2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

ほぼ日手帳に名言を書いて、悩む時間を減らしココロを穏やかに保つ

ほぼ日手帳に書いた名言

毎年、名言を手帳に書くようにしています。何度も読み返してはパワーをもらい、ココロ穏やかに暮すコツとなっています。ほぼ日手帳に書き写した名言を紹介しますね。

[ad#upper]

手帳に書いた名言に何度もすくわれる

勇気が出る、元気になる、穏やかな気持ちになれる名言が大好きです。
今までは、手帳のマンスリーページや日記帳に名言をちょこちょこ書いてきました。こんな感じで。

マンスリーに元気になる言葉を書く

ここ数年、ココロ折れる出来事が度々あって、今年はもっと目立つ場所に名言を書こうと思いました。ほぼ日手帳を使い始めたときに、昨年の12月のページに名言をたっぷり書いたんです。読書をして「これは!」と思った名言に出合うと、がーっと書き足していきます。

生きていると憂鬱になるときや苦しくなるときが、やって来てしまう。でも、毎日みる手帳に名言があれば、悩む時間がぐんと減ります。

ほぼ日手帳に書いた名言をピックアップ

ほぼ日手帳の冒頭は名言で埋まっています。その中から、ピックアップして紹介しますね。

ほぼ日手帳に書いた名言(道は開ける)

デール カーネギーの『道は開ける』は、世界各国でベストセラーになっている本です。もう十年前のことですが、友達から勧められて読みました。悩みを半減させる方法や悩みをどう分析していくかなど、悩みを抱えたときにオススメの1冊です。


道は開ける 新装版

手帳には『道は開ける』のポイントを抜き出して書き写しています。今も悩んでしまうことがあると、繰り返し読んで自分を元気づけています。

ほぼ日手帳に書いた名言(怒らないこと)

アルボムッレ・スマナサーラの『怒らないこと』は書店でさらっと立ち読みして、「今の私に必要なのはこれ!」と思って買った本です。「なぜ怒りを持ってはいけないのか?」が詳しく書かれてあり、怒りを持つことは決して自分のためにはならないと教えてくれます。


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

怒りって本当に怖い。今もなお、怒りに苦しむことがあります。怒りから抜け出したいときには、『怒らないこと』の言葉を読むようにしています。穏やかなココロを保つのに役立ちます。

こうしてみると手帳に書いた名言は、自分のココロの変化がみてとれますね。今までの手帳を読み返し、どんな言葉に救われてきたかを知るのも面白いです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
ほぼ日の週間手帳2013年版を慌てて買いました
ほぼ日手帳2013オリジナルの使い方を書いてみます
ほぼ日手帳の年間インデックスの使い方
ほぼ日手帳1月の中身を公開
ほぼ日手帳の革カバー(オリーブグリーン)を6年ぶりに使っています
ほぼ日手帳はインクが乾きにくいので紙を挟んで使っています

コメント