2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

「ロフトの手帳展示会」トークイベントに登壇しました!手帳の未来はどうなる?

「ロフトの手帳展示会」トークイベント

先週10月22日(土)に「ロフトの手帳展示会」がありまして、トークイベントに登壇しました。お題は手帳の使い方から手帳の未来まで!とても濃い時間を過ごしました。展示会の内容やロフトが吟味した2017年版の手帳なども紹介しますね♪

スポンサーリンク

バイヤーが語るロフトの手帳2017

まずは展示会の内容をざっくりとご紹介。

ロフトの手帳、今年のテーマ

手帳展示会に集まったのは、手帳好きのブロガーさん。定員は20名だったのですが、30名近くいたような気がします。みなさんとても熱心で、メモを取る姿が見受けられました。

ロフトの手帳展示会

イチ手帳ユーザーとして楽しみにしていたのは、手帳バイヤーの武田さんのお話です。手帳バイヤーのお話は滅多に聴くことができないため、本当に貴重なプレゼンだと感じました。手帳仲間のみんなにも聴かせてあげたかった!

5年前の手帳売り場はカバー勝負でしたが、今ではフォーマット別に陳列しているそうです。手帳を探すときって「バーチカルが欲しいんだけど」と思っても、メーカー別になっていたりして、見つけにくかったんですよね。そんな手帳ユーザーの気持ちを理解してくれているなんて、ビックリしました。

ロフトへ行くと手帳で埋め尽くされていますが、展示会で全部の手帳を紹介したら何時間あっても足りませんよね。数ある手帳の中から吟味して紹介していたのはこちらの手帳です。「売れ筋商品」「差別化商品」「こだわりの商品」に分けて説明がありました。

  • ほぼ日手帳
  • ジブン手帳
  • EDiT
  • ワナドゥ手帳
  • クリエイターズダイアリー
  • クオバディス × パピエティグル
  • アシュフォードのトラベルペンケース&スピードジョッター
  • ミニサイズダイアリー
  • 学生 to 手帳

大半の手帳は知っていたものの、丁寧な説明を受けると新たな発見があります。ロフトと手帳の関わりだったり、開発秘話だったりと、それぞれの手帳にストーリーがあって、さらに親しみを感じました。

ロフト手帳バイヤーの武田さん

バイヤーの武田さんの一押しをこっそり尋ねたら、「学生 to 手帳です!」とおっしゃっていました。学生 to 手帳はロフトが初めてつくった学生向けの手帳で、11月初旬に発売とのこと。発売が楽しみです!

スポンサーリンク

「ロフトの手帳展示会」トークイベントで話したこと

「ロフトの手帳展示会」トークイベント

トークイベントでご一緒したのは、pen-infoの運営者でありステーショナリーディレクターの土橋正さんとロフトの古東部長です。土橋さんは高橋書店のマンスリー手帳「ラフィーネ」、古東部長はほぼ日手帳の「カズン」を愛用されています。

お二人とも初対面でしたが、話が弾んであっという間に終わっていました。ほがらかな雰囲気の中、普段通りの自分を出せたのでホッとしました♪

トークイベントのお題はこの3つ。

  • 手帳の使い方は?
  • スマホVS手帳 書いて残す手帳の魅力は?
  • 手帳の未来は?

私の話したことを覚えているだけ書き出してみますと……。
※「手帳の使い方」は当ブログに書いてあるので割愛します。

スマホVS手帳 書いて残す手帳の魅力は?

息子は忘れっぽくて困る。昨日お願いしたことも忘れてしまう。もう1冊、ToDoリスト専用の手帳を持たせてみたら、ぐんと忘れ物が減った。ポイントはToDoをやり終えたら、濃いマーカーで消すこと。達成感を味わえる。手書きは自分との約束になる。

青いペンは記憶力がアップするらしい。心が落ち着いて集中できるから。青いペンで英語日記を書いている。

スマホや印刷された文字よりも、手書きのほうが記憶に残る。ダイソーのスケッチブックに翌日の日付やテンプレートを書くと、よし今日も書こうって思える。
すかさず土橋さんに「まさにジブン手帳ですね」と言われて、会場は爆笑でした。

手帳の未来は?

これだけスマホが高機能になると、私のような手帳大好きユーザーだけが残って、スマホへ流れていきそう。でも、手帳が無くなると困る!私にできることは……と考えると、ブログやTwitterなどのSNSで手帳の良さを伝えていく。オンラインだけでなく、オフラインでも自分から手帳の話をする機会を増やす。

最近大事だと思うのは「親が子どもに手帳の良さを伝えていくこと」。学校では手帳の使い方を教えてくれなかった。学生のうちから手帳を活用していたら、人生が変わっていたと思う。おふくろの味と同じように、親から子どもへ受け継いでいくことによって、若い手帳ユーザーが増えていくと思う。

ロフトの古東さんメッセージ

トークイベント真っ最中にも関わらず、気づくとメモを取っていました。ためになるお話を聴くとつい!一部紹介しますと。

土橋さんの「自分の究極の1冊を作る時代が来る」「手書きは場所が必ずある。場所があると記憶に残る」

古東部長の「渋谷のロフトを見て、手帳の品揃えに海外の人達が驚いた。日本人は手帳が好きなんですね」「書くことの量とサイズが合っている」

手帳の使い方は三者三様で、違いがあるからこそ得るものが多く、勉強になりました!
手帳の使い方は四六時中考えるのですが、「手帳の未来」なんてぼやっと考えるぐらい。「じゃ私に何ができるのだろう?」まで考えを深められたのは大きな成果でした。貴重な機会をありがとうございました!

スポンサーリンク

ロフトが吟味した2017年の手帳を触りまくる

ロフトの手帳展示会

会場には吟味した手帳がずらりと並んでいます。トークイベントが終わってホッとしたせいか、ゆっくりと手帳を見て回りました。自由に質問もできます。

ワナドゥ手帳

朝の情報番組『ZIP!』で紹介された「ワナドゥ手帳」もありました。

ミニサイズダイアリー

ポケットにもすっぽり入るミニサイズダイアリーです。

EDiT(エディット)2017

マークスの担当者さんがいらっしゃったので、EDiTについて質問責めしてしまいました。笑顔で答えてくださって、嬉しかったです。

アシュフォードのトラベルペンケース&スピードジョッター

アシュフォードのトラベルペンケースとスピードジョッターは、と土橋さんのプロデュースです!。上質で大人の雰囲気に憧れる~♪

ロフト応援団認定証

最後に、ロフト応援団認定証をいただきました。認定証は参加者の特典です。すっごく羨ましいと思っていたのですが、まさか私の分まで用意してもらえるとは……。思わずうるっとくる。

「あ!同じ気持ちになった記憶がある」と記憶をたどったら、吉祥寺のロフトでHobonichi Plannerを一生懸命に探してくれた店員さんのことを思い出しました。

どの店で手帳を買う?って、とくに意識はしていなかったのですが、ロフトで購入する頻度が高いのはなぜだろう?きっと、そこにいる人達にココロを動かされた経験があるからだと。今回のイベントを通じて「手帳と言えばロフト」の印象がさらに強くなりました。

>>ロフトの公式オンラインショッピングサイト

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

繋がっている記事
ワナドゥ手帳で国内の旅ノートを1冊にまとめます!
ほぼ日手帳プランナー2014との出合いはきっと運命なのだから

関連記事


コメント