2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

手帳ゆる友スタート♪手帳でゆるく繋がり合う友達を作りませんか?

ちょこちょこ手帳

ふと思い立って、Twitterで手帳ゆる友という、手帳友達の輪を作り始めました。さまざまな手帳ユーザーさんとゆるく繋がり合いながら、楽しんでいけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

手帳ゆる友を考えたきっかけ

「手帳友達ができない」という悩みを持つ人は多いのかも

当ブログで大好きな手帳のことを書き始め、嬉しいご縁がたくさんできました。でも、まだまだ一方通行だと感じることがあったり、自分から声を掛けるのは恥ずかしい気持ちがあったりします。

知り合った方の中でも、「手帳友達が欲しい」「Twitterで手帳のことを書いてもの反応がなくて寂しい」という言葉をちらほら見る機会が増えました。私も寂しい思いをしてきたので、手帳友達が欲しい気持ちがよくわかります。私でできることはないかな……。ここ数ヶ月の間、何かできないかとずっと考えていたのです。

昨日、Twitterで「手帳でゆるく繋がり合う友達を作りたいのですが、仲間入りしたい人っているかな?」とつぶやいてみたところ、十数名の方に声を掛けてもらいました♪

1日でこんなに多くの反応をもらえるなんて!
やっとできることが見つかった~♪

急遽Twitterを使って、『手帳ゆる友』を作ることにしたのです。あ、きちんと説明も書かなきゃいけない……。いま徹夜してこの記事を書いてます。

スポンサーリンク

手帳ゆる友の参加方法です

手帳ゆる友に参加したい方は以下をご覧くださいね♪
初めての試みのため不手際などあると思いますが、少しずつ居心地の良い場にしていきたいです。

※手帳ゆる友は繋がりをわかりやすくするため、参加方法を考えました。ルールを強いる気持ちはなく、様子をみながら徐々に参加表明などの条件をなくしていきたいと思っています。あたたかく見守っていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。下記にある「手帳ゆる友の参加手順」の追記もご覧ください。

手帳ゆる友とは?

手帳ゆる友とは、手帳のことをおしゃべりしたり、手帳友達を作る場です。決まったハッシュタグをつけることによって、手帳ゆる友さんの“手帳”のつぶやきがわかるようにしています。

手帳でゆるく繋がり合う」とした理由は、Twitterをする時間が限られているからです。すべてのつぶやきにコメントすることはできないし、返信ができないこともあると思うのです。私もTwitterができない日が多々あります。“できない”ことが負担にならないよう、気になるツイートがあったらコメントする、返信できるときにするぐらいのゆるさでいいと思っています。

手帳ゆる友さんが決められたハッシュタグをつけたときは気軽にコメントしましょう。もし反応がなくても気にせず楽しんでいきましょう♪みんなでゆるく繋がっていけると嬉しいです。

参加条件

みなさんに安心して楽しんでいただくために条件を考えました。

  • 手帳友達が欲しい人
  • 時々でも手帳のことをTwitterでつぶやく人
  • 反応がなくても気にしない人
  • 迷惑行為をしない人

※万が一、迷惑行為があったときは、ブロックなどの対処をおこないます。そのようなことがないことを切に願います。

手帳ゆる友の参加手順

参加手順は1~3まであります。お返事するまでに時間がかかることがあります。ご了承ください。

  • 1.【手帳ゆる友希望】と書いて@aidamaへツイートしてください♪
  • 2.手帳ゆる友の名簿にリストインして、私からお返事します♪
  • 3.返事が届いたら『 #手帳ゆる友 』のハッシュタグを付けて手帳のことをつぶやいてください♪

※【2017年5月5日追記】諸事情で私の返事が遅くなっています。お待たせしてしまうのは申し訳ないので、私宛に参加表明していただいたら、返信を待たず『 #手帳ゆる友 』のハッシュタグをつけてつぶやいてくださいね。

手帳ゆる友の名簿はこちら

参加表明していただくと、こちらのTwitterリストに掲載させていただきます♪

>>techo-yurutomo

手帳ゆる友をやめたいときは?

何らかの事情で手帳ゆる友をやめたくなったときは、できたらツイートやDM、メールフォームなどでお知らせいただけると嬉しいです。ゆるりとした繋がりですので、フェードアウトもありです。ただ、手帳ゆる友の名簿からの削除を希望される場合はご連絡ください。

交流の方法

交流の方法はこちらです。

※ご注意
・『 #手帳ゆる友 』のハッシュタグをつけるツイートは手帳の話題限定でお願いします。
・ハッシュタグは、前後に半角スペースを空ける必要があります。

「手帳友達が欲しい」「Twitterで手帳のことを書いてもの反応がなくて寂しい」と思っている方はお気軽にご参加くださいね。さまざまな手帳ユーザーさんとゆるく繋がり合いながら、楽しんでいけると嬉しいです♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

繋がっている記事
手帳を語り合えたらどんなに楽しいだろう
好きな手帳のことを書いていたら、手帳仲間が増えてきた♪

関連記事


コメント