2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

『旅行手帳』をお供に♪友達へ感謝を伝える旅に出る

ずっと残して起きたい旅の思い出を書き込む 旅行手帳

旅行の目的は人によって様々ですが、私は“友達へ感謝を伝える旅”に出ようと考えています。旅のお供は『旅行手帳』です。使い方のページを参考にできるので、旅先で書き方に悩まなくて済みます。計画を立てるときからワクワクでいっぱいです♪

スポンサーリンク

支えてくれた友達へ感謝を伝える旅に出る

手帳と四葉のクローバー

ずっと楽しみにしてきたことがあります。十数年間悩まされてきた悩みが解決したら、感謝を伝える旅に出ることです。

>>手帳で人生を好転させる方法で憂鬱な日々から抜け出す

大きな問題の他にも次々と苦難が降りかかりました。それでも潰れないでいられたのは、家族と友達のおかげです。

メッセージを書く友達

毎日のようにメッセージで励ましてくれた友達、関西から会いに来てくれた友達、アドバイスをくれた友達、「うんうん」と私の話を聴いてくれた友達。みんな長い間、辛抱強く見守ってくれた。大丈夫だからと手を離さないでいてくれた。

今まで支えてきてくれた友達に直接会って「ありがとう!」を伝えたい。元気になった私を見て安心して欲しい。

この感謝の旅を思い描くことが、苦難を乗り越える支えになりました。

スポンサーリンク

ずっと残して起きたい旅の思い出を書き込む 旅行手帳

ずっと残して起きたい旅の思い出を書き込む 旅行手帳

感謝を伝える旅に使いたいのが、aTRIP編集部 アスコムの『ずっと残しておきたい旅の思い出を書きこむ 旅行手帳』です。

4日間で1つの旅として、3回の旅が記録できます。

『旅行手帳』のアイデアメモ

1つの旅の構成は以下です。
・旅の扉
・旅のアイデアメモ
・持ち物リスト
・おみやげリスト
・スケジュール4日分
・旅の支出
・ホテル、ショップリスト
・フリーページ7ページ
・まとめページ

巻末に日本地図と世界地図、8ページのメモもあります。

『旅行手帳』に付箋を貼る

紙がいいんですよ。ツルツルしていなくて、書き心地がいい。色鉛筆との相性も良さげです。

『旅行手帳』のメッセージ

楽しかったあのとき、おいしかったあの味、心ひかれたあの景色、あの人……。忘れたくない瞬間を旅行手帳に記録してずっと残しておきましょう。

『旅行手帳』に込められた思いにじーんときちゃいます。感謝を伝える旅にぴったり!

スポンサーリンク

旅行手帳の中身を見れば、旅先で書き方に悩まなくて済む

実際に書き込んである手帳の中身

目を引くのは巻頭の実際に書き込んである手帳の中身です。カメラマンの安彦幸恵さん、イラストレーターの佐伯ゆう子さんなど、個性溢れるページが満載!

旅行手帳の使い方

旅先でどんな風に書けばいいのか悩んでいるうちに旅行が終わってしまった……。なんてことにならないよう、使い方のページを参考にできるようになっています。

同じように書いてもいいし、気に入ったポイントだけ取り入れてもいいですね。旅の計画の段階から旅行手帳を眺めていると、アイデアも膨らんできます。

『旅行手帳』のロンドン旅行のページ

ちなみに私の使い方も掲載していただきました。私が掲載されているのは6ページ~7ページの「旅行手帳の使い方」、10ページ~15ページの「旅の記録から英会話までまとめたすごい手帳!」です。ありがとうございます!

ロンドンに行ったときのことを旅行手帳に書いています。私の場合は細かくログをつけるタイプなので、字がぎっしりです。あとはちょこっとイラストを描いたり、シールやマスキングテープでデコってます。

アスコム編集者さんとの打合せ

写真はアスコムの編集者Kさんとライターさんとの打合せの風景です。
編集者さんからは「自由に書いていいですよ」と言ってもらい、普段使っている手帳術を加えながら楽しく書かせてもらいました。

『旅行手帳』のロンドン旅行のページ表紙

自分だったらどう書く?
次の旅行はこんな風に書きたい?
を意識しながら、書きました。旅が終わっても楽しめる旅行手帳になっていると思います。

スポンサーリンク

『旅行手帳』でワクワクを高めよう!

『旅行手帳』で計画を立てる

今『旅行手帳』を前にして、計画を立てています。

まずは、はるかなる北の大地へ飛んでいこう!KanamiiのKanamiさんに会いに行きます!いっぱいおしゃべりして、笑って。会えなかった日々のことを語り尽くしたい。メッセージも書いてもらおう♪

「おみやげリスト」のページは使わないから、忘れないように伝えたいことを箇条書きにする。 「フリーページ」に書いてもらうメッセージのスペースを確保する。もう書き方を考えるだけでワクワクしてくる~。

旅の扉

「自由に書いていい」の一言が、「こう書かなきゃ」というプレッシャーを消してくれます。どんな風に『旅行手帳』を自分色に変えていくか、とっても楽しみ。

友達に感謝を伝える旅をどんどん計画していこう。北海道の次は関西に行きたいな。『旅行手帳』は私のワクワク手帳です。旅のお供におすすめです♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
旅が4倍楽しくなる!旅行ノートの作り方・書き方まとめ

コメント