2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

文具女子博2018レポート!手帳とノートに偏っています

文具女子博2018

日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の内覧会へ行ってきました。私は初めての参加でドキドキ&ワクワクの時間を過ごしながら、戦利品もGETできました!手帳とノートを中心にレポートします♪

スポンサーリンク

「文具女子博」は文具をその場で見て触って、しかも買える!イベント

文具女子博2018

「文具女子博」とは、文具メーカーや文具店など120社以上が一堂に集い、文具をその場で見て触って、しかも買える!イベントです。初開催だった昨年は大人気だったんですよね。公式サイトによると、3日間で2万5千人を動員したとか。

今年は内覧会にご招待いただいたのですが、「手帳は好きだけど文具全般は詳しくないし、私なんかでいいのかな?」と、しばし悩んでいたのです。

「きっと私にお声を掛けていただいたのは、手帳やノート中心でいいよ」という意味だと勝手に解釈して、そわそわしながら会場へ向かいました。

スポンサーリンク

かなり手帳とノートに偏った文具女子博2018のレポート

……という訳で手帳とノートに偏った文具女子博のレポートをお送りします♪

ダイゴー株式会社のブース

文具女子博2018のダイゴーのブース

一番目に回ったのはダイゴーさんのブースです。

ダイゴーの「すぐログ」

ステーショナリーディレクター 土橋正さん監修の「フレームマンスリー手帳」の実物を見たかったのですが、見当たらなくて残念!でも、土橋正さんの企画・監修による、鉛筆付き手帳「すぐログ」はありました♪

ダイゴーの「プラマス」

ぐぐっと惹かれたのは、「プラマス」です。プラマスはスケジュールを書き込めて、切り取れるマスキングテープ。タイムスケジュール・デイリースケジュール・タスクリストとして使え、ノートが手帳に早変わりします。書き込めるし、手で切り離せるなんて、よくできたマステです。お試しもさせてもらって、すっごく気に入りました♪

ダイゴーのアニバーサリー手帳

うひょ!と手に取ったのは、「アニバーサリー手帳」です。1~12の数字が入っている手帳と、1~31の入った鉛筆を組み合わせて、特別な日にプレゼントできるんですよ。別売りのプレゼント用ボックスに書かれたメッセージをみたら、とってもかわいい。お値段も手頃だし、プチギフトにぴったりです。

PAGEM(ペイジェム)のブース

文具女子博2018のPAGEM(ペイジェム)のブース

「オリジナル手帳を作ろう!」と言われたら「もちろん!」と答えます。一番楽しみにしていたPAGEM(ペイジェム)さんのブースです。カバーと栞を自由に選んで、世界に1つだけの手帳を作れます。

ペイジェム カスタムダイアリーの作り方

ペイジェム カスタムダイアリーの作り方は簡単です。スタッフさんに実演していただきました。

ペイジェム カスタムダイアリーの紙カバー

1.好きな紙カバーを5枚選ぶ
カラフルな30色から5色を選べます。

ペイジェム カスタムダイアリーに栞をつける

2.栞紐を1~2本選んで好きな長さにカットする
3.栞紐を製本テープで貼る

ペイジェム カスタムダイアリーに紙カバーを入れる

4.紙カバー1枚とダイアリーをビニールカバーに入れる

藍玉のペイジェム カスタムダイアリー
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

完成したペイジェム カスタムダイアリーと記念写真♪ありがとうございました!

スポンサーリンク

クオバディス・ジャパン株式会社のブース

文具女子博2018のクオバディス・ジャパンのブース
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

次はクオバディス・ジャパンさんのブースで手帳探しです。バレットジャーナル向けに開発された新シリーズ「クオバディス ライフジャーナル インフィニット A5」の説明をしてもらいました。

クオバディス ライフジャーナル インフィニット A5

インフィニットは、あらかじめフォーマットが印刷されています。
写真はマンスリーフレームです。

クオバディス ライフジャーナル インフィニット A5

マンスリーフレームの書き込み例です

クオバディス ライフジャーナル インフィニット A5

ウィークリーフレームです。

クオバディス ライフジャーナル インフィニット A5

ウィークリーフレームの書き込み例です。
書き込むとバレットジャーナルになってる!書き込む前と後ではガラッと変わりますね。

クオバディス ライフジャーナル インフィニットはフランス語表記

フランス語表記もオシャレです。
バレットジャーナルは書くのが大変で……と思っていた私も、インフィニットなら気軽にチャレンジできそう♪

ロディアのゴールブック

バレットジャーナルにも最適なロディアのゴールブックも人気だそうです。

新日本カレンダー株式会社のブース

文具女子博2018の新日本カレンダーのブース

新日本カレンダーさんのブースで、ずっと欲しかった365notebookを発見!日めくりカレンダーに使われる純白紙で作ったノートです。即買っちゃいました!

文具女子博2018の新日本カレンダーのブース
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

「365notebook_A6サイズ以上お買い上げでericさんの文具女子博限定はんこを捺して完成するスペシャル下敷きをGet」のツイートを読んでいたので、スタッフのKさんにポンっと押していただきました。

ericさんの文具女子博限定はんこを捺して完成するスペシャル下敷き

スペシャル下敷きの完成品はこちら。嬉しいなぁ♪今日は365notebookを買えてラッキーでした。

アートプリントジャパンのブース

文具女子博2018のアートプリントジャパンのブース
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

アートプリントジャパンさんのブースでは、スタディスケジュールプランナーの説明をしていただきました。

スタディスケジュールプランナーのスヌーピー

スタディスケジュールプランナーは勉強計画を立てるのに役立つ手帳です。SNSでよく見かけるんですけど、カラフルで可愛く書かれているんですよ。私が学生の頃にあったら、楽しく勉強できたのになぁ、と羨ましくなる~。

スタディスケジュールプランナーのスヌーピー

スヌーピー版は表紙だけでなく、中身にもスヌーピーが登場しています。資格取得の勉強をするときに使ってみたいな~♪

ミドリのブース

文具女子博2018のミドリのブース
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

オジサン柄の手帳が人気のミドリさんのブースです。

ペイントダイアリー2019

わわわ~!「ペイントダイアリー」という素敵な手帳を見つけました。
ペイントダイアリーは、自分の予定に合わせて日付を塗ってカスタマイズを楽しめる手帳です。

ペイントダイアリー2019

日付の横にある○印を色分けしてタスク管理をしたり、日付枠の下部分を塗って長期の予定を書いたりと面白い工夫があります。

ペイントダイアリー2019

付録はバレットジャーナルで人気の本や映画を記録するページがあります。

ペイントダイアリー2019

たっぷり収納できるポーチもついています。
ペイントダイアリーはカスタマイズを楽しめるし、バレットジャーナルを意識した手帳ですね。

T.S(テーエス)のブース

文具女子博2018のT.S(テーエス)のブース

T.S(テーエス)さんのブースで、カスタマイズするノート「6Cプラス」を見てきました。やさしい色使いのリフィール、カバー、バンド、ペンケースが揃っています。「こんな淡い色を使ってみたいけど、汚れちゃうからな」と敬遠してきたけれど、スタッフさんの話では「例えば白だったら、ちょっとした汚れは消しゴムで消せるんですよ」とのこと。目から鱗でした!

6Cプラスのノート

ノートの糸綴じは同じ色を使うというこだわりが。

6Cプラスのバンド

バンドもカラフルです。同じ色で合わせがちなんですけど、洋服のコーディネートのように別の色を組み合わせると新鮮です♪

デルフォニックスのブース

文具女子博2018のデルフォニックスのブース
※写真はスタッフさんの許可を得て掲載しています

最後はデルフォニックスのブースに慌てて駆け込む。限定のロルバーンを手に入れたかったからです。でも、もう終了間際。イラストレーター mizutamaさんとコラボレーションしたロルバーンは売り切れでした。残っていたライトピンクの「いちご柄」ロルバーンをギリギリGETできてよかった~♪

スポンサーリンク

文具女子博2018の戦利品

文具女子博2018の戦利品

内覧会は2時間だったのですが、30分間はレジの行列に並びました。ブースを回ったのは1時間半弱ぐらい。やっと買えた戦利品はこちらです。

ミドリのボトル入りP-51クリップス

ミドリのボトル入りP-51クリップス。文具女子博の限定アイテムです。

ペイジェム カスタムダイアリー

ペイジェム カスタムダイアリー。

365notebookのA6 桜

365notebookのA6サイズの桜。

「いちご柄」ロルバーン

「いちご柄」ロルバーン。文具女子博限の「ライトピンク」です。

戦利品を並べてみるとピンクばかり。女性ホルモンを増やして~という心の叫びが表れているのかも。

スポンサーリンク

文具女子博2018の開催概要

・開催日
2018年12月14日(金) 10:00~17:00(最終入場16:00)
2018年12月15日(土) 10:00~17:00(最終入場16:00)
2018年12月16日(日) 10:00~16:00(最終入場15:00)

・会場
東京流通センター 第二展示場 Eホール・Fホール
東京都大田区平和島6-1-1

・入場料
500円(税込)※小学生以下無料
※男性も入場できます。

詳細は公式サイトをご覧ください。
>>文具女子博

文具が好きな女性向けのイベントですが、男性の方も入場できますし、こだわりの文具も多いので楽しめると思います♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

関連記事


繋がっている記事
「ロフトの手帳展示会」トークイベントに登壇しました!手帳の未来はどうなる?

コメント