楽しいです。

楽しいんですが、ただ、時々忙しくて”枠を描く時間がない”、だけど、”枠がないから予定が書けない”ということがありました。なので、来年は予定管理は市販の手帳を使って、日々のToDoや思ったことなどは今まで通りバレットジャーナルでやってみようかな、と考えています。

ただ、また、先ほどの悩みに戻ってしまうんですが、手帳が複数になるので、「手帳の軽量化と情報を常に持ち歩くことの両立」が難しくなるかなーと悩んでいます。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

「”こうしなければならない”と思わない」ことかな、と思います。

様々な手帳術の本が出ていて、それぞれのプロデュース手帳などもありますが、絶対にそれに従わなければならない、というわけでもないし、できなくても、できない時期があっても落ち込まなくてもいいと思います。手帳にあらかじめいろいろな項目の欄があったりしますが、自分の生活に合わなければ書かなくてもいいし、もっと気楽に使えばいいのかな、と思います。

ゆかさん×バレットジャーナル

また、今はSNSで手帳の写真をアップする人も多くて、私もよく参考にさせてもらっています。ただ、特に、私もやっているバレットジャーナルは、イラストやマスキングテープで綺麗に彩られた”スゴイ手帳”を使っている方も多いので、つい自分のと比べて「あんなにきれいに書けない……」と思うこともあります。他人の手帳は、参考程度で、自分が使い易いようにするのが一番なのかなと思います。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

自分の軌跡」、そして「趣味!」です。

どちらかというと私はネガティブな方で、ついできなかったことに目が行きがちです。「ああ、今日もやろうと思ってたこと全部終われなかった……」と思う日も割と多いです。でも、毎月初めに先月の振り返りをするんですが、1ヶ月単位で見てみると「あれ?意外と色々なことできてる!」と思えます。手帳を見返すと、自分がやってきたことや思ったことを改めて確認できるのがいいですね。

また、手帳を書くこと自体が楽しいし、SNSなどを通じて手帳好きの方と交流できるのもすごく楽しいです。手帳というものに出会って20年くらい経つのに飽きることなく、なぜこんなにも手帳の魅力にはまっているのか自分でも不思議ですが、実用を兼ねた趣味だと思っています。

スポンサーリンク

藍玉より

「昨年、普通のノートに自分で枠を書いたりしながら作り上げていく、”バレットジャーナル”という手帳術を知り、今まで以上に手帳やノートにはまっています」とおっしゃるゆかさん。貼り替えできるように貼ってはがせるノリを使ったり、カスタムダイアリー月間予定と週間予定が俯瞰できるようステッカーズを活用したりなど、参考にしたいコツがいっぱいです。

バレットジャーナルは手書きでノートをカスタマイズできる手帳術ですが、「枠を描くのが時々面倒に思う」という悩みも出てきてしまうのですね。ゆかさんは対処法として、市販の手帳とバレットジャーナルで用途を分けて使ってみようかと考えているそうです。私も枠を描くのが続かなくて挫折してしまいました。でも、ゆかさんのように柔軟に考えていけば、自分に合ったバレットジャーナルが見つかりそうです♪

すごいなと感じたのは「気持ちの整理」の仕方です。タスクが終わらず、ちょっとダメダメモードに入っていた私。ゆかさんの「毎月初めに先月の振り返りをするんですが、1ヶ月単位で見てみると『あれ?意外と色々なことできてる!』と思えます」の言葉に励ましてもらいました。1ヶ月単位なら、今までも頑張ってきたと思えますね。ゆかさん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#81 AIさん×ほぼ日手帳プランナー×ジブン手帳×CITTA手帳

関連記事


コメント