2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

食育インストラクター養成講座の教材が届きました!受講の計画を立てるのが楽しい

食育インストラクター養成講座の計画表と大人の時間割帳

服部幸應の食育インストラクター養成講座の教材が届きました!教材の中身を確認してすぐ、楽しみにしていた受講の計画を立てています。計画を手帳に書き入れる瞬間のワクワクをずっと味わっていたいです♪

スポンサーリンク

食育インストラクター養成講座の教材の中身を紹介します

服部幸應の食育インストラクター講座の教材

がくぶんから届いた箱を開けると、教材がたっぷり入ってました。新しいことを始めるっていいですね。通信教育は教材が届いたときが一番ウキウキします。

学習のためのガイドブック

食育インストラクター養成講座の学習のためのガイドブック

「まず最初にこの本をお読みください」とあるのが、学習のためのガイドブックです。学習の進め方や教材の説明、指導課題の提出方法など詳しく書かれています。

食育インストラクター養成講座の教材を確認する

学習のためのガイドブックを見ながら、足りない教材がないかチェックします。もし不足品や不良品があっても、事務センターへ電話すればOKです。

テキストは5冊

ざっと教材の中身を紹介しますと。

服部幸應の食育インストラクター養成講座の教材

・テキスト1:食育の基礎知識
・テキスト2:選食力を養う
・テキスト3:食材図鑑
・テキスト4:共食力を身につける/地球の食を考える
・テキスト5:世代別食育のすすめ

テキストはリニューアルしたそうです。テキストはオールカラーで見やすく、ちょっと小ぶりのサイズで持ち歩きやすいです

DVDは3枚

服部幸應の食育インストラクター養成講座のDVD

DVD1:食育の基礎知識
DVD2:家庭の食育(食材を知る)
DVD3:「共食力」と「地球の食を考える」

DVDは3枚ありますが、マゴに邪魔されてじっくり見られない気がします。食育インストラクター養成講座はインターネットで学習できる「がくぶんeマナ」が利用できるそうなので、スマホで動画を見る予定です。

食育レシピ集

服部幸應の食育インストラクター養成講座の食育レシピ集

NPO日本食育インストラクター協会で1級を取得された方々のレシピやダイエット・免疫力アップのレシピなどが掲載されています。「簡単に作ることができる」とあるので、受講中にチャレンジしたいです。

その他の教材

服部幸應の食育インストラクター講座の教材

・提出課題集
・課題提出カード
・課題提出用の封筒(6枚)
・質問用紙
・受講証

こちらはボールペン習字講座と同じでした。

キャンペーンでもらった日ペンの美子ちゃん練習帳

日ペンの美子ちゃん練習帳

総額100万円のがくぶん95周年感謝キャンペーンでもらった日ペンの美子ちゃん練習帳も入っていました。お手本の文章が美子ちゃんらしい。吹き出しそうになる~。

スポンサーリンク

食育インストラクター養成講座の受講の計画

ガイドブックで学習の流れを把握する

食育インストラクター養成講座の添削方

学習のためのガイドブックに学習の進め方が載っていました。

1)テキストを読む・理解する
2)課題を解いて提出する
3)添削されたものが戻ってくる
4)間違えたところを再度勉強する

といった流れです。

受講期間は6ヵ月分に加え、無料受講期間が6ヵ月分。合計12ヵ月間あります。修了は早くて3ヵ月と記載がありました。突然大きな用事ができて勉強できなくても、12ヵ月間なら修了できそうですね。

ただ私の場合は1年もあれば大丈夫だろう、と余裕でいると「あ!あと残り1ヵ月だ!」なんてことになりそう。ずるずると後回しにしてしまいがちなので、早めの修了を設定しておくことにします。

勉強の計画を立てるぞー!と思い立ったものの

食育インストラクター養成講座の計画表

計画を立てるときって、ワクワクしませんか?

立てた計画を手帳に書き入れる瞬間、「修了したら、どんな私になっているのかな~♪」なんて未来の自分を思い描くとワクワクが止まりません。

すべての課題に目を通したところ、穴埋め問題が多くて、テキストを見ながらやれば3ヵ月で終われそうです。でも、これじゃ身につかないよなぁ。受講料に見合った、いやそれ以上に得るものがないと受講した意味がないって思うんですよね。

よし!食育の知識を覚えて、使いこなせるようにする!

1ヶ月でテキスト1冊のペース

食育インストラクター養成講座のテキスト

テキストをぱらぱらとめくると、「あ、教科書みたい」って学生時代がよみがえる……。ハッ、知識を覚えるのは、大の苦手だったことを思い出しました。ありゃま。
トランプの神経衰弱もめちゃ弱く、芸能人も「あれ、あのドラマに出てた、んー」と名前を思い出せない。さらに年を重ねて……記憶力が残っているかな?とかなり不安です。

ボールペン習字講座のときは、「書く」を繰り返す勉強でしたが、食育インストラクター養成講座は考え方を身につける勉強なので、勝手が違います。

まずは、テキストを何十回も読み込み、調べたこと、要約をテキストに書き込む作業で覚えられるかやってみます。大雑把ですが、テキスト1冊に1ヵ月を掛けて取り組んでみることにしました。

勉強の計画表を作る

食育インストラクター養成講座の計画表

出来上がった計画表のフォーマットはシンプル。でも考えるのにかなり時間がかかりました。変なところでこだわってしまうと時間のロスですね。ま、計画表ができてよかったです。

食育インストラクター養成講座の計画表と大人の時間割帳

できあがった計画は、計画用に使っている大人の時間割帳に書き込んでいきます。この作業が大好きーーー!

受験のときも役員をしたときも計画を立てるのが好きでした。でも、大事なのは実行すること!計画倒れにならないよう、コツコツと頑張ります♪

資料請求や受講申し込みはこちらから>>
服部幸應の食育インストラクター養成講座

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。



関連記事


繋がっている記事
料理コンプレックスを克服するために、服部幸應の食育インストラクター講座で学びます

コメント