2019年版の手帳アンケートにご回答ください♪

自分への宿題「1ヶ月間、毎日更新」

自分へ宿題を出す

抱負に書いた『とにかく動かす』の中で、優先的にやりたいのは手を動かすことです。

手を動かして文章をたくさん書くようにする。そうして、文章への苦手意識をとりはらいたいのです。

記事を書こうとするときに、ため息まじりに出てしまうのは、「ふーっ、文章は苦手だなぁ」という口癖。子供の頃から文章への苦手意識があって、今も書く時間が長いです。

[ad#upper]

文章上達のためには、書く回数を増やすべし!

文章上達のためには、書く回数を増やすべし!とわかっていても、なかなか取り掛かることができませんでした。でも、これから仕事で文章を書く機会は増えていくし、なんとか書く技術を向上させたい。また、苦手なことにチャレンジするのは、のびしろが大きい分、新しい発見があると思うのです。

友達のかん吉さんの記事で、「ブログ100本ノック」と書いていたことを思い出しました。

文章作成を訓練するために、今月(2009.9月)は一日ひと記事ペースで、ブログを更新していくことにしました。
ブログ100本ノック開始:わかったブログ

かん吉さんは頑張り抜きました。「自分の限界を引き出せた」と後の記事に書かれていて、毎日更新の効果はすごいと思ったのでした。

2012年1月は毎日更新が宿題

私も文章上達のために、自分へ宿題を出します!

2012年1月は毎日更新が宿題!

宿題の目的はこちらです。

  • 文章への苦手意識を軽減すること
  • 文章を早く書けるようになること
  • 記事を書く習慣を身につけること

と記事に書きながら、うわーっ、大丈夫かなとビクビクします。

自分をほめて、毎日更新への不安を取り除く

毎日更新をしているブログはたくさんありますが、1ヶ月に数回しか更新できていなかった私にとって、とても大きな宿題です。

毎日更新か……。
こんな宿題が達成できるのか、正直不安です。

心構えとしては、1日書いてみる。書いた自分をほめてあげる。2日目、3日目も書いてみる。3日書けたら、また自分をほめてあげる。これを繰り返します。

もし、どうしても書けない日があったら、次の日から始めればいい。

そこで止めてしまうと、「私はやっぱりダメだ」と自己嫌悪におちいってしまい、文章上達への道のりはさらに遠くなってしまうと思うのです。

1ヶ月という期間は、自分へのわかりやすい目安というだけです。達成したいことは、とにかく書くこと。どんな自分でもほめてあげることが大切ですね。

「記事はこうあるべき」から解放する

さらに宿題を出すことへの後押しとなったのは、新井ユウコさんの言葉でした。文章術で検索したときに出合った記事です。

短い記事も1本は1本、と思って書き上げ、公開する
【文章術】ブログを書くことと友達になる【ブロガーハック 2/10】:ブロガーハックBusidea

記事を書こうと思っても、記事はこうあるべきという思いにとらわれて、書けなくなっていました。自分自身を縛りつけてしまうのです。

短い記事でも1本!と思えれば、毎日更新でも気が楽になります。
新井ユウコさんの言葉で、すーっと、ココロが楽になりました。ありがとうございます。

まだ不安は拭いきれないけれど、自分への宿題にワクワクしてきました。自分を励ましながら、記事を楽しんで書いていきます。よろしくお願いします。

繋がっている記事
自分への宿題「1ヶ月間、毎日更新」の途中報告
毎日更新を加速させる仲間の存在
自分への宿題「1ヶ月間、毎日更新」の成果

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
[ad#after]

コメント