2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

変形性膝関節症の母のために手術手帳を作りました

ダイソーの手帳2014年B5サイズ

母が変形性膝関節症手術を受けることになって、その経過をコツコツと手帳に書き留めることにしました。無事に手術を終えたら、小冊子のような出来栄えになりました。次の手術に向けて役立てたいです。

[ad#upper]

いよいよ変形性膝関節症の手術?

昨年の秋に変形性膝関節症の母が足をくじいてしまいました。週3回通っている整骨院では「1ヶ月ぐらいで治りますよ」と言われて安心していたけど1ヶ月過ぎても治らない……。

このままじゃ困ると、大きな病院の整形外科へ行ったら、「手術したほうがいいです」と言われて帰ってきました。手術をすると片足で3週間の入院になるそう。両足なので時間をおいて再び手術しなくてはいけないとのことでした。

母は友達からも「手術すると楽よ」と聞いていたようですが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。少しでもラクに歩けるようになるのは嬉しいですけどね。70歳で手術を2回もするのは、本人も私も不安なのです。

でも、私にできることは不安におびえることじゃなく、ネットや本で信頼のおける情報を集めて、医師の話を理解できるようにすること。「お父さんの闘病のときも同じことをしていたなぁ」と夜中にふと思い出しました。

日を改め私も付き添って医師のお話を聞くと、母は軟骨が擦り減っていて、骨のトゲができていました。5段階のうち左右ともに4で、中期と末期の間ぐらいだそうです。家に帰ってから母と話し合い「今のうちに手術を受けよう」と決めたのです。

次の手術のために手帳に記録する

変形性膝関節症の手術は両足のため、2回の手術があります。何ヶ月も時間を置くので2回目の手術のときは「あれ何だったっけ?忘れた」ってことになりそう。そこで思い出したのが、私の手帳20冊です。手術専用の手帳を作り、1回目の入院や手術を細かく記録していけば、2回目はスムーズに行くはず!

また母は人生初の手術ということもあって、かなり心細いようです。私がしっかり記録をすれば、母も「一人じゃないんだ」と不安が軽減するような気がしました。そんな訳で、昨年の秋の通院からコツコツと手帳で記録をつけることにしたのです。

ダイソーの手帳2014年B5サイズ

使用しているのはダイソーの「2014年ダイアリー B6版(ドット)」です。メモページに記録を残したいので、マンスリーとメモページのシンプルな内容を選びました。

手術手帳の書き方で大切なのは読み返しやすいこと

変形性膝関節症の母の手術手帳

手術手帳の書き方で一番大切なのは、母が後で読み返しやすいことです。担当医の話をメモで素早く書き取り、あとで内容を整理しながら手帳に清書していきます。

変形性膝関節症の母の手術手帳の月間ページ

マンスリー(月間)ページには「通院日」「入院日」「手術日」「病室の移動」「退院日」「お見舞いに来てくれた方の名前」など大きな出来事を時間も含めて書きます。

変形性膝関節症の母の手術手帳のメモページ

メモページには「担当医の説明」「看護師の説明」「検査の内容」「質問したいこととその回答」「入院の手続きの流れ」「保険の手続きの記録」「付き添った日の受付から検査、診察までの記録(時系列)」など詳しく書き込みます。大切なことは赤字で書きます。

基本的に時系列で並べ、<入退院受付の説明>といった小見出しをつけています。

変形性膝関節症の母の手術手帳のイラスト

変形性膝関節症の手術の説明で出てきた模型をイラストで描きました。

手術手帳をつけてわかったメリット

手術手帳をつけてみてわかったメリットがいくつもあります。記録することを意識しているためか、ひとつひとつの言葉を聞き逃さないように集中しました。そのおかげで小冊子のような出来栄えです。

  • 変形性膝関節症の知識への理解が深まる
  • 入院から退院までの流れが把握できる
  • 小見出しをつけているので必要な情報を取り出しやすい
  • 一度聞いたことを忘れない
  • 母も字を書くようになった

驚いたのは母も字を書くようになったことです。入院中は私が記録できないため、1日にあった出来事を母がノートに書いています。どんな検査をしたのか、担当医や看護師に何を言われたのか、誰がお見舞いに来てくれたのか、など筆不精の母が事細かに書いていたのにはびっくりです。

お母さん、お疲れさま!

お母さん

おかげさまで先月の下旬に母は無事に退院できました。予定より8日間も遅い退院でしたが、杖をつかって歩けるようになっています。このままリハビリを続けていけば、杖無しでも歩けるようになるそうです(ホッ)。

数ヶ月後にはもう左足の手術が待っています。その間も通院やリハビリの記録を書き続け、次の手術に向けて役立てたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

[ad#after]

関連記事


コメント