2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

あーっ、楽しい!描きたいことが描けるようになるハッピーラクガキライフ #happyrakugaki

ハッピーラクガキライフの最終課題

昨日、大人のためのラクガキ講座「ハッピーラクガキライフ 第2回ファーストステップ講座」に参加してきました。もともと講師のタムカイさんへの期待値は大きかったのですが、期待以上に描きたいことが描けるようになりました♪

[ad#upper]

誉めてもらえなくてもいい、ラクガキは私にとって価値があるのだ

ハッピーラクガキライフ

「ハッピーラクガキライフ 第2回ファーストステップ講座」に参加したきっかけはタムカイさんの記事を読んだからです。

私にとってイラストとラクガキはちょっと違うものだと捉えていて、ラクガキは完全に自分のためのものという認識で描いています。
「絵を描く楽しさを伝えたい」という思いから、ハッピーラクガキライフというイベントを開催してみました。 #happyrakugaki | タムカイズム

タムカイさんの言葉がココロにズキッときました。

一生懸命に描いたのに、誰からも誉めてもらえない、という経験はありませんか?私にはあります。「あーぁ、自分の描いた絵に価値がないんだ」と悲しくなることが何度もありました。

ほぼ日手帳にイラストを描くことが楽しくなってきて、少しでもステップアップしたいと思っていました。それは誰かに手帳を見せたときに「上手だね」「わぁ、かわいい」という誉め言葉を期待しているからです。

でも手帳というのは“自分だけが見られる空間”なのだから、“ラクガキも自分のために描く”のが当然なんですよね。誉めてもらえなくてもいい、ラクガキは私にとって価値があるのだと思ったら、ココロがスーッと楽になりました。もう悲しい思いをしなくてもいいのですから。

タムカイさんの記事に考えさせられ、「描きたいものをラクガキできるようになりたい!」と参加を決めたのです。

ハッピーラクガキライフ ファーストステップ講座(基礎編)

ハッピーラクガキライフ『タムカイさんの指導』

写真は講師のタムカイさんです。
ハッピーラクガキライフは、タムカイさんがお題を出す⇒参加者がラクガキする⇒出来上がったラクガキを見ながらタムカイさんがアドバイスをする、を繰り返します。今回は8つのお題が出ました。タムカイさんはたくさん指導してくださったのですが、書き切れないのでざっくりと紹介しますね。

※(基礎編)と書いていますが、私自身が苦戦したお題と分けるため勝手に「基礎編」としています。

ハッピーラクガキライフ『縦線と横線を描く』

お題1:縦線と横線を描く
A4のコピー用紙を4つに折って、縦線と横線を描きます。フリーハンドでこんなに長い線を描くのは滅多にないですよね。凸凹の線になってしまいました。直線って意外に難しい。タムカイさんのアドバイスは「横線を引くときは肩を横に動かしましょう」。

ハッピーラクガキライフ『円を描く』

お題2:円を描く
小さな丸から描き始め、どんどん丸を大きくして描いていきます。あぁ、丸も凸凹。きれいな丸を描くのは苦手だと判明。タムカイさんのアドバイスは「描き慣れていないと、横に大きくなるんですよ。肩をまわして描きましょう」。

ハッピーラクガキライフ『円を塗る』

お題3:円を塗る
500円玉くらいの円を5つ描き、中を塗ります。塗るのはスムーズにできました。タムカイさんのアドバイスは「線の向き、球を意識しましょう」。

ハッピーラクガキライフ『点と点を線でつなぐ』

お題4:点と点を線でつなぐ
2つの点を描いて線でつなぎ、線の名前をつけます。初めは直線などよくある線を描いていましたが、描いているうちに楽しくなってきってハートや町並み、ゾウ、犬、猫の線と遊び心の線も描きました。「このお題あたりから、『絵心なんてない』という人が工夫を始めるんですよ」とタムカイさんが笑顔でおっしゃてました。

ハッピーラクガキライフ『タムカイさんの指導』

ここまでは参加者のラクガキを前に集めて、タムカイさんが講評してくれます。初めは「みんなに見せるの~?」と恥かしかったのですが、すぐに恥ずかしさよりも他人の描いたラクガキから受ける刺激のほうが上回りました!他人のラクガキを見られる機会は貴重ですよね。

ハッピーラクガキライフ『顔の描き方』

お題5:顔の描き方
顔はすごい技がありました。口の5種類、目の5種類、まゆの4種類を組み合わせて、100通りの顔ができるそうです(上の紙)。思いつきで表情を描いてきましたが、こうして一覧にするとレパートリーがぐんと増えますね。タムカイさんは「いくつも描いていくうちに、お気に入りの顔が見つかりますよ」とおっしゃっていました。

ハッピーラクガキライフ『体の描き方』

お題6:体の描き方
タムカイさんは「よくある棒人間は手抜きに見えてしまいます。首を無くすだけでも変わってきます」とおっしゃっていました。私は体を描くのが苦手だったので、こんなにいろいろなポーズが描けて嬉しいです!

ハッピーラクガキライフ ファーストステップ講座(応用編)

ハッピーラクガキライフ『ストーリーを描く』

次は私が苦戦した応用編です。

お題7:ストーリーを描く
A4のコピー用紙の端に別の表情の顔を描きます。怒った顔と笑った顔など、できるだけ幅を持たせる表情が良いとのこと。私は左に困った顔、右に笑顔を描きました。

「じゃぁ、前の人と交換してください。左から右の表情になるように、出来事を描いていってください」とタムカイさんの声。

私の元へきたのは、左が笑顔、右が困っている顔です。

えーーーっ!私が描いたのと正反対。笑顔から困った顔になる出来事って何だろう?まったく思い浮かばない。呆然として固まってしまいました。

描く様子の無い私を見かねて、タムカイさんが「藍玉さん、とりあえず噴出しの形を描いてみたら?」と声を掛けてくださいました。

「噴出しだけでいいの?」と思いながら描くと不思議なことに、顔が何かを言いたくてウズウズしているような気がしました。「この子は何が嬉しいんだろう?何に困っているんだろう?」とより親しみを持って考えるようになったのです。

頭の中にあるキーワード、桜、3月、入学、卒業……が浮かんで交わり、あ!閃いた!

ハッピーラクガキライフ『ストーリーを描く』

笑顔は大学に合格したときの顔。サークルに入り、彼氏もできて楽しい出来事がつづく。でも3年生、4年生になると試験や就活が大変になる。4年後には卒業間近なのに就職が決まらなくて困る顔。

噴出しを描いた途端、するりとストーリーができました!タムカイさん、すごい!

ハッピーラクガキライフ『自由に線を描き、足していく』

お題8:自由に線を描き、足していく
最後のお題は自由に線を描き、ラクガキを足していいきます。何も考えずにのびのび描きます。なぜか私は丸を重ねて巨大なイモムシになりました。丸の初めは緊張している様子、いろいろ学んだこと、最後は楽しかった!です。

ハッピーラクガキライフの復習を手帳に描きました!

ハッピーラクガキライフの復習を手帳に書く

帰り際に主催チーム、明日やりますの奥野さんが「参加しただけではだめですよ。帰ってからも描きましょう」とおっしゃっていました。

帰宅後すぐ、手帳に向かってハッピーラクガキライフの復習を始めます。タムカイさんのお話を書きまくったメモ帳と、実際に描いた用紙を見比べながら、ポイントをまとめています。右端にはタムカイさんに教わった、ちょっと上を向いている顔を描いています♪

あーっ、楽しい!前よりも断然、描きたいことが描けるようになってる。

ハッピーラクガキライフに参加して良かったです。吸収することばかりで、3時間があっという間でした。タムカイさん、奥野さん、ありがとうございます。そして、同じ場で学んだみなさん、ありがとうございます。新しい繋がりができて嬉しいです!

第三回は4月13日開催。あ、もう申込がスタートしてます。
>>ハッピーラクガキライフ 第3回ファーストステップ講座

今後の日程については、タムカイさんのブログをチェックしてくださいね。
>>ハッピーラクガキライフ|人生をたのしくするラクガキ力講座
自分のためのラクガキを育てていきたい方にオススメです♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

[ad#after]

繋がっている記事
フリクションカラーズを買ったら、ほぼ日手帳のイラストがどんどん増えていく♪

関連記事


コメント

  1. yasai より:

    これはおもしろーい!!かわいいっ。自分で書けるってすごいですね。教科書の隅っこに書いていた落書きを思い出しました(笑)

  2. 藍玉@小林智子 より:

    yasaiさんへ

    コメントありがとうございます。
    ハッピーラクガキライフは楽しくて、ためになりましたよ。休憩時間が何度かあったのですが、1度だけ休憩しただけで私を含めみんな落書きに夢中になってました。

    教科書に落書きって学生時代を思い出しますね。見たこともないのにyasaiさんの制服姿まで思い浮かべてしまいました~♪