Home » 手帳の使い方インタビュー, 手帳術(時間管理)

手帳の使い方インタビュー#59 Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

2016 年 5 月 5 日
LINEで送る
Pocket

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

手帳の使い方』インタビュー第59回目はUさんです。2016年の手帳は、トラベラーズノートのブルーエディションに決めたそう。Uさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサードリンク


Uさんのプロフィール

  • HN:Uです。ゆーでもゆうでもお好きにどーぞ!
  • 年齢:20代半ば。お肌の曲がり角突入です。すでに砂漠化が進んでおります。アマゾンになりたい。
  • 仕事:会社員。元々は美容師でしたが始発終電勤務、休憩5分、月1休、に身体が悲鳴をあげドロップアウト。いまはゆとりだらけの職場でゆるゆる働いてます。
  • 運営ブログ:U notes

ブログは手帳とは無関係な写真をぽつぽつ載せてくところにしてます。手帳関係はインスタさんにお世話になってます。(サイトからも見れます。)

―Uさんの自己紹介

はじめましてこんにちはこんばんは。Uです。だらりだらりと北国で過ごしてます。
俳優にハマり毎月飛行機に乗る生活をしているため、最近の主な悩みはあの鼓膜が変になるのがなかなかうまく治せないことです。あと遠征先のごはんがおいしくて肥えていくことです。楽な痩せ方知ってる方いたらぜひご連絡ください!!!

Uさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2016年の手帳は何を選びましたか?

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

トラベラーズノートのブルーエディション。
カバーを買ったのがだいぶ前なので金額は不明です。購入店舗は地元のセントラル。(全国区でしょうか?文房具屋さんです。)

そこに通常時は無罫リフィル2冊とマンスリー、クラフトファイルとジッパーのファイルを入れて使ってます。観劇しに飛ぶときは観劇用リフィルも追加されます。

―『トラベラーズノートのブルーエディション』に決めた理由は?

元々トラベラーズノートの存在だけは知っていました。が、革の色が苦手でして。なんとなく避けてました。

春頃になんとなくトラベラーズノートのサイトを見るとブルーエディションを見つけたので現物を見に行こうと各大型店舗にいくも時すでに遅くどこにもなかったんです。そのときは別の手帳を使っていたので買ってもまあ手にあまるだろうと深追いはしませんでした。

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

それが秋頃にたまたまワゴンにつまれているのを見つけ現物を見ることが出来まして。実は見つける前の夏頃に某俳優(ネスカフェさんのCMに出てる方)にハマっておりまして、私の中の彼のイメージカラーが青だったんです。もうそうなるとですね、とりあえず買っとこう!手帳にならずともメモ書きノートにはなるだろう、と深く考えずにレジに持って行きました。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

2009~2014はほぼ日ユーザーでした。ちゃんと使ってたのは最後の数年。
さばおさんのブログを見るまでは、買った漫画のタイトルをメモするだけのノートでした。写真やマステでデコるという作業は目から鱗で。元々趣味で写真を撮っていたので、貼ったら可視化が進むな、と実践してました。が、美容師になるとまあ書くことも書く時間もなくて。

インクの乾きの遅さがずっとネックだったのと、転職しても結局毎日書くネタはない→楽しいことがあったら日付をまたいでしまう→つぶしてしまった日に書きたいことがある→またズレるのが嫌になってしまって、ほぼ日から離れました。

2015年は適当なマンスリーとウィークリーついてる手帳でした。ウィークリーが見開き左側メモが右側にある変形A5を利用しておりこのメモが便利で。ただウィークリーは使用しないな、という部分とメモが足りない週もあり。

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

そんな時にトラベラーズノートのブルーエディションを購入していたのを思い出して2016のマンスリーが出たら乗り換えようと決めました。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

つねに試行錯誤です。
ありがたい事にまわりのユーザーさんが使い心地を教えてくださったり、触らせてくださったり(紙の質感が苦手だと気付いたため購入前にEDiTはえらびませんでした)大きな失敗はない気がします。しいていうならばほぼ日時代にイラストを描いたとき主線に使用したペンが他の用紙であれば半日も放置すれば乾いていたので乾いたと思って消しゴムをかけて→主線が伸びる、ということがよく起きてたくらい。

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

Uさん×トラベラーズノート「旅行リフィル」

スケジュール管理と記録。
スマホが普及する前から手帳でスケジュール管理をしていたので、ないとやはり不安になります。事前に調べた乗り換え案内などはアプリに入れて時系列順にある程度まとめてます。タイムスケジュールがきつきつな事が結構多くて。

たとえば今回の遠征初日。飛行機に乗り、都内に入るのが昼頃で美容室の予約は15時から。19時からは観劇だけど物販は18時からだからその前につきたい。その隙間で下北沢で買い物もしたい!という思いがあったので移動時間を調べ数経路貼ってます。こういう細かい所は手帳に書くとごちゃつくので書かないです。

手帳があれば、いつどこでなにをしたか思い出しやすいなあ、と思うし思い出しやすくしたいのでそういう「なにかをするための必要手順」は書いてないです。イレギュラーがおきればかきますけど。仕事の往復で何分のに乗ったとか毎日はかかないじゃないですか。それとおなじ。

Uさん×トラベラーズノート

ほかには観劇の記録も手帳に落としているのでツイッターのログを見なくていいのが楽ですね。

Uさん×トラベラーズノート「旅行リフィル」

あとは、出歩くきっかけが増えました。たとえば先日雪まつりに行ったんですけど、会社から近いのもあったのですが例年ならイモ洗い状態なので避けていたのですが、今年はまあネタになるだろうと行きました。ほぼ日だと貼れる写真の数に限界がありましたが、トラベラーズノートだとないので、とりあえず行ってネタを拾おうみたいな感じにはなりますね。

―手帳をいつ開きますか?

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

書くのはその日の事もあれば数日後に思い出して書くこともあります。マンスリーはユニのゲルインクなのでどこでも書けるのですが、メモの方は万年筆なのでインク残量を確認して、もし途中で切れそうならば携帯にメモだけ打って後で書き直します。

Uさん愛用のペン

トラベラーズノートのいいところは万年筆で書いてもすぐ乾くところ。手で擦る心配がなく、すぐ閉じても向いのページにインクがつかないのでインクさえ入っていればどこででも書きます。

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

あとは手帳自体は持ち歩いているので、暇なときとかは眺めたり、ファイルの中にいれてる写真を見てにやついたりしてます。

―どんな風に手帳を使っていますか?

Uさんのトラベラーズノート「年間スケジュール」

巻頭の年間スケジュールには、気になる公演の日程を書いてます。チケットが取れればマンスリーに時間も書きますがすぐにチケットが取れるわけでもなく、また取れたとしても他の日程の当日券も欲しい時があるので公演日程だけは書いておいてそれにあわせて飛行機の日程も取ります。

青は好きな俳優がでる舞台、茶色は出ないけど気になる舞台です。舞台って基本的に都内での公演なので同じ月に何種類か重なると休みも取りにくいため、重なっているか確認するために大まかな公演地域も書いてます。

Uさんのトラベラーズノート「マンスリー」

マンスリーには決まった予定を直接書き、まだ未定だけど参加したいものは日時と内容を書いた付箋を貼っています。

Uさん×トラベラーズノート

あとは俳優のファンイベで2ショットでチェキが撮れることがあるんですけど、それを焼き直ししたものをファイルに入れてます。お仕事でつらいときとかに開いては「稼げば会える!」と思い出し日銭を稼ぎに戻ります。

―手帳のことで悩みはありますか?

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

しいていうならリフィルが2冊を超えるとカバーからはみ出すこと。なんとなく嫌なので、無罫線リフィルのうちの1冊は連結バンドでは挟まずに、ただそのまま挟み込んでます。
あと1/2の厚さのリフィルがでてますが罫線ありverがないので出来れば出して欲しいです。

あとは路線図が元々付いていないこと。
スマホの電池には限りがあるのでなるべく路線図を自分で見たい、というのと開演前や移動日に行きたい所があっても効率のいい回り方をすぐに確認するにはやはり欲しいところですね。実際の乗り換え案内はスマホで見て回る順番は紙で確認したい。DLかなにかにあるみたいなんですけどコピーするのをいつも忘れてしまいます。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

Uさん×トラベラーズノート(ブルーエディション)

ルールをガチガチに決めない。
ふわっとは決めてますけど(統一感のために)イレギュラーだらけ。たとえばマンスリーページだったら四角のマス目の中の上下左右どこになにを書くか、はあまりしっかり決めないで使い始めていて、なんとなく日付の横にはすきな俳優さんがブログを更新したらそれを書いたり。これで次の更新タイミング読みやすくなったのが助かりました。

仕事がシフト制なんですけどこれに関しては前は全部書き込んだりしてましたが、今はシフトボードというアプリに管理してもらって、休みの日にシールを貼る程度にとどめています。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

自身の、というのはもちろんですがいつか何かあったときや将来に自分はこんなことをしていたのかとわかる材料になればなーと思ってます。


スポンサードリンク


**********

藍玉@小林智子の似顔絵イラスト<藍玉より>長年愛用してきたほぼ日手帳から、トラベラーズノートへ切り替えたUさん。私はトラベラーズノートはもっぱら旅行用に使っていまして、Uさんの普段使いがとても参考になりました。トモエリバーのインクの乾きの遅さは、もどかしさを感じるときがありますよね。トラベラーズノートは万年筆でもすぐに乾くと知って、ストレスなく書けるのはいいいな~と思いました。日によってたくさん書きたいときや書くことがないときがあっても、無罫リフィルなら日付を気にせず気分に合わせて書けるのも嬉しいですね。

Uさんは手帳とスマホのアプリを組み合わせて効率的に管理されています。乗り換え案内や仕事のシフトはアプリに任せて、公演の日程などのスケジュールは手帳で管理する。役割を分けることによって、より手帳が見やすくなりますね。私は何でも手帳に書いて見づらくなってしまうので、Uさんのようにアプリも活用したいと思いました!

「なんとなく日付の横にはすきな俳優さんがブログを更新したらそれを書いたり。これで次の更新タイミング読みやすくなったのが助かりました」とおっしゃるUさん。ルールをガチガチに決めないことで、新しい使い方が見つかるのですね。これからもUさんの伸びやかな手帳の使い方を見習っていきたいです♪Uさん、ご回答ありがとうございました!

※インタビューに協力してくださる方を募集中です。詳細はこちらから♪
>>手帳の使い方インタビュー2016年版をスタート!回答者を募集中です

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサードリンク


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#58 りおっちさん×ほぼ日手帳オリジナル×MDノート新書サイズ 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload