2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#13 【後編】nyororoさん×ジブン手帳とHobonichi Planner

nyororoさん×Hobonichi Planner

『手帳の使い方インタビュー、第13回目nyororoさんの後編です。後編はジブン手帳<とHobonichi Planner<の書き方や使い分け、楽しみ方など活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

nyororoさんの『手帳の使い方』の続きです

前編の記事はこちらをご覧くださいね。
>>手帳の使い方インタビュー#13 【前編】nyororoさん×ジブン手帳とHobonichi Planner

―どんな風に手帳を使っていますか?まずはジブン手帳から

ペンはハイテックCコレト 4色 黒赤青緑&マルチ8。

ガントチャート

nyororoさん×ジブン手帳のガンチャート

1.当日の朝と前日の晩の体重 体脂肪
2.外食やカフェにいったかどうか
3.総消費カロリー(活動計カロリズムの記録を転記)
4.歩数(活動計カロリズムの記録を転記)
5.投薬の飲み忘れ防止
6.運動の状況
7.その他運動
8.サプリメントやプロテイン
9.熟睡度(Sleep Cycle転記。70%以上だと○とする)

運動した日にスタンプやシールを押したりするようになってからはジムに行く回数も増えてちょっと嬉しいです。ほんの少しですが2ヶ月半で約3キロ減量しました。

nyororoさん×ジブン手帳のガンチャート

グラフについては、2013年12月は既製のページを使っていたのですが、2014年1月からはチャートの升目に合わせてillustratorで自作した体重&体脂肪用のグラフを作って印刷、手帳に貼付けて計測を続ける予定です。

週間ページ

nyororoさん×ジブン手帳の週間ページ

1.睡眠の記録(Sleep Cycle転記 眠った時間、起きた時間 熟睡度)
2.Todoや予定→プライベートは赤、仕事は黒。色鉛筆で塗りつぶしている箇所(黄色=制作)(黄緑=授業)
3.支出した金額は緑ペンで記入&一週間の集計は週間ページ左側のチェック欄下側を利用して記入
4.英語学習は青
5.左側のチェック項目欄の上のほうは、フランクリンプランナーの「一週間コンパス」的な使い方をしています。

その他カスタム

nyororoさん×ジブン手帳の表紙

1.表紙の絵を自分で描きました
2.食材の在庫管理シートを自作しました

―Hobonichi Plannnerの使い方は?

ペンはサクラのピグマを使用 彩色は色鉛筆など。

こちらはスケジュール管理と言うよりも「テキトー絵日記」としてその日にあった出来事を絵を交えて描いています。

nyororoさん×Hobonichi Planner

元々は自分がずっと描いていた「旅日記的」なものが由来なのですが、こうして毎日を旅のように見つめるようにすると毎日が愛しく感じられる気がします。好きに絵を描いているせいか、2007年に「ほぼ日手帳」を使っていたときに感じていた「スケジュールがうまく行かないイライラ」はありません。「日付付きのドローイング帳」として大活躍しています。

1日1ページ、とにかく好きな事を好きなように書きますが、「他人に見せても楽しめる」というのも念頭において書いています。誰かの悪口などマイナスな気持ちになるようなことはあまり書きません。年を取って病気かなんかで入院したときに読み返して「ウフフ」ってなるような日記になればいいなーと思っています(笑)。

手帳の使い方インタビュー#13 【前編】nyororoさん×ジブン手帳とHobonichi Planner

最初は頑張って全て描いて色も塗っていたのですが、時間がなくて大変な事もあるので、描いた絵を写真に撮り丁度いい大きさにトリミングしてみたり、展覧会のチケットや包装紙を貼ったりして出来る範囲で描いています。色をつけるのは時間があるときと割り切って、ガーッとペンで描く事が多いですね。

最近は朝活が上手い具合に進んでいるので、朝ジブン手帳の記入が終わった後に一日前の出来事を絵日記にしていきますが、時には数日分をお風呂で書く事もあるんですよ…(笑)。

nyororoさんのHobonichi Planner

【その他カスタム】
カバーはカメラのモチーフの手ぬぐいを裁断し、自分でミシンで縫いました。

スポンサーリンク

―手帳のことで悩みはありますか?

ジブン手帳&☆Hobonichi Plannnerの組み合わせが気に入っているので今は悩みがありません。カバーも基本的に手作り派。ジブン手帳も毎年「白」を買って自分で表紙を描こうかなと思っています。これぞジブン手帳!(笑)。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか??

私は数年「手帳ジプシー」を続けざるを得なかったのですが、仕事が変わったり家庭環境が変わったりすると当然必要となる手帳も変わってくるのだと言う事を実感しました。

自分の場合は手帳を選ぶ時最も大切にしているものは「手に触れる心地よさ」が一番かなあ…。大きすぎたり重すぎたりすれば結局は持ち歩かなくなってしまうこともあるので「無理なく手に取りやすい事、手に馴染む事」が大切だと思います。

スケジュール管理に関しては自分の場合はバーチカル一択ですが、バーチカルがどうしても合わない人も居ると思うし…それぞれの人の「すんなり来る感じ」「持っていて楽しい感じ」を大切にするのがいいんじゃないかなと思っています。

仕事を辞めた直後「空白」が怖かったということを書いたんですが、今はあまり気にしなくなりました。そういう日があってもいい、それでも毎日が続く…。そういうユルさでいいのかなって思いますね。

nyororoさんのスケッチ日記

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

「手帳は彼氏」ですかね(笑)

いつも一緒に居て、いろんな事を語らうような、そんな存在です。
一緒にキャッキャウフフしてみたり、悩み事を相談してみたり、楽しい場所に行ったり、美味しいモノを食べたり。でも時にはすれ違ったり…。付き合いたて(新品時)は丁寧に接するけど、たまに倦怠期なんぞもあって(他の手帳に)浮気したくなっちゃったり…。

ジブン手帳とHobinichi Plannerは定番の2冊になりそうなので「彼」から「配偶者」になるのかも…しれません。

・・・・・・・・・・

今回こうした機会を戴きどうもありがとうございました。

この回答を書いているのが2014年1月1日なんですけれど、「新しい年」を迎えられるのはとてもめでたいけれど、新年の一瞬だけに沢山抱負を並べるんじゃ無くて毎日ちょっとでいいから目標を持って暮らしたいなって思うんですよね。「新年だから」「大晦日だから」っていうように考えるんじゃなくて…。もちろん特別な日を楽しむのはすてきなことだなんだけど、きょうこの日をめでたく迎えられるのは、のこりの364日の毎日があるからだと思うんです。

多くの事は成せなくとも日々をたのしみ、愛でながら大切に暮らしたい。 特別な日もいつもと同じように。

そういう時間を記録出来る【手帳】は私にとってかけがえの無い存在だと言えます。
この2月に初めてジブン手帳のオフ会に参加したんですが、手帳の繋がりを通して毎日を楽しむ喜びを共有出来るのって楽しいですね!どうもありがとうございました

スポンサーリンク

藍玉より

すごい、すごい!ジブン手帳のガントチャートは手付かずだったので、nyororoさんの詳しい書き方が参考になります。あちこち共感してばかりなのですが、「手帳は彼氏」という言葉にまさしく!とうなずきました。手帳を買い替えるときは不思議と浮気するような気持ちになるんですよね。「多くの事は成せなくとも日々をたのしみ、愛でながら大切に暮らしたい」の言葉からnyororoさんが丁寧に生きていらっしゃることが伝わってきます。

今回は大きな刺激をいただきました。表紙に描かれた金魚の絵がとても印象的で、ぐいぐいとnyororoさんの絵の世界へ惹きこまれる私。インタビューをきっかけにnyororoさんのサイト『Perspective Drawings』を教えていただいて「絵を描きたいけれど上手くないし……」という気持ちが一掃されてびっくり。今では身近なものを手帳に描いて楽しんでいます。nyororoさん、ご回答ありがとうございました!

nyororoさんのジブン手帳を使ったダイエット記録もご覧ください。
>>ジブン手帳ダイエット
Facebookページ「テキトー絵日記のすすめ」はこちらです。
>>テキトー絵日記のすすめ

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


コメント