2020年版の手帳アンケートを開催中!ご回答ください♪

ほぼ日手帳に欠かせない週間手帳2014年版を買いました

ほぼ日の週間手帳2014年版

2014年の手帳はまだ決めていないのですが、ほぼ日週間手帳2014年版をまず買いました。ほぼ日手帳に決めた場合、この週間手帳は無くてはならない存在だからです。

[ad#upper]

ほぼ日の週間手帳は売り切れる前に買う!

ほぼ日手帳オリジナルは1日ページが中心で、週単位で予定を見渡せるページはありません。週間手帳は週単位のToDoリストを管理するために必要なのです。

ほぼ日ストアから週間手帳が発売されたときは、「やったー!ほぼ日が使える!」と浮き足立ちました。でも、買うぞと決めたときには、いつも売り切れ……。皮肉なものですね。
ほぼ日の週間手帳2013年版を慌てて買いました

いつも売り切れで、去年も慌てて買いました。
手帳選びで悩みながら、「週間手帳が売り切れたらどうしよう」とドキドキするのは心臓にわるいです。また、無印良品の手帳に決めたとしても、同じ文庫本サイズだから使えます。

ほぼ日手帳を選ぶ可能性が少しでもあるときは、週間手帳を売り切れる前に買う!これが私の鉄則になりました。

ほぼ日の週間手帳2014の仕様

ほぼ日の週間手帳2014

商品名は『ほぼ日の週間手帳』です。価格は420円(税込)でした。
簡単に仕様を書くと、月曜始まりで、2013年12月30日から2014年12月31日まで。サイズは縦140mm×横95mm。本文の用紙はトモエリバー。重さ49g。112ページ。方眼は3.45mm。

ほぼ日の週間手帳2014の中身

2014年版年間カレンダー

初めに2014年の年間カレンダーがついています。日曜祝祭日は赤字になっています。

週間ダイアリー

週間手帳は見開き1週間のバーチカルになっています。
土曜日はグレー、日曜祝祭日は赤で色分けされています。日付の下にToDoリストとして使える欄があります。バーチカルはほぼ日手帳のオリジナルと同じで24時間軸。24時間のバーチカルは意外と少ないので、ライフログをつけるときはありがたい存在です。

ほぼ日の週間手帳のメモページ

メモページも方眼で、6ページあります。6ページだとおまけみたいなものですよね。ほぼ日手帳との併用しているせいか、メモページはほとんど使ったことがありません。

今回買った2014年のほぼ日の週間手帳と今使っている2013年の週間手帳を見比べてみると、とくに変更はないようです。今のスタイルが使いやすいのでホッとしました♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
ほぼ日手帳1日ページの使い方
ほぼ日手帳公式ガイドブック2014にうっとり!

コメント