2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#73 うさちょんさん×ほぼ日手帳オリジナルavec×フランシュリッペのスケジュール帳

うさちょんさんのほぼ日手帳オリジナルavec2017

手帳の使い方インタビュー第73回目はうさちょんさんです。2017年の手帳は、ほぼ日手帳オリジナルavec、フランシュリッペのスケジュール帳に決めたそう。うさちょんさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

うさちょんさんのプロフィール

―うさちょんさんの自己紹介

フリーターをしています。「記す事」が好き。人の書いた手帳が大好物です。

高校を卒業するぐらいにスケジュール管理をするためにスケジュール帳を持ち始めて、スケジュール管理以外にも記録を残したく、ほぼ日手帳デビューしたのが約2年前。今はほぼ日avecを使っています。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

うさちょんさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2017年の手帳は何を選びましたか?

うさちょんさんの手帳2017

・ほぼ日手帳オリジナルavec
・フランシュリッペのスケジュール帳
・ほぼ日手帳weeks

―『ほぼ日手帳オリジナルavec』『フランシュリッペのスケジュール帳』に決めた理由は?

昨年、ほぼ日オリジナルを使ってみて日付シートを貼ったりしていて厚くなりすぎたため、半年版にしようとほぼ日手帳オリジナルavecにしました。

フランシュリッペのスケジュール帳はデザインが好きで、ほぼ日手帳オリジナルavecを使うにあたり1年分のスケジュールを把握するために。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

うさちょんさんの過去の手帳

キャラクターものの手帳は数年
ほぼ日手帳weeksは2年
ほぼ日手帳オリジナルは1年
ほぼ日手帳オリジナルavecは今年が初めてです。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

ほぼ日手帳weeksです。
昨年は購入してもあまり使わなかったのもあり、あまり気にしてなかったのですが、無地なのであまり文字をまっすぐに書けず、どう使えばいいのかわからなくなってしまい失敗しました。

スポンサーリンク

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

うさちょんさんのほぼ日手帳オリジナルavec2017

スケジュール管理と日記を記すためです。

記すことが好きで趣味で文通もしています。記すことには気持ちの整理がついたりする効果があると思います。

箇条書きでも書き出してみると、今の自分は何に対して不安だったり、何を求めているかがわかります。頭の中がこんがらがってしまう時は文字というツールを使うと、頭のこんがらがってるものが解けたりして、気持ちが軽くなったりする効果があると思います。

―手帳をいつ開きますか?

うさちょんさんの机

スケジュールの予定、確認・1日を振り返る時です。

―どんな風に手帳を使っていますか?

うさちょんさんのほぼ日手帳オリジナルavec2017

スケジュールを立てたり管理、あとは日記として記録するためです。
出勤した日にはシールを貼ったり、手帳用のハンコで一目でわかるようにしています。その日の気温や服薬の有無を管理するために使っています。

ほぼ日手帳に日付シート、手帳用のハンコ、マステ、シールをなど貼りものをしてから、文章を書きます。めんどくさがりで先に貼ってしまうんです。

2017年は貼る事に重点を置いてました。でも、あとで書けない、書き足りない事が多かったので、2018年は日付シートは1、2枚までにする。マステもあまり貼りすぎない決まり事を作りました。

うさちょんさんのはんこ

愛用中の手帳用のはんこです。日付シートを貼るとまっすぐ押せないから、シール化してほぼ日に貼ってます。まっすぐに押せないのは日付けシートやマステの貼りすぎが原因なんですよ。なので、ほどほどにしようと(笑)。

シール化の手順は、シール用紙にはんこを押して、それを手帳に貼っています。手帳にはんこを押すと乾くまで待てず、印面の部分がくっついてしまうためです。せっかちなので、乾くまで待てないのです。シール用紙はネットで100枚ぐらいを安く売ってるお店があり、そこで購入しています。

スポンサーリンク

―手帳に使っている主な筆記用具は何ですか?

うさちょんさんの筆記用具

signo0.28のブラウンブラック、スタイルフィットの青、赤、黒です。

―手帳のことで悩みはありますか?

うさちょんさんのほぼ日手帳オリジナルavec2017

日付シートを使っているのですが、1か月が始まる前に1か月分の日付シートを貼ってしまい、日によって記入する事がばらつきがあります。

うさちょんさんのほぼ日手帳avec2017

貼る事がすごく楽しくて何枚も貼ってしまうために、書きたい時に思うように書けなかったりしたりしています。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

うさちょんさんのほぼ日手帳オリジナルavec2017

クリエーターさんの日付シートを貼り、手帳用のハンコ、マステやシールで目で視て、楽しめるようにして、また明日も開きたい手帳作りをしています。

最初はバラバラでページに統一感がまったくなかったんです。自分が自分をいかに楽しませてあげれるかを考えて、いかに自分好みのページにするか試行錯誤した中でたどり着いた答えが、自分の好みを知る事でした。自分の好きなものに囲まれる事でモチベーションもあがる事に気づけたのも多かったのかもしれません。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

なくてはならない存在

手帳があった事で、例えば「あの子の誕生日いつだったけ?」が減らせたり。
記す事であとから読み返した時にその当時の自分に気付かされて、「あぁ、過去のこの日はこういう事でこういう気持ちや考え方だったんだ」って振り返ったり。変わってなくても、また改善しようと意識づけができたりします。

自分への課題を再認識する事で、変わらなければいけなかったり変わりたい部分を気づけたりします。そんな時に記していてよかって思います(手帳を記す事で無駄な事はないと思うので)。

スポンサーリンク

藍玉より

うさちょんさんの手帳はラブリーでいっぱい。私までウキウキしてきます~♪うさちょんさんが今の手帳スタイルになったのは、「自分の好みを知る事」でした。好きなものに囲まれるとモチベーションアップするから、手帳にもちりばめていらっしゃる。この精神的な作用は見逃せないポイントです!最近、効率重視で手帳を使ってきて、手帳を開く楽しみが減ってきている。こんな私に不足していたのは、好きを取り入れることなのですね。『効率+好きなもの』を念頭に置いて2018年の手帳を考えます♪

手帳を記す事で「変わらなければいけなかったり変わりたい部分を気づけたりします」の言葉に、ご自分を客観視されている様子がうかがえます。うさちょんさんの回答を読むと、「自分と似ているなぁ」と思う点がところどころにありました。客観視するのもそのひとつ。私にとって客観視とは、人生をよりよくするためであり、自分へ愛情を注ぐことに繋がっています。たぶん、うさちょんさんも同じじゃないかなと思ったりして♪うさちょんさん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#72 おゆきさん×365デイズノート×バレットジャーナル

コメント