2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

ほぼ日手帳の年間インデックスの使い方に悩んで、いろいろな例を参考にして考える

ほぼ日手帳の年間インデックス

ほぼ日手帳を使い始めて2ヶ月半が経ちました。まだ年間インデックスの使い方に悩んでいます。説明書の例やネットの記事を参考にして考えてみると、いろいろあるんですね。年間インデックスの使い方の例など紹介します。

スポンサーリンク

年間インデックスはどうやって使うの?

まずは、年間インデックスはどうやって使うの?
文字が書きにくいしな…
2013年もほぼ日WEEKSに決定!

おぉ!友達のプリン703さんも悩んでる。プリン703さんはほぼ日WEEKSを使っているようですが、年間インデックスで私と同じく悩んでいます。

2012年まで使っていた無印良品の手帳には、年間インデックスがありませんでした。
ほぼ日手帳2013オリジナルの中身を紹介しながら、今考えている使い方を書いてみますの記事では、「ここを上手く活用すると、2013年の目標達成ができそうな気がします」と書いたけれど……未だに思いつかない。

今、書いているのはこのぐらい。
息子の入学する高校は去年の年間行事予定をネットで公開しているので、年間インデックスに鉛筆で書き入れて、これからどんな行事が待っているかを知る目安にしています。

年間インデックスには自分のことではなく、子どもの年間行事予定を書いておくのもいいなと思いました。

スポンサーリンク

年間インデックスの使い方の例

ほぼ日手帳についていた説明書にも年間インデックスの使い方の例が挙げられていました。

ほぼ日手帳の説明書

説明書の例やネットの記事を参考にして考えてみると、いろんな使い方があるんですね。

  • 1日1ページの目次を書く
  • 体重の増減をグラフにする
  • ランニング走った距離をグラフにする
  • 毎日の献立を書く
  • 毎日の収支を書く
  • 買った物を書く
  • 読んだ本を書く
  • 観た映画を書く
  • 資格取得の勉強計画
  • プロジェクト管理をする
  • 毎日のコーディネートを書く
  • 友達の誕生日を書く
  • 感動した言葉を書く
  • ココロの動きをグラフにする

体重の増減を書くとダイエットの成果がわかる、毎日の献立を書くと栄養の偏りがわかる、毎日の収支を書くと家計簿になるといったように、自分の変化がわかりやすくなります。

また、年間インデックスは見開きで4ヶ月分あるから、先を見通せるのが特徴です。資格取得の計画を立てる時にも便利ですね。

一番ピピっときたのは、読書の記録

個人的に一番ピピっときたのは、読書の記録です。

R-styleのRashitaさんの記事。
ほぼ日手帳2012を読み返してみた

Home Maker Hus Bandのtojikojiさんの記事。

お二人の記事を読んで、私が毎日欠かさずしていることは読書だ!と思ったのですが、既に日記帳へは『今読んでいる本』を書いています。うーん、年間インデックスには『読み終わった本』を記録していくのもいいな、なんて考えてます。

記録にするのか?計画を立てるのか?自分に合った使い方を見つけたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
ほぼ日手帳1月の中身を公開
無印良品の切り取り線が作れるパンチで、ほぼ日手帳をパンチして失敗した原因

コメント