Home » 手帳の使い方インタビュー, 手帳術(時間管理)

手帳の使い方インタビュー#52 aiさん×トラベラーズノート

2016 年 3 月 17 日
LINEで送る
Pocket

aiさんのトラベラーズノート2016

手帳の使い方』インタビュー第52回目はaiさんです。2016年の手帳は、トラベラーズノートに決めたそう。aiさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサードリンク


aiさんのプロフィール

―aiさんの自己紹介

フリーランス・ライターとして書く仕事をずっと続けています。
好きなモノは漫画と映画と音楽。趣味はヴァイオリンで、アマチュアオーケストラでの演奏活動もしています。

手帳というファブリックそのものも好きなので、愛用する手帳以外のものをついついチェックしてしまいます。毎年、来年の手帳が販売されるシーズンは、ついつい手帳売り場に長居してしまいますし、書店で手帳特集の本を見ると、チェックせずにいられないですね。

aiさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2016年の手帳は何を選びましたか?

aiさん×トラベラーズノート「月間ダイアリー」「週間+メモ」

ミドリのトラベラーズノートのダイアリー2016
月間ダイアリー(864円)をロフト、週間+メモ(1,944円)をトラベラーズファクトリー(目黒)で購入しました。

―『トラベラーズノート』に決めた理由は?

aiさんのトラベラーズノート

ブログでおすすめしている方がいて、トラベラーズノートに興味を持ちました。その後、調べてみたり、実物を手にとったりしたとき、レフィルの出し入れが自由で、何よりもメモ帳を使い切ったら新しいレフィルを足せるところが気に入って使うことを決め、長年愛用しています。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

ほぼ日手帳を2年くらい使いました。
その後、ブロガーのはあちゅうさんがプロデュースした手帳を1年間。大きさも中身もとてもよかったのですが、次の年、続けての発売がなかったので、使い続けることができませんでした。
その後は、手帳のデザインを重視していたときがあり、ファッションブランド・ホコモモラの柄の手帳を2年位使用。
その後、アフタヌーンティールームの手帳が種類が豊富なことを知って、大きめの手帳やメモ帳がたくさんある手帳などを選んで使っていました。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

藍玉さんと同じく、ほぼ日手帳で失敗しました。毎日1ページ欠かさず書くというのができず、自分の非リア充感を思い知らされることに。
あと、たくさん書けるのがいいなと思って大きめの手帳を使ったとき、バッグの中でかさばるし重いので、結局持ち歩くのが億劫で使うのをやめてしまいました。

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

aiさんのフリクション

手帳はスケジュール管理やタスク管理、ネタ帳として活用しています。
思いついたことをかきなぐったり、悩みを書いて整理したり、腹がたったことを書いてやつあたりしたりもするときも(笑)。もはや、手帳は人生に欠かせません。

―手帳をいつ開きますか?

aiさんのトラベラーズノート

毎朝、必ず開きます。スケジュールを確認して、その日にやることを書き出したいので。

あと、外出したとき、すきまの時間でカフェに入ることが多いのですが、カフェにいるときは、自分会議(スケジュールを見なおしたり、自分について考えたりする)をする格好の時間なので、そこでも手帳をよく開いています。

―どんな風に手帳を使っていますか?

aiさん×トラベラーズノートとカクリエ

トラベラーズノートに、マンスリー、週間+メモ、メモ帳としてカクリエのノートを入れています。

aiさんのトラベラーズノート2016「マンスリー」

まず、マンスリーのページでスケジュール管理をしています。取材や打ち合わせ、原稿の締め切りなど仕事のスケジュールをマンスリーページに書き込んでいます。

予定はフリクションで色分けしていて、締め切りは赤字で書いています。あと、直前まで定まらない予定も結構あるので、付箋も最近よくつかってますね。

aiさんのトラベラーズノート2016「週間」

次に週間+メモのページでタスク管理をしています。
todoマスキングテープで区分けをして、メモ部分にその週の仕事とプライベートのタスクをばばっと書いておいて、右の週間メモのところは、毎日、その日にやることリストを書いていく感じです。ただ、やることリストは、リスト書いてる暇あったら仕事しないと!ってときもあるので、さぼることも(笑)

そして、カクリエのノートは完全なる自由帳です。打ち合わせや取材のメモ、ブログのネタ帳、思いついたことを書き留めるなど、フリーダムにいろいろ書いています。

―手帳のことで悩みはありますか?

トラベラーズノートがすごく使いやすいので、他の手帳を使うつもりはないのですが、でも、手帳というものが大好きなので、毎年、使ってみたい手帳に目移りして困っています。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

aiさんのトラベラーズノート

買ったそのままで使うのではなく、アイテムを取り入れていくこと。私は、最近100円ショップのセリアで見つけたインデックスシールや付箋などで手帳に活用して楽しんでいます。

aiさんのマスキングテープ

あと、スタンプやマスキングテープも手帳を手軽にかわいくできるので、おすすめ。

aiさんのトラベラーズノート

私が愛用しているトラベラーズノートはカスタマイズすること前提で作られたノートで、中身を入れ替えたり、ノートをカスタマイズしたりとある程度、使う人の望む形に融通をきかせることができるので、自分の使い勝手のいい手帳が見つからないと悩んでいる方にはおすすめだと思います。

トラベラーズノートを使って、いろいろアイテムを取り入れながら、最近、「自分に合った手帳は自分で作ればいいんだ」と思えるようになりました。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

人生の相棒です。


スポンサードリンク


**********

藍玉@小林智子の似顔絵イラスト<藍玉より>「カフェにいるときは、自分会議(スケジュールを見なおしたり、自分について考えたりする)をする格好の時間なので、そこでも手帳をよく開いています」とおっしゃるaiさん。原稿を書く、取材をする、打ち合わせするなど様々な業務をこなしながら、しっかり自分と向き合う時間を作っていらっしゃいますね。フリーランスには、ああしろこうしろと指図する人はいません。それが良さでもあるのですが、自分の裁量で物事を進めなくてはいけない……ということは、管理してくれるのは自分だけなんですよね。aiさんは手帳を上手く使って、自分の司令塔にしているのだと感じました。

「『自分に合った手帳は自分で作ればいいんだ』と思えるようになりました 」の言葉にトラベルノートへの愛着が伝わってきます。インデックスシール、付箋、マスキングテープなどアイテムを取り入れて、可愛いトラベラーズノートが出来上がっていますね。todoマスキングテープで区分けをするのも楽しい工夫です。このtodoマスキングテープが欲しい~~~♪

トラベルノートをベースにして、足したり削ったりしていくと、自分の求める手帳の姿が浮かび上がってくるのですね。私はトラベラーズノートを旅行用に使っているのですが、普段使いの出番も増やしたいと思います♪aiさん、ご回答ありがとうございました!

aiさんがインタビューの感想を記事にしてくださいました。ありがとうございます。ぜひご覧くださいね。
>>「藍玉スタイル」手帳の使い方インタビューにこたえました#トラベラーズノート

※インタビューに協力してくださる方を募集中です。詳細はこちらから♪
>>手帳の使い方インタビュー2016年版をスタート!回答者を募集中です

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサードリンク


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#51 星下さん×ジブン手帳×コレト手帳×システム手帳
 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload