2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#15 【前編】南エリナさん×EDiTとMDノートダイアリー

南エリナさん×EDiT

手帳の使い方インタビュー、第15回目は南エリナさんです。2014年の手帳は、EDiTとMDノートダイアリーに決めたそう。南エリナさんに手帳の使い方をうかがいました。前編と後編に分けてご紹介します。

スポンサーリンク

南エリナさんのプロフィール

  • HN:南エリナさん
  • 年齢:35歳
  • 仕事:自営業

―南エリナさんの自己紹介

横浜市出身&横浜在住のいちお、新婚さん。お料理が好きなダンナさんと二人暮らしです。

現在は夫婦で賃貸経営をしています。アパートはダンナさんと私がそれぞれ会社員時代に、不動産投資を学び、投資を実践しながら購入したものです。
会社を辞めてからは家賃収入以外の収入を作りたく、アフィリエイトを開始。サイト運営と賃貸経営に励んでおります。

復数の収入作りの奮闘記が、副業や投資に興味のある女性のお役に立てるかも?と思い、「30代からの復収入作りプロジェクト」と称して、実践記ブログを書いております。2014年からは、株式投資の勉強も始めました。

スポンサーリンク

南エリナさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2014年の手帳は何を選びましたか?

南エリナさん×EDiT

今年は手帳を2つ買ってしまいました。。
会社を辞めた2012年後半から2013年は、Googleカレンダーで予定をデジタル管理していました。しかし外出先で予定を見たい時に、スマホでの閲覧に時間がかかったりして。不便を感じました。スマホはバッテリーの減りも早いので、いざという時に見れないリスクもあり…

紙の手帳に戻したくなったのが2013年の秋。ちょうど手帳シーズンでした。ひとまず早く手帳が欲しかったこと、携帯性を考慮して、月間スケジュールと
フリーページが多数あるタイプの手帳の購入を考えました。

最寄り駅の文房具屋さん(個人経営のお店っぽいところ)に見に行ってみたところ、MDノートダイアリーという手帳を発見!糸かがり製法でパタンと開くことと、中身もシンプルな作りなので、たくさん書き込めたり自由度の高い使い方ができるのがポイントでした。

MD用に、フリクションボールペンの0.38(消せるボールペンの細いもの)も買いました。予定やメモはもちろん、その日あったことなんかを、細かく書き込んでいました。

その前後なのですが、ブロガーさんの記事で「EDiT」という一日一ページの手帳があることを知りました。ほぼ日手帳とEDiTを比較していた記事です。

南エリナさん×EDiT

MDノートダイアリーを使い出すと満足だったのですが、セミナーや商談でメモを取る時にMDのフリーページにメモをしたところ、半年経たないうちに175ページの空白ページを使いきりそうで…

メモが増えそうな時は、MD手帳と別のノートを持参してに行くんですけど、
情報が分断されるのもなんか落ち着かないというか、複雑な気分でした。

2014年が始まってから14日目。所用でロフトに立ち寄った時にふと、EDiTを探したところまだまだ在庫がありました。手帳二冊目の購入に躊躇していましたが、ダンナさんの「1年間使うものだから使いやすいものを使った方がいいんじゃない。」の一言で、ぐっと後押しされました。

―『MDノートダイアリー』と『EDiT』に決めた理由は?

1)MDノートダイアリー
・リーズナブル(840円) ・糸かがり製法 ・小さくて持ち運びに便利
・月間予定とフリーページで空白が多く、自由自在に使える点

2)EDiT
・一日1ページタイプ ・サーモンピンクに惚れた(ピンク好き) 
・使い方が自由的なコンセプト ・糸かがり製法
・思ったより軽かったこと(文庫本サイズのMDと変わらない)

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

南エリナさんのプラダの手帳

・2001~2010年:社会人になった記念で買ったプラダの手帳。毎年レフィルを交換。月間予定+見開き一週間のものを主に利用していました。

2007年営業職(転職支援コンサルタント)に従事していた時は、転職相談面談の予定を把握する必要があり、見開き一週間でも、縦方向に時間軸が書いてあるものを利用していました。

南エリナさん×高橋手帳 ティーズピュア(T’s Pure)

・2011年 高橋手帳 ティーズピュア(T’s Pure)
リング部分がイヤになって、一年一冊の手帳に変更しました。半年ばかりの運命でした。

南エリナさんのリコレクション

・2011年7月にエトランゼディコスタリカ社のリコレクションに乗り換え(~2012.6まで)
職場の先輩がほぼ日手帳⇒シーズン外でロフトにない⇒一日1ページ手帳をみつける(リコレクションの一日1ページ、半年分です)

・2012年7月以降(退職後)は、GoogleカレンダーをPCで入力、スマホで閲覧

・2013年秋のMDノートダイアリーに至る…

―手帳選びで失敗したことはありますか?

南エリナさんのプラダの手帳

レフィル交換式のものは、左側のページに記入する時に真ん中のリングのところが手に当たって…手の大きい私には不向きだと思っていました。

リコレクションを購入するまでの手帳は、小さいスペースにぎっしりと書き込んでいました。結果、自分自身でも読みづらくて字も余計に汚く…振り返りのモチベーションに難がありました。

空白の多い1日1ページ手帳をもっと早く知って、口コミブログを色々読んだりして、もっと早く導入すればよかったなーと感じます。ほぼ日で有名になった、パタンと開く糸かがり製法のものは、最近は必須項目だとも感じています。

スポンサーリンク

藍玉より

MDノートダイアリーのメモページを半年で使い切りそうな勢いに気づいた南エリナさん。1日1ページのEDiTとの出合いは南エリナさんの手帳ライフを大きく変えそうですね(MDノートダイアリーにも1日1ページタイプがあるので、南エリナさんが買われたのは月間+8分割メモのタイプかな?)

レフィル交換式の手帳はリングが手に当たってしまうのも、私も苦手とする点で共感しました。南エリナさん、ご回答ありがとうございました!インタビューは【後編】南エリナさん×EDiTとMDノートダイアリーへ続きます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#14 【前編】たけのこスカーフさん×ほぼ日手帳WEEKS・オリジナルとHobonichi Planner

コメント