2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

管理人、藍玉@小林智子のプロフィール

はじめての「ゆるかわ写真」レッスンに出合って♪

はじめまして!管理人、藍玉@小林智子の自己紹介のページです。よろしくお願いします。

藍玉スタイルは好きなことを書き始めて、今はいつもそばにいる手帳、日記、文房具などを書き綴っています。また年を重ねるとともに変化していくココロのことも書いています。

私の人生の目的は?と考えると、“人を励ます表現者になること”です。当ブログでココロのこりがほぐれたら、とてもハッピーです。

・初めての方はこちらもご覧ください。
初めての方はこちらへ

・お問合せはこちらのページからお願いします。
お問合せフォーム

管理人とブログ詳細

名前:小林智子
HN:藍玉
ブログ名:藍玉スタイル
URL:https://aidama.info/
ブログの紹介:手帳、日記、自己実現など好きなことを書いています。当ブログでココロのこりがほぐれたら、とてもハッピーです。

管理人プロフィール

※HNの藍玉と名乗り始めたのは2000年頃からです。本来は宝石のことで「らんぎょく」と呼ぶそうなのですが、読み方を知らずに「あいだま」と呼んだまま、今に至ります。

自己紹介

うーん、自己紹介って苦手です。何を書けばいいのか……

あ、私を表現する言葉がありました!
中学生の頃、叔母Aに「引っ込み思案の負けず嫌いだよね」と言われ、叔母Bには「本当は明るいのにね」と言われたことがあります。さすが身内なだけに、言い当てています。

十数年前にネットを始めてから、人見知りは少しやわらいできたのですが、まだ複数の人だと会話に入れないのです。

ここで終ってしまうのもなんなので、ネットの友達には言っていない私の過去をかいつまんで書いてみます。

ひとりぼっちの一人っ子

私は一人っ子です。
物心ついた頃から、両親は共稼ぎでした。赤ちゃんの頃から保育園に預けられたそうです。幼稚園に入る頃、東京から神奈川県へ引越し、両親は飲食店を始めました。

朝早くから夜遅くまで働き続ける両親。私は2階でいつも一人ぼっちでした。遊び相手は架空の友達で、布団を積み重ねては南極基地を作ったり、リカちゃん人形を相手に家庭ごっこをしたりしていました。一人ぼっちでいる時間が長かったおかげで、想像力が豊かになったのだろうと思います。

寂しいと思ったのは、運動会です。当時の運動会は家族と一緒にお昼ご飯を食べるのですが、うちの両親は忙しい曜日なので、来てもらえませんでした。私を含め家族の来ない子ども達は教室に戻って、寂しくお弁当を食べた記憶があります。教室には私と男子1人だけ。そのときの切なさは鮮明で、「サラリーマンの家庭の子どもに生まれていたらな」と何度も思いました。

こう書くと寂しい子ども時代ですが、両親は休憩時間や休日に思い切り遊んでくれました。愛情をたっぷり注いでもらえたと感謝しています。

スポーツ少女だった学生時代

学生時代はいろいろなスポーツをやってきました。文化部や帰宅部という選択はまったく無く、「男子よりも強くなりたい!」と思うような負けず嫌いの少女でした。

小学生ではドッチボールチームの副キャプテン、中学生は軟式テニスの選手、高校時代はハンドボール部の部長でキーパー、短大生のときは硬式テニスのサークルに入っていました。

中学生のとき、ロングだった髪をばっさりショートにしたら、同学年の女子に「宝塚の人みたい♪」とサインをねだられるようになりました。高校時代はベリーショートのキーパーだったせいか「うしろ姿は男子だよね」と友達に笑いのネタにされる始末。今でもよく友達に「藍玉さんって男前だよね~」と言われるのは、その名残があるからかな?

憂鬱だった中学時代に“考える”ことに目覚める

中学生の頃は武田鉄也さん主演のドラマ『金八先生』が大人気。当時は校内暴力が激しくて、私の通う中学も例外ではありません。目の前でイジメがあると居ても立ってもいられず、「やめなさいよ」と言うものの、「うるせえな」で逃げられてしまいました。

割れた窓ガラス、一方的な暴力……。こんな毎日が憂鬱でした。

「なぜこんなことが起こるのだろう?」「何のために人は生きているのだろう?」と考えるようになります。一人でいるときは考えてばかりでした。

SF小説に出合ったのもこの頃です。マンガばかり読んでいた私が、読書に夢中になりました。おそらく現実逃避をしていたのでしょうね。

振り返ると中学生のときに“考える力”と“想像する力”がさらに強まったようです。

wolfさんに描いてもらった似顔絵?

一気に書いたら、あれこれ出てきましたね。こんな子ども時代を送りながら、今もなんとか元気にやってます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
私ってどんな人?性格をつくる40個の要素

コメント