2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#12 【後編】フデ子さん×リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー

フデ子さん×リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー

手帳の使い方インタビュー、第12回目フデ子さんの後編です。後編はリヒトラブのコロモガエ・ダイアリーの書き方や中身、楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

フデ子さんの『手帳の使い方』の続きです

前編の記事はこちらをご覧くださいね。
>>手帳の使い方インタビュー#12 【前編】フデ子さん×リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

ほぼ使えていません。
でも、昔から「デキる社会人は手帳を使いこなしてる!」という漠然としたイメージに憧れを持っていて、そこから抜けだせないでいます。

あと単純に手帳を含め、文房具が大好きなんです。
スマホがどんなに進化しようとそれと差別化しようとしたり、共存しようとしていたり。とにかく目が離せません。

―手帳をいつ開きますか?

毎日ではないですが、昼休みと就寝前。

あと『GTD』というタスク管理のワークフローで1週間の出来事や書類、新たに発生したタスクを整理する場面があるので、その時に記入したことをまとめたり。逆に記入が漏れていたところを埋めていったりしています。

―どんな風に手帳を使っていますか?

カレンダー部分では、ざっくりとイベントやセール、キャンペーンなどをメモしておきます。
それ以外で、スマホでは融通の効かないような、ざっくりとした「この辺までに、このネタをブログに起こしておきたい」などの計画をメモしたり。

コロモガエ・ダイアリーのカレンダー

コロモガエ・ダイアリーでは週のはじめに『今週のテーマ』を書く欄があるので、そこに「早寝早起き」とか「ダイエット」とか書いてます。

具体的な行動は全てスマホで管理して、手帳はざっくり書く感じですね。

そして、その月末に『やったこと・やらなかったこと』をしるし、自画自賛・反省しつつ、来月の予定をざっくりと立てます。

コロモガエ・ダイアリーの反省と次の月の予定を書く欄

ノート部分には、長期スパンの目標ややりたいことを、これまたざっくりと書き綴っています。毎日書かない『夢日記』ですね。
あとは、それとは別に『今年のやりたいこと100』を適当に書いていて、達成したら線で消していく…ということもやっています。
そこからタスク管理サービスを利用して、デジタルでタスク・スケジュール化してスマホから管理・運用していきます。

フデ子さん×リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー

また日記的な役割もスマホに任せ、そこから『観た映画』『読んだ本』『行ったイベント』などを1ページ使って一覧できるようにしています。

年末に見返して、どんな1年だったかを振り返ったりブログのネタにしたり。
去年以前のデータと比較して増減をみつけては、「今年は全然、本読んでなかったわ…」などと、年単位で俯瞰していくのに使えます。

スポンサーリンク

―手帳のことで悩みはありますか?

荷物になることです。

あと、赤裸々に将来の夢や体重などを書いていて、「もし突然死したら、両親とかに読まれちゃうのかしら?」と思うと、セキュリティに頼りなさを感じますね。

オタクゆえの妄想力も手伝って「両親だけならまだしも、もしも事件性のある死に方をしたら警察にも見られちゃう? やばい。見られたら恥ずかしい。読まれたら死ぬ。いや、死んだ後だけれども」…と、ひとり悶絶します。

その衝動で過去の手帳はお焚き上げしてしまいました。

フデ子さんのほぼ日手帳オリジナルのカバー

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか??

とにかく挫折に怯えることなく、「コレだ!」と思った商品は使ってみることだと思います。

失敗もします。

でも、そこから自分の特性や好みがわかってくるので、いつか必ず自分と相性のいい手帳と出会えるはずです。
あまり気負わず。キーワードは「ざっくり」です。

コロモガエ・ダイアリーとマスキングテープ

もう一つはマスキングテープやスタンプ、シールなど、最近は手軽に手帳を彩るグッズがたくさんでていますので、それらを利用しても良いと思います。
また、さまざまなカラーのボールペンや、それらを使ってイラストを書くための本もいっぱいあります。私はこれらを使って、なけなしの女子力を鍛えていきたいと思います。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

将来にやりたいことや、悩みなどを黙って聞いてくれる友人でしょうか。

スポンサーリンク

藍玉より

「ほぼ使えていません」とおっしゃるフデ子さん。ご回答からはコロモガエ・ダイアリーを使いこなしている様子がうかがえます。スマホと手帳の連携も参考になりますね。

過去の手帳をお焚き上げされた部分は「あぁ、わかります!!!」と思わず声が出そうでした。子ども達に見られるのは全く問題ないのですが、他人に見られるのはかなり恥ずかしい。過去の手帳は老後の楽しみでもあるので捨てられず……ホント悩ましいです。

ご回答に何度も出てくる「ざっくり」の言葉は手帳のプレッシャーをやわらげてくれます。フデ子さん、ご回答ありがとうございました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


コメント