Home » 書く習慣

縦書きに挑戦!一目惚れした『当用日記』を紹介します

2014 年 2 月 5 日
LINEで送る
Pocket

小型当用日記

博文館新社の当用日記を一目惚れして買いました。いかにも日本らしい日記帳で、大人になって初めての縦書きに挑戦します。ほぼ日手帳プランナーとセットで使って和と洋を毎日楽しみます♪

スポンサードリンク


当用日記に惹かれたのは“いかにも日本らしい日記”だったから

博文館新社の当用日記

昨年の秋のことです。書店で手帳を見ていたら、隣の棚に初めて見る日記帳がありました。商品名は「小型当用日記<上製>」で定価は税込1,491円です。「A6サイズの日記があるんだ~」と軽い気持ちで手に取ったら、するりと赤い表紙が出てきました。

当用日記の赤い表紙

なんて鮮やかな赤なんだろう。まぶしくて心臓がドキドキする。布表紙のぬくもりが手にやさしく伝わってくる。

レトロな装丁を見て、子どもの頃を思い出すような懐かしい気持ちが溢れてきました。この瞬間に一目惚れ♪

当用日記の背表紙

背表紙の文字はノスタルジーの漂うフォントになっています。なんと日記のページも“縦書き”です!今は縦書き自体が珍しいですよね。縦書きとなると、ぴんと背筋を伸ばして書かねば。後で知ったのですが、当用日記を作っている博文館は、明治時代に日本で初めて日記を発売したそう。だから日本を感じさせる作りになっているのか、なるほど~!

「もう離せない!」と抱えるようにして買ってから、暇があると当用日記を触ってはニヤニヤする毎日です。こんなに惹かれる理由が不思議でした。考えてみると、その理由は夏に行った台湾旅行にあるようです。

ガイドさんは観光地だけでなく、バスの中でも“台湾そのもの”を教えてくれました。台湾の文化から歴史、日常生活まで面白おかしく話します。
JTB旅物語の台湾ツアーの現地係員(ガイド)さんとバスの中

行く先々で台湾の人達は文化を大切にしていました。帰国してから「私は日本のことをどれだけ語れるのだろう?」と思ったんです。日本人でありながら、日本の文化に疎い、日本らしいものを意識したこともない。このままでいいのかと思い始めました。海外に行ったことで、もっともっと日本の文化や歴史に触れたくなったのです。

当用日記に惹かれたのは“いかにも日本らしい日記帳”だったからで、縦書きに挑戦して日本の文化を日常に取り入れようと思ったからです。偶然の出合いに感謝です♪

では気になる当用日記の中身を紹介しますね。

当用日記2014年の中身

当用日記2014年の中身

表紙を開くと小鳥と木の絵があって、ほのぼのします。

杉浦範茂さんの絵

次は児童文学の挿絵を担当されている杉浦範茂さんの絵があります。装幀も杉浦範茂さんだそうです。

当用日記の年間カレンダー

こちらは年間カレンダーで、2014年だけでした。
左のページは平成26年の略暦があり、「節気」「雑節」「五節句」「年中行事」「新暦旧暦対照表」などが載っています。

その次のページからは「日出入」「潮汐」「朔弦望」「霜・雪平均日」「日食・月食など」がありました。

当用日記の月間カレンダー

右のページは「世界各地の標準時」です。
左のページから月間カレンダーが始まります。2014年1月から12月までの12ヶ月です。日付の下に曜日、六輝(六曜)、祝日があります。日曜日、祝日などの休日は赤字になっていません。

当用日記の1日1ページ

こちらから日記のページが始まって、2014年1月1日から12月31日まであります。
各月の始まりには「節季」「月相」「季語」「天気日数・湿度・気温」「行事・記念日」があります。

日記をつけるのは1日1ページになっていて、上の段に月日、曜日があり、摘記や天気を記入できます(※摘記とは要点を抜き出して書くことです)。欄外に月の満ち欠け、行事・記念日なども載っています。こちらも日曜日、祝日などの休日は赤字になっていませんでした。

当用日記の1日1ページ

日記ページの欄外にココロを打つ名言も載っていました。綴じ目に近いので邪魔にならず、今日は何の名言だろう?と楽しみにもなります。

当用日記の補遺ページ

こちらは補遺ページです。聞きなれない言葉なのですが、補遺とは書き漏らしたことを後から書き足すことのようです。

当用日記の購書目録

その他にも「購書目録」「家庭ノート」「手控」「贈答品控」「諸関係払込控」「重要記録」「住所録」など覚えておきたいことを記入できるページがあります。

当用日記の日本地図

当用日記は付録が満載です。「世界各国要覧抄」「行政区分地図」「旧日本国名地図」「常用漢字表」「万年暦」「度量衡比較換算表」「満年齢表」がありました。

当用日記の赤いしおり

しおりはオレンジ色です。

いかがでしたか?
日本らしさ満載で、付録も一味違いますね。ほぼ日手帳プランナーとセットで使って、和と洋を程よく味わっていきます♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
スポンサードリンク


繋がっている記事
2012年の日記術やメモ帳など書く習慣まとめ 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

2 Comments »

  • たいく~ん said:

    縦書きって手が汚れませんか?

  • 藍玉@小林智子 (author) said:

    たいく~んさんへ

    コメントありがとうございます。
    縦書きは手が汚れますよね。インクの乾き具合をみながら、休み休み書くようにしています♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload