2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

中学生の書いた4行日記

小学生と間違えられる中学2年生

中学生の息子が4行日記を書き始めました。受験に必要な思考力・判断力・表現力を身につけるためです。4行日記に慣れると、読書感想文や作文にも応用できます。日記の書き方を紹介します。

スポンサーリンク

中学生になって日記を書き始めた理由

受験に必要な思考力・判断力・表現力を身につけるため

「神奈川県公立高等学校 入学者選抜制度改善方針」をみて、ドキリとしたのは「思考力・判断力・表現力等」という学力要素です。

「思考力・判断力・表現力」は息子がもっとも苦手とするところ。ふだん息子と接している中で、物事を考えて判断して表現している姿を思い出そうとしても、うーん見つからない……。

大人しい性格のせいか、感じたことを表現したり、自分で考えて提案したりすることも滅多にないんですよ。たとえば息子と話していると、私が一方的に話すばかりで、息子は「うん」、「そう」、「いいよ」ぐらいしか答えない。息子から大好きなお笑いの話をしてくることがあっても、話しが飛び飛びで意味が通じないこともある。文章で表現するのも苦手です。

今のままで大丈夫なの?

思考力・判断力・表現力は、生きていく上でも必要な力だと思っているので、息子の未来が心配になってきました。これらの力を身につけるには、まずは日記から始めるのがよいかな……と思い始めたのです。

読書感想文は苦手です

息子は小学生の頃から日記をつけています。文章に慣れるために始めたものの、「今日は体育でサッカーをした。面白かった」だけで終わってしまうような日記でした。事実の羅列で終わってしまうのです。

次に息子が苦手とする読書感想文を書かせました。ハリーポッターが大好きなので、今日読んだハリーポッターのページの感想を書くというものです。
息子が書いた読書感想文を読むと「ハリーは家から出ると路地に座って。ハリーは駅で汽車に乗って……」とあらすじをなぞるばかり。自分が感じたことをもっと増やして書いてと言ったら、「ハリーは泣いた。かわいそうだった。ロンは飛び出した。驚いた」とこれも日記の延長になっていました。

あぁ、参った……と諦めかけたときに、ふっと思いついたのが、私が書いている4行日記です。

スポンサーリンク

中学生の息子の4行日記の書き方

4行日記でシンプルに書いてみる

以前、ayanさんのブログで、問いかけが大切だと感じる記事がありました。
こんな「問いかけ」をしたら読書感想文が上手に書けた!

息子の文章は「面白かった」、「かわいそうだった」と感じる言葉はあっても、どんなふうに面白かったのか?(説明)、なぜそう感じたのか?(理由)の言葉が足りないと思うのです。おそらく感じることはできていても、「なぜ自分はそう感じたのだろう?」という問いかけができていないのだと思います。

私の書いている4行日記はこのように自分へ質問をしていきます。

  • 【1.出来事】どんな出来事がありましたか?
  • 【2.発見】出来事の中から、発見したことは何ですか?
  • 【3.目標】発見したことから、どんな目標を立てましたか?
  • 【4.未来】目標を達成するとどんな変化が起こりますか?

4行日記は強く感じたことを発見として具体化できるため、息子もチャレンジしてみる価値はあると思いました。4行だけのシンプルな日記ですから、息子も取り組みやすいはず。

4行日記の書き始め

息子は、昨年の12月から4行日記を書き始めました。こちらは4行日記を書き始めた頃のものです。

ある日の4行日記
【出来事】大掃除をした。
【発見】掃除をすると気持ちよくなる。
【目標】掃除をしてみたくなった。
【未来】仲間が増えて、モテて、かっこよく見える。

【目標】と【未来】との繋がりがわからないので、「なぜ、掃除をしてみたくなると、モテるの?」と私が赤字で質問を書きます。息子はしばらく考えて言葉を日記に書き足していきます。このように、読んでいる人がわからない点を質問していくと、少しずつ4行日記が変わっていきました。

意味が繋がるようになった4行日記

3週間後の4行日記はこちらです。

3週間後の4行日記
【出来事】国語の1分間スピーチでとても緊張した。
【発見】こんなに緊張してしまうと、受験の面接でまずい。
【目標】緊張をおさえるために、知らない人でも積極的に話す。
【未来】誰とでも話せると友達が増えて、質問なども気軽にできる。人見知りも克服できる。

【出来事】、【発見】、【目標】、【未来】の意味が繋がるようになりました。読んでいる私も理解しやすくなり、質問も減りました。毎日、日記を書く前に「うーん」と考え込む息子をみていると、にんまりします。

4行日記に慣れると、思考力・判断力・表現力も伸びていくはず。また、読書感想文や作文にも応用できますね。

繋がっている記事
4行日記を意識して記事を書く

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


コメント