2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

手帳の使い方インタビュー#5 【後編】すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

手帳の使い方インタビュー、第5回目すずめさんの後編です。後編は、ほぼ日手帳オリジナルの中身の書き方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサーリンク

すずめさんの『手帳の使い方』の続きです

前編の記事はこちらをご覧くださいね。
>>手帳の使い方インタビュー#5 【前編】すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

忘れてしまわないため。
覚えるため。

―手帳をいつ開きますか?

朝:今日やることを確認して、今日のことを考えて必要なことを書き込む。

カフェで:ダラダラと過去のページを見たり、思いついたことを書いたりする。

電車の中:中国語の暗唱文を唱える(ふりをしていることの方が多い…)

パソコンに向かって:思いついたこと、ネットで収集した情報を書く。

中国語レッスンの後:その日の重要なこと、次までに暗唱する文を書く。

寝る前:今日やり残したことを明日の欄に書き込む。明日のことを考える。

すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

―どんな風に手帳を使っていますか?

バーチカルの上の部分は時間に関係のない予定と、家族の予定をイニシャルをつけて書きます。時間の決まった予定は時間と予定を書きます。その予定に関する細かい事柄、(電車の時間、詳細な行き方、持ち物、ついでに行うことなど)をその横のフリースペースに書きます。

チェック欄があるToDoのスペースはToDoを書きます。罫線を無視して書いてしまうので、チェックボックスは使わずに終わったらガッツリ二重線で消します。その方が達成感を感じられるのと、未完事項がはっきり分かるので。

フリースペースの下の方にはその日思いついたことや見聞きしたことを書きます。具体的には体調、TVや食べ物の感想、欲しいものやネットで調べることや覚書みたいなこと等々。

すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

マンスリーには外出の予定を簡単に記入。(ダブルブッキングの防止のため)これ、極端に言うと予定が入っている日には大きくバッテンを書いてしまっても良いような気がしています(笑)

10月からの使用なので、4月から9月の部分はメモ帳として使っています。
・中国語のレッスンのまとめや暗唱文。
・セミナーのメモ。
・お買い物リスト。
・パソコンの操作方法。
・旅行の下調べ。
・お金の計算。
その他、頭の中のことをとにかく書くスペースです。

こういうことがらを紙に書き出して無くしてしまったりしていたので、1冊にまとまっているのはとても気持ち良いことに気付きました。

すずめさん×ほぼ日手帳オリジナル

来年の4月になって、今の手帳が終わった後にまた2014の4月始まりのほぼ日手帳を買うと思います。そしたら、4月からは手帳として日付に沿って使いますが、半年後の10月からのページはメモ帳にします。10月になったらまた購入して同じように4月からの分をメモ帳にしていく使い方です。1冊を半年間で使うのです。

―手帳のことで悩みはありますか?

絵が描けたら良いなぁって思います。別に人に見せるものではないので、上手でなくても良いのでしょうけれど、後で見て「なんだこれ?」と言う絵しか描けません。

それに性格的に「貼る」ことができません。一度やってしまったら快適になるのかもしれませんが。字が並んでいるのが好きなのかもしれません(と言い聞かせていると思います)。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか??

ペンが気に入っています。書き間違いが多いので日常でも使っているフリクションです。これまでは子ども3人分と自分の予定で色を分けていましたが、子どもの予定で私が動くことが少なくなってきたので色分けの必要が無くなりました。

そこで、今回は1色です。ブルーブラックにしました。

すずめさん愛用のペンはブルーブラック

カッコいいですね、万年筆を使っているみたいで。そんなミーハーな理由もあるのですが、黒よりも目に刺さってこないのが気に入っています。ブルーよりも落ち着いているので、中国語のように漢字が並んでいても圧迫感がありません。覚えたいことは好きな色のペンで書くと良いそうなので、今の私にはこれで効果があるかもしれません。

カバーも手作りの物を購入しようかと考えています。このサイズだと文庫本カバーも選択肢に入るので、迷っています。それも楽しみです。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

記憶庫」ですね…
物忘れが多くなってきた私の脳みその代わりに覚えておいてくれます。

スポンサーリンク

藍玉より

4月始まりの手帳を10月から使い始めたずずめさん。「1冊を半年間で使うのです」の言葉は新鮮な驚きでした!半年分はメモ帳として使うことから、まさに記憶庫として活用されるのですね。すずめさん、ご回答ありがとうございました!

すずめさんが企画された家計簿から派生した『何でも貼れる3カ月分の日記帳』もあるそうです。主婦ならではの体験が反映されています。
>>「新しい家計簿」の姉妹版は「何でも貼れる!3カ月分の日記帳」

すずめさんがインタビューの感想を記事にしてくださいました。ありがとうございます。ぜひご覧くださいね。
>>大好きなブログ『藍玉スタイル』で『手帳の使い方インタビュー』を受けました!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


コメント