2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

マイナス思考の改善(1)ネガティブ専用の日記帳を持つ

無印良品のマンスリー・ウィークリーノートA5

1ヶ月ほどブログを休んでいたときマイナス思考を改善したくて、新しく始めたことが2つあります。ひとつはネガティブな感情を開放することです。ネガティブな感情だけを書く日記帳を持ちました。

[ad#upper]

日記帳のネガティブな言葉に感情がよみがえってしまう

何度か記事にしてきましたが、数年前から日記帳をつけていています。
この春は日記帳の使い方(無印良品のマンスリー・ウィークリーノートB5)にあるココロマークが「△:少々憂鬱」「×:うーっ、きつい」ばかりになっていました。まぁ、いろいろあったんですけどね。それにしても日記には不安や不満などの言葉ばかり。

ネガティブな言葉を目にすると、感情がよみがえり、ドヨヨ~ンとしてしまいます。少し立ち直っても、再び引き戻されてしまうので、マイナス思考の渦から這い上がることができずにいました。またネガティブな言葉を吐いている自分が嫌になって、自己嫌悪に陥ります。

マイナス思考になっている自分をなんとかしなきゃと考えたのですが、友達に愚痴を聞かせるのは忍びない。うーん、どうしよう。

専用の日記帳でネガティブな感情と距離を置く

ある日、目的もなくふらふらと無印良品を歩いていると、マンスリー・ウィークリーノートB5が30%オフで売っていました。

「うわっ、安い」と衝動買いしたものの使い道が浮かばない。「あ!新しい日記帳にネガティブな感情を吐いてしまおう」と試してみたのです。

ネガティブ専用の日記帳を書くときに決めたルールはこちら。

  • 誰にも読ませない
  • ネガティブな感情を認めてあげる
  • ネガティブな気持ちを書いたら忘れる

「ネガティブな気持ちを書いたら忘れる」というルールが一番効果的で、あんなに苦しかったのに少しココロが軽くなります。ネガティブな感情と距離を置くためにも、専用の日記帳は効果的でした。

ネガティブな感情が「怒り」へ変わる前に解放する

ネガティブな感情は自分の欲求が満たされないことから生まれてしまいます。わかってもらえない。受け入れてももらえない。そんな気持ちが惨めさ、むなしさになる。感情を溜めてしまうと怒りへ変わり、コントロールするのが難しくなってしまいます。

専用の日記帳に書いて、自分が今マイナス思考になっていることを一旦認めてあげる。そして、書いたら忘れてあげる。

これを繰り返していくと、専用日記に書く機会が無くなりました。

ネガティブな感情を解放する方法

今回は“専用の日記帳に書く”という方法を紹介しましたが、他にもネガティブな感情を解放する方法があります。

一人でいるときに言いたくても言えない言葉を叫ぶ
バスタオルを小さく畳んで口にあてて叫ぶと、声が漏れにくくなります。

お風呂にもぐって言いたくても言えない言葉を叫ぶ
よく泣きたいときに使う方法です。

散歩しながら、言いたくても言えない言葉をつぶやく
周りに誰もいないことを確かめてつぶやきます。※ただしすごい表情になってしまうので、笑顔でつぶやくようにしています。

「ネガティブな感情を解放する場所がある」ということがマイナス思考の改善に役立っています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
マイナス思考の改善(2)ココロ穏やかに生きるコツ「今日も一日ありがとう」

コメント

  1. ふむふむ
    確かに、ネガティブな感情は
    人に話しても嫌がられるし
    かと言ってそのままにしていると
    どんどん蓄積しちゃいますしね^^;

    書くことで認め
    書くことで忘れる

    大事な事ですね♪

    昨日、ネガティブな感情になっていたので
    早速、何らかの方法で実践してみます!!

  2. 藍玉@小林智子 より:

    ロックなひろぶさんへ

    コメントありがとうございます。
    ネガティブな感情の扱い方は難しいですよね。
    今回実践してみて、ネガティブな感情を素早く解放していくことが、大切だとわかりました。

    ぜひ試してみてくださいね♪