2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#51 星下さん×ジブン手帳×コレト手帳×システム手帳ミニ6穴

星下さんのシステム手帳

手帳の使い方インタビュー第51回目は星下さんです。2016年の手帳は、ジブン手帳、コレト手帳、システム手帳ミニ6穴に決めたそう。星下さんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

星下さんのプロフィール

  • HN:星下真夜さん
  • 年齢:20代
  • 仕事:ゲームシナリオライター

―星下さんの自己紹介

はじめまして、星下真夜といいます。マヨではなくマヤです。別名でゲームシナリオライターをやっております。ネットで仕事ができるのをいいことに、遠距離恋愛のために神戸と横浜を往復する日々を送っています。

趣味は読書、得意なことは文章を書くこと。
読みやすい文章を目指して日々精進中です。

大学生の頃から手帳や文具に魅了され、色々ためつすがめつしていました。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

星下さんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2016年の手帳は何を選びましたか?

星下さんの手帳2016

・コクヨ ジブン手帳
・パイロット コレト手帳
・Ashford ミニ6穴システム手帳

全て東急ハンズ三宮店で購入しました。

―『ジブン手帳』に決めた理由は?

星下さんのジブン手帳

ジブン手帳は、Twitterでよく話題になっていて気になっていた、というのもありました。私には皆さんが使っているほぼ日は合わないだろうことが分かっていたので、単純にライフログを書くだけのジブン手帳に惹かれました。

価格が高いのがネックではあったのですが、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入しました。決め手となったのは、Twitterでの使用感の感想でしょうか。やはり生の声には背中を押してくれる力があるような気がします。

―『コレト手帳』に決めた理由は?

コレト手帳ですが、決め手となったのはレフィルを選んで自分でカスタマイズできるという点です。

普通の手帳を買うと、マンスリーとウィークリーがセットになっていて、使い分けを考えるのが面倒なことがありました。ですが自分でカスタマイズできるこの手帳は、マンスリーだけ、ウィークリーだけ、という使い方もできるわけです。私はマンスリーだけを使って、薄くてシンプルな手帳を実現しています。
あと、価格がとても安いのも魅力ですね。

―『システム手帳』に決めた理由は?

星下さんのシステム手帳

システム手帳に関しては、大学時代からずっと使い続けているので今年も、という感じです。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

高校生までは、ファンシーなキャラクターものの手帳を使っており、課題の提出期限なんかを書いていました。小学生の頃はシール手帳、なんてのも流行りましたね。シール台紙にシールをコレクションして、友達と交換するんです。大学に合格したお祝いにシステム手帳を買ってもらい、そこでシステム手帳に目覚めました。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

星下さんのシステム手帳

手帳選び、というよりも手帳の使い方で失敗したのは、システム手帳の1日1ページのダイアリーリフィルでほぼ日を再現しようとしたことです。

システム手帳にはリングがありますから、見開きに渡って書く、ということは難しいです。それと、私が使っているのはミニ6穴なので、サイズ的にも少し小さかった、というのがあります。1日1ページ書くというルールも私には合いませんでした。空白のページが増えるにつき、なんだかやる気が削がれてしまって。

今はダイアリーリフィルではなくメモリフィルで、1日1ページというルールは設けず、好きな文章を好きなだけ書くというルールにしていますので、安定して書けています。

スポンサーリンク

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

ジブン手帳に関しては、生活の改善。
仕事柄、不規則な生活になりがちなので、自分の生活のリズムを知ることで、何か生活を変えられるのではないかと期待しています。

コレト手帳に関しては、手帳本来の使い方とも言えるスケジュールの管理です。
仕事の予定の管理というより、ここからここまでは神戸にいて、ここからここまでは横浜にいる、という「自分がいる場所」をスケジューリングする目的が大きいです。

システム手帳は、自分の想いを書き捨てる場所、としています。
残す場所、という意識はあまりありません。ひたすら書いて、そして忘れる。読み返すこともほぼありません。綺麗に書くつもりもありませんし、誰かに見せるつもりもありません。

―手帳をいつ開きますか?

星下さんの手帳2016

ジブン手帳は毎日19時に書くようにしています。リアルタイムで手帳を開くのはさすがに大変なので、タイムスタンプを管理するアプリで計測したログを「この時間帯には大体これをしていた」という感じで書きます。

コレト手帳は予定が分かり次第。

システム手帳は書きたくなったらすぐに開く感じです。

―どんな風に手帳を使っていますか?

ジブン手帳の使い方

星下さんのジブン手帳

ジブン手帳は、最初の頃は四色ペンで書き分けていたのですが、なんとも味気ない手帳になってしまうため、最近は色鉛筆で塗り分けるようになりました。

他にも、スタンプで日課の達成度、消費・浪費・投資でジャンル分けした出費の記録、スマートフォンで計測した歩数の記録、食事の記録などを取っています。ガントチャートは縦に塗りつぶして睡眠時間の記録に使っています。

星下さんのジブン手帳

マンスリーは最初、スケジュールの管理に使おうと思っていたのですが、軽く日記を書きたくなり、その日の気分とやったことを書くようになりました。

コレト手帳の使い方

星下さんのコレト手帳

コレト手帳は1ヶ月が縦に一覧になっているタイプなので、横浜にいる期間を矢印でマークしています。

システム手帳の使い方

星下さんのシステム手帳

システム手帳は装飾等一切なく、ひたすら文字だけで埋め尽くされています。また、マンスリーやウィークリーなどのリフィルはなく、メモリフィルだけで構成されています。

書き方は、こんな感じです。

  • <思考録>思ったことをそのまま書くページ。1日にどれだけ書いてもいいし、書かなくてもいい
  • <思いついた言葉>ふと思いついたいい言葉をメモしておくページ。
  • <読書録>読書も思考の一端と考えています。読み終えた日付と読んだ本のタイトルをメモしています。
  • <感想録>読書の感想があれば書いています。メモリフィルですので、どれだけ書いてもいいようになっています。
  • <引用録>本だけに限らず、見かけたいい言葉を引用しておきます。
  • <雑記帳>上記に当てはまらないことをメモするページです。落書きにも使います。
スポンサーリンク

―手帳のことで悩みはありますか?

彼氏がそばにいる間は手帳が書きにくいことです。
ジブン手帳はまだいいのですが、システム手帳はあまり人に見せたくないことを書きますので、どうしても彼氏の前では書けない。彼氏と結婚を考える上での、唯一のネックでもあります(笑)。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

星下さんの文房具

手帳を使うコツは、自分だけの使い方を追求していくことです。

そのために、ほかの人の使い方を見るのもいいでしょう。ですが最終的には、自分だけの使い方を見出す。それが手帳を続けるコツでもありますし、楽しみ方でもあると思います。この追求に終わりはありませんし、いつだって追求の方向性を変えることができます。それが手帳の素晴らしいところだと思っています。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

人生の指針』です。

スケジュールで未来を管理し、ライフログで過去を管理し、思ったことを吐き出すことで現在を管理する。特に、長く苦楽を共にしてきたシステム手帳は私の相棒とも言える存在となっています。
友人であり、親であり、兄弟であり、恋人である。それが手帳だと思っています。

スポンサーリンク

藍玉より

「ジブン手帳に関しては、生活の改善」とおっしゃる星下さん。ライフログは生活習慣の見直しにもってこいなのですが、忙しいときや体調不良のときには、記録ができなくなることがあるんですよね。でも、星下さんのタイムスタンプを管理するアプリで計測したログを書き写すという方法は、後からでも書き写しができて良いアイデアだと思いました。毎日何時に書くと決めるのも習慣化のコツですね。

大学の合格祝いに買ってもらったシステム手帳は、5年以上も愛用されているそうです。“私の相棒”とおっしゃるだけあって、「思考録」「思いついた言葉」「読書録」「感想録」「引用録」「雑記帳」のページに、星下さんの感性がぎゅっと詰まっているのだと伝わってきました。言葉をとても大切にされているのも感じました。ページを気にせず好きなように書き分けられる、書きたいだけ書けるというのはシステム手帳の大きなメリットですよね。

複数の手帳を使っていると連携が難しかったりするのですが、「スケジュールで未来を管理し、ライフログで過去を管理し、思ったことを吐き出すことで現在を管理する」の言葉から、現在のシステム手帳を柱にして、未来のコレト手帳と過去のジブン手帳が上手く機能していることがわかります。

システム手帳っていいですね。過去のインタビューでもシステム手帳が何度か登場しているのですが、使ってみたい欲望が再燃してきました。星下さん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#50 栗ドラやきさん×ジブン手帳mini×セリアの方眼リングノートなど5冊

関連記事


コメント