2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

藍玉の手帳歴(2)「超」整理手帳2009の使い方

「超」整理手帳の中身

2009年は「超」整理手帳2009を選びました。「超」整理手帳は2007年から使ってきたのですが、初めて手に取ってみて出た言葉は「うわ、薄いっ」。バックにさっと入って、さっと出せる。携帯性は抜群です。

2009年は「超」整理手帳2009でした

[ad#upper]

「超」整理手帳の魅力は?

「超」整理手帳は野口悠紀雄さんが考案した手帳です。
スケジュールシートがジャバラ式に広がる、自作のA4資料が挟める、リフィルが専用サイトでダウンロードできるなど、機能性に優れています。また、個人的には細長くて、薄い点が気に入っています。

「超」整理手帳2009の中身

「超」整理手帳2009にはこちらのものがセットになっていました。

「超」整理手帳2009にセットされていたもの

・スケジュール・シート
・TO-DOリスト
・アイデアメモ
・カンガルー・ホルダ
・カンガルー・ルーラー
・手帳ホルダ
・「超」整理手帳の使い方(説明書)
・2年間カレンダー

セットの中からいくつかピックアップして、簡単に「超」整理手帳2009の使い方の説明をしていきます。

スケジュール・シート

スケジュール・シート

スケジュール・シートは8週間分で1シートです。4つのシートが付いていて、1年分になります。私は携帯性を優先しているので、1シートだけ持ち歩いてます。

私が手帳を選ぶときに気になったのは、「何月何日から始まるか」という点です。違う手帳に乗り換えるときは現物を見て、開始時期を確かめていました。2009年版のスケジュール・シートは2008年11月10日(月)で始まり、2010年1月31日(日)で終わりました。

TO-DOリスト

TO-DOリスト

細長いグリーンのノートです。月、日、todo、checkの欄があります。名前の通りTO-DOリストを記入して、処理していきます。

アイデアメモ

アイデアメモ

アイデアメモは、A7サイズと小さめなブルーのノートです。方眼ノートなので、走り書きも気になりません。
私はアイデアメモを使っていません。スケジュール・シートとサイズが異なるため、厚みが出てしまい、書くときの段差が気になるからです。アイデアメモの代わりに、A4の白紙をカンガルー・ホルダに入れて、とっさのメモ代わりにしてます。

カンガルー・ホルダとカンガルー・ルーラー

カンガルー・ホルダとカンガルー・ルーラー

カンガルー・ホルダはA4の用紙を4つに折りたたんで、差し込みます。資料を収納できるので、「超」整理手帳の大きな魅力になっています。

カンガルー・ルーラーは定規です。薄くてやわらかいため、平らな場所に置いて、線を引くようにしています。
カンガルー・ホルダに差し込めるリフィルは、こちらからダウンロードできます。スケジュール管理に役立つリフィルが多く、とても便利です。
「超」整理手帳のウェブ限定リフィル

手帳ホルダ

手帳ホルダ

手帳ホルダは手帳カバーのことです。いろいろな色の手帳ホルダがあって、2009年版は黒・紺・茶・チェリー・オレンジ・クリアの6色がありました。
私は今までブルー系の手帳ホルダを選んでいたのですが、2009年版はクリアを選んでみました。クリアはビニール製の透明のカバーです。

ビニール製の透明のカバー

さっそく、和風にしてみました。こんな風に着せ替えが楽しめるのは、遊び心があっていいですね。クリアは左側のポケットがジッパー付きになってる!これは便利でした。

購入はこちらから>> 「超」整理手帳:Amazon

※当記事は藍玉ブログから移動し、加筆修正したものです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

繋がっている記事
ヒルナンデスで小林智子が取り上げた手帳を紹介します
手帳歴(4)2011年も「超」整理手帳2011を選びました
藍玉の手帳歴(3)「超」整理手帳カバーはイームズのスモールドットドキュメント・リバース

コメント