2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#44 ゆにこさん×ほぼ日手帳×カンタカルタ×たけいみきさんの手帳

ゆにこさん×ほぼ日手帳

手帳の使い方インタビュー第44回目はゆにこさんです。2015年の手帳は、ほぼ日手帳のplanner、weeks、カズン、カンタカルタ手帳、たけいみきさんの手帳に決めたそう。ゆにこさんに手帳の使い方をうかがいました。

スポンサーリンク

ゆにこさんのプロフィール

―ゆにこさんの自己紹介

九州のすみっこで不動産関係の仕事をしています。

趣味は藍玉さんと同じく手帳!
その他には愛犬と遊ぶこと、文具集め、手芸、お菓子作り、アクアリウム、カメラ…など多趣味です。

20代も黄昏時に突入しましたが一人っ子でマイペースなせいか、なかなかちゃんとした大人になれず幼稚さが目立ちお恥ずかしい限りです。

今回のインタビューも至らない点が多々あると思いますが最後まで大きな気持ちで読んでいただけると有難いです。笑

スポンサーリンク

ゆにこさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2015年の手帳は何を選びましたか?

・ほぼ日planner
・ほぼ日weeks
・ほぼ日カズン
・カンタカルタ手帳
・たけいみきさんの手帳

以上の5冊を使い分けています。

ほぼ日手帳は近所にLoftがないので公式サイトで。
カンタカルタ手帳・たけいみきさんの手帳は雑貨屋さんで購入しました。

―『ほぼ日手帳』に決めた理由は?

ゆにこさんの2015年のほぼ日手帳

ほぼ日手帳は2005年に出会って以来毎年購入しているので、もう習慣となっています。笑
毎年8月のラインナップ発表を楽しみにしていて、発表になるとラインナップの中で何にするか悩んで、発売日に注文する流れが出来上がっています。

―『カンタカルタ手帳』に決めた理由は?

ゆにこさんの「たけいみきさんの手帳とカンタカルタ手帳」

カンタカルタ手帳は元々母が愛用していて去年から使い始めたのですが、手触りがよくバンドが付いていてバッグの中で開いたりせず、軽く持ち運びに便利なので決めました。中身もフリーページがほとんどなのでメモとしても使えるのがお気に入りです。

―『たけいみきさんの手帳』に決めた理由は?

たけいみきさんの手帳はすでに4冊手帳があるので買うつもりはなかったのですが、実際手に取るとオールページカラーで月ごとにデザインも全部違う凝った作りと、女性ならではの予定の書き込みの多さに女子力が上がるのではと期待して買ってみました。笑

ゆにこさんの2016年の手帳

ちなみに2016年の手帳もすでに買っていて相変わらず、同じ種類で揃えています。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

▽幼稚園~小学生
両親や親戚が手帳を書く習慣がある人ばかりで、幼いころから手帳に憧れていましたし持って当たり前だと思っていて、大好きなサンリオの手帳を毎年お正月にお年玉で買っていました。幼稚園児の時とかは書く予定もないのでほぼお絵かき帳や絵日記になっていたと思います。

▽中学~高校
雑貨屋さんで好みの手帳と鍵付きの物の2冊を買っていました。
当時、プリクラ帳と手帳を一緒にするのが流行っていて、友達同士で見せ合う事が多かったので、雑貨屋さんの手帳の方には当たり障りのない予定だけ書き込み、鍵付きの方には人に見せるのは恥ずかしいような思春期ならではの事を書いて持ち歩かず家に置いていました。

▽高校後半~現在
ほぼ日手帳と出会いほぼ日手帳を持つようになりました。
でも毎年重くなるので家置きの手帳にして、もう1冊別に雑貨屋さんなどの持ち歩き用の手帳を持つスタイルになりました。ほぼ日手帳がオリジナル以外の展開を始めてからは、ほぼ日手帳でも色々な種類を持つようにもなりました。

ゆにこさんの過去の手帳

収納に困る今までの手帳です。約10年ぶんです。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

持ち運び用の手帳に留め具やバンドの付いていない物を選ぶと、バッグの中で開いてしまって紙がぐちゃぐちゃになってしまい、字がにじんだりして使えなくなってしまった事があるので選ばなくなりました。

その他にはシンプルすぎる表示も物を使うと、ドジな面があるので月や日付を間違った位置に書いてしまったりしたので、月ごとに絵柄が違う物や日付表記がハッキリわかりやすい物を選んでいます。

スポンサーリンク

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

主にスケジュールの確認と日記が目的です。
大人数での人付き合いが苦手で、たまに凄く気持ちが苦しくなる事があって、自分の言葉で他人を傷つけていないかとか、あの行動は正しかったのかなど、結構1人で思い悩む傾向にあるので日記に書くと客観的に自分を見る事が出来るし、気持ちの整理に役立つので思った事や気になった事は書くようにしています。

人との付き合い方も楽になったし、恋人とのケンカなども冷静に自分や相手の事を見直す事が出来るので解決が早くなりました。

ゆにこさんのほぼ日手帳

最近は日記を書く時のレイアウトも考えてコラージュしてみたり、昔からそういう作業が好きだったので良い気分転換にもなっています。

また、昨年突然大好きな祖母が認知症になったり父がくも膜下出血で倒れたりと、健康面や命について考える機会が多かったので、自分自身の体調もマメに記録するようになりました。元々持病があったり体が強い方ではなかったのに何も対策をしていなかったので、これではいけない!周りにも迷惑がかかるし、しっかりしなきゃと思ったんです。

この時期は毎年体調を崩しやすいとか、この症状の時にこれをしたら悪化した・治ったなど書くことによって、前よりも体調管理しやすくなったと思います。

―手帳をいつ開きますか?

予定確認時や書き込み時は勿論ですが、過去の事を思い出したい時や体調を確認したい時にも開きます。

ゆにこさんのほぼ日手帳

「今の時期去年はどうしてたかな?」と思い返したりするのに便利です。
特に季節の変わり目・衣替えの時期などは、急に気候が変わって戸惑ったりするので、何を着ていたかわかると支度が楽になります。

―どんな風に手帳を使っていますか?

ほぼ日plannerの使い方

ゆにこさんのほぼ日手帳planner

カレンダーページやフリーページは全く使わず日記として使っています。
コラージュやイラストレッスンもしたかったので、シールやマスキングテープでコラージュして日々のページを作ったり、大好きなイラストレーターさんの絵を参考にして絵をかいたりして日記を書いています。毎年終わるころには10㎝くらいの厚みになってしまうので家に置いて持ち歩きはしません。

ほぼ日weeksの使い方

ゆにこさんのほぼ日手帳weeks

一人っ子で兄弟代わりとして我が家にやってきた大切な愛犬が13歳になり、発作が起きて色々な薬を飲むようになったり体調管理が難しくなってきたので、愛犬の体調メモに使っています。

薬を飲んだ日にチェックをしたりシャンプーなどの予定が主ですが、何か様子がおかしかったりするとメモして獣医さんに話せるようにしています。通院時に聞いた薬の注意事項なども更に詳しくネットで調べて書き込んだりしています。

ゆにこさんのほぼ日手帳weeks

ほぼ日weeksのジッパーカバーがお財布のようになっているので、動物病院の診察券なども入れれてそのまま持っていけるので便利です。

その他にもアクアリウムが趣味でウーパールーパー2匹とベタ3匹を飼育しているので、水替えのタイミングやレイアウトも書き込んだり、気になった魚の情報も書き込んだりしています。weeksはペット手帳といった感じですね。

ほぼ日カズンの使い方

ゆにこさんのほぼ日手帳カズン

plannerに書き込めなかった分を書き込んでいます。
気になった物件の間取りを書いたり、手芸の工程や編み物の編み図を書いたり、写真や素敵な紙ものなどをスクラップしたり自由帳として使っています。
コンサートや舞台などに行くと感想やセットリストも詳しく書きたくなるので、plannerだけでは書ききれないのでカズンにメモしています。毎日書き込むものではないので白紙のページもあります。

カンタカルタ手帳の使い方

去年の祖母や父の病気で自分自身も保険に入ってしっかりお金も管理しないと!とやっと社会人らしく考えるようになったので、保険についてのメモやクレジットカードの明細、家賃・光熱費など、家計簿のような書き込みをしています。
まだまだ普通の方に比べると初歩の初歩、メモ程度なので家計簿よりカレンダーなどがある普通の手帳に書き込む方が私には合っていました。

たけいみきさんの手帳の使い方

ゆにこさんの「たけいみきさんの手帳」

総合的なスケジュール管理をして持ち歩く専用の手帳です。
主に仕事のメモが多いですが予定全部をこれに書き込んでいます。スマホのスケジュールアプリに書いた事を清書する感じです。あとは最初から今月のまとめを細かく項目ごとに書き込む形式の手帳なので、その形式に沿って書き込んでいます。

スポンサーリンク

―手帳のことで悩みはありますか?

毎年魅力的な手帳が多すぎること!笑

手帳自体が大好きなので沢山欲しくなって困ります。9月・1月・4月の発売時期になると手帳コーナーに入り浸って見ちゃいます……。でも見るのも大好きなので嬉しい悩みなんですけどね。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

無理して書かないこと。
気分が乗らない時はスマホのメモやスケジュールアプリにメモするだけにして、無理して書き込んだりしません。気分が乗っている時や余裕がある時にまとめて書き込みます。

無理してまで書くときつくなるだけですから。あくまで趣味や楽しみで書くというスタンスでいたいです。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

ゆにこさん×ほぼ日手帳

自分の手で作る宝物

これは母の言葉なのですが、私が手帳をマメに書いている姿を見た母が「他の誰にも作れないのに未来の自分のヒントになる1番の宝物だね」と言ってくれて嬉しく思ったので、これからもその言葉を胸に手帳を書く事を続けていけたらいいなと思います。

スポンサーリンク

藍玉より

「両親や親戚が手帳を書く習慣がある人ばかりで、幼いころから手帳に憧れていましたし持って当たり前だと思っていて」とおっしゃるゆにこさん。幼稚園のときから手帳を使っていたとはびっくり!周りの影響ってあるのですね。私も事細かに記録をつけるようになったのは、亡くなった父の影響でした。仕事から趣味の映画の記録まで、毎日ノートに書く姿をみて育ったせいだと思います。ゆにこさんのご両親のように家族で手帳をつける習慣があると、手帳話も盛り上がるのかなとうらやましくなります♪

「昨年突然大好きな祖母が認知症になったり父がくも膜下出血で倒れたりと、健康面や命について考える機会が多かったので、自分自身の体調もマメに記録するようになりました」のは私も同じです。運動や頭痛の記録などはずっとつけてきていたのですが、母が脳梗塞になってから食事も見直すようになり、栄養が偏らないように食材をこまかく記録するようになりました。自分と家族を守るために、健康面も記録していくのは大事なことだと改めて感じます。うちの愛犬2匹もシニアに近づいてきたので、weeksをペット手帳にする方法も取り入れていきたいなと思います。

お母さまの「他の誰にも作れないのに未来の自分のヒントになる1番の宝物だね」の言葉は、手帳を愛用しているお母さまだから出る言葉だと思いますし、ゆにこさんへのあたたかい愛情が溢れ出しています。もう胸がじーんと熱くなってきました。これからも“自分の手で作る宝物”を増やしていってくださいね。ゆにこさん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#43 ノブ コアキさん×ほぼ日手帳オリジナル×WEEKS×測量野帳スケッチ

関連記事


コメント

  1. yasai より:

    他の誰にも作れないのに未来の自分のヒントになる1番の宝物だね、が
    とても響きました。ゆにこさん、素敵なご家族ですね。手帳って
    そんな風に使うのか~。

  2. 藍玉@小林智子 より:

    yasaiさんへ

    コメントありがとうございます。
    ゆにこさんのお母様の「他の誰にも作れないのに未来の自分のヒントになる1番の宝物だね」の言葉は、ココロに響きますよね。yassaiさんも子yasaiちゃんと一緒に手帳の世界へ繰り出してください♪