Home » 手帳の使い方インタビュー, 手帳術(時間管理)

手帳の使い方インタビュー#46 あーやさん×ほぼ日手帳カズン×オリジナル×WEEKS×EDIT

2015 年 12 月 24 日
LINEで送る
Pocket

あーやさん×ほぼ日手帳

手帳の使い方』インタビュー第46回目はあーやさんです。2015年の手帳は、ほぼ日手帳カズン、ほぼ日手帳オリジナル、ほぼ日手帳WEEKS、EDITに決めたそう。あーやさんに手帳の使い方や楽しむコツなど活用法を教えていただきました♪

スポンサードリンク


あーやさんのプロフィール

  • HN:あーやさん
  • 年齢:20代
  • 仕事:看護師をしていましたが現在病気のため自宅療養中です。
  • 運営ブログ:SmILe DaYs

―あーやさんの自己紹介

あーやといいます。SLEという病気のため現在は自宅療養中です。
興味のあることにチャレンジしていった結果、羊毛フェルトや編み物といったハンドメイド、読書やゲーム、趣味がどんどん増えていって時間が足りないのが今の悩みです。

また、好きな漫画のグッズを手に入れるためにUFOキャッチャーに挑戦し始めたら上達してしまいこれもすっかり趣味の一つに。ベッドがぬいぐるみに占領されつつあります。

あーやさんの手帳を書く机

昔から文房具が大好きで、社会人になってからは落ち着いていたのですが、ほぼ日手帳を書き始めてからいろいろなものを買って、着実に増えていっています。

あーやさんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2015年の手帳は何を選びましたか?

あーやさん×ほぼ日手帳

ほぼ日手帳カズン、ほぼ日手帳オリジナル、ほぼ日手帳WEEKSを通販で購入。
EDITは自宅近くの雑貨屋さんで購入しました。

―『ほぼ日手帳カズン』『ほぼ日手帳オリジナル』『ほぼ日手帳WEEKS』『EDIT』に決めた理由は?

あーやさん×ほぼ日手帳

ほぼ日手帳カズンは大きくて、いろいろチケットなどを貼り付けても十分に文字を書くスペースがあること。色々貼ったり書いたりできるところに魅力があり日記帳として使用するために買いました。
オリジナルは、最初にカズンと悩んで両方買ったときにイラストを書くのに使用していました。
WEEKSは、食事内容や体調などを書くのに持ち歩けるサイズとして購入を決めました。
昨年、同じような理由でこの3冊を購入して、トモエリバーの紙質に惚れました。初めて書いていて楽しい紙で、今まで3日坊主だった日記が毎日続いたのがうれしくて今年も購入しました。

EDITは昨年、ほぼ日を購入して1日1ページの手帳の手帳の存在をしり、SNSのフォローしている方の中にはほぼ日ではなくEDITを使っている方がおられたので、書き味などお試しに使ってみたいなと思って買いました。EDITが気に入れば来年は直接実物を見て買えるEDITに切り替えようかとも考えたためです。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

あーやさんの過去に使った手

小学生の頃はキャラクターものの手帳。ピアノや学習塾、スポーツクラブの予定を書いていました。中学時代は学校支給の連絡帳で事が済んだので購入しなかったのですが、高校・専門時代は連絡帳がなかったため無印良品のウィークリーの手帳やリラックマやきむさんのウィークリーの手帳を使用していました。

社会人になってからは、仕事のシフトはシフト表を直接見て確認していたので遊びに行く予定を書くためのリラックマのマンスリーの手帳を使用していましたが、病気になった後は日記帳も兼ねた手帳にしたいと無印良品のウィークリーの手帳に戻し、それでも足りなくなったため次の4月からほぼ日手帳に切り替えました。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

あーやさんの手帳タワー

ほぼ日手帳を最初の年、サイズがわからずにカズンとオリジナルとWEEKSを購入してそれなりに使用できたので、今年も同じように使用できると思い、3冊買ったのですが結局カズンしか書かないようになりオリジナルとWEEKSはほとんど放置してしまいました。

EDITは、ほぼ日手帳より使用しているペンが透けてしまったりしてイラストも描きたい私にはむかなかったです。

カズンは大きくて持ち歩くのが大変かもしれないけれど、来年はカズン1冊に絞って使用しようかと考えています。

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

あーやさんの手帳と机

昔は、スケジュールを管理したりするためのものでしたが、現在は日記帳として使用しています。学生時代から文房具が大好きなのでいろんなペンを使える時間でもあり、社会人になってからほとんど文字を書かないようになってしまったので、文字を書く大切な時間の一つでもあります。

―手帳をいつ開きますか?

基本的には寝る前です。書く元気がなくて後回しになっても、シャーペンで簡単に何があったかだけは記入しています。

―どんな風に手帳を使っていますか?

あーやさん×ほぼ日手帳

その日あった出来事や、その日読んだ漫画やみたアニメやドラマの感想などをイラストや写真を貼って記入しています。

あーやさん×ほぼ日手帳

また体調について記入したりもしていて、蕁麻疹になったときにはどこに出たかをイラストで描いてスマホで撮影した写真とともに病院に持って行きました。

あーやさん×ほぼ日手帳

ほぼ日と同時ぐらいにマスキングテープの存在をしり、集め始めていてそれを少しずつ消費していくのに貼っています。イラストを書くのがめんどくさいなーと思うときには、キャラクターもののメモ帳に記入してそのまま貼り付けることもあります。

今年は1日1ページの部分しかほとんど使用しなかったのですが、来年はウィークリーの部分をジブン手帳のように使用できないか挑戦してみようと思います。

―手帳のことで悩みはありますか?

都会に比べると、実物をみて手帳を購入できるところが少ないことです。もっと色々な種類の手帳を実際にみて、色々試してみたいのですが…。

―手帳を使うコツや楽しみ方はありますか?

あーやさんの手帳と机

自分の好きな文房具と共に使用すること。ほぼ日手帳にしてからそれが本当に大事だと思っています。

あーやさんのカズンのカバー

あと、興味のあることはチャレンジしていくのですが、飽きるのも早い性格で(苦笑)。飽きないために、自分の好きな布でカバーを作って自分オリジナルの物を作り上げるようにしています。来年は、今年のほぼ日のカバーそのままで、好きな漫画のカードなどをカバーオンカバーに挟んで使ていきたいと考えています。

―ズバリ!貴方にとって手帳とは?

自分が正直になれる相棒

見返した時に楽しくなれるように、基本的にはいいことしか書かないのですが、たまに不安や怒りたいことも手帳には正直にぶつけられるんです。
今回、このインタビュー企画に参加するために昔の手帳をひっぱりだしてきて中身をみたら時間割やテスト範囲などまじめなことを書いてある中に、友人のいたずら書きがあったりして今という時間を管理する役割とともに、過去の思い出を共有できるものでもあると思いました。

書くことで自分がはっきりするし、鏡といってもいいのかもしれませんが生き写しというより一緒に生きていく相棒という表現が一番合うような気がします。


スポンサードリンク


**********

藍玉@小林智子の似顔絵イラスト<藍玉より>

「トモエリバーの紙質に惚れました。初めて書いていて楽しい紙で、今まで3日坊主だった日記が毎日続いたのがうれしくて今年も購入しました」とおっしゃる、あーやさん。私も手帳を選ぶときは必ず紙をなでて、指ですべり具合を確かめていますが、紙によってここまで違いが出るなんて驚きです!改めて紙質は重要だと感じさせられました。

「社会人になってからほとんど文字を書かないようになってしまったので、文字を書く大切な時間の一つでもあります」の言葉から、あーやさんは大切なものを明確にして、維持されていると思います。大切だとわかっていても、つい効率を選んでしまったり、忙しいから後回しにしたりしてしまうんですよね。そんな中でも、大切なことを見失わないあーやさんを見習いたいです♪

とても新鮮だったのは「飽きないために、自分の好きな布でカバーを作って自分オリジナルの物を作り上げるようにしています」の言葉です。同じく飽きっぽい性格なので、あーやさんの“飽きさせないために自分を楽しませる”という工夫がとても参考になりました。新しく食事用の手帳を使っていたときに、ちょっとぐらいならいいか~って書くのをやめたら、空白のぺージが今も続いてる……。なるほど、こんなときに自分を楽しませる工夫を考えればいいのですね。

あーやさんの机の写真を見ると、好きな物でいっぱい。自分らしくいられる空間っていいな~。とってもうらやましいです♪あーやさん、ご回答ありがとうございました!

※インタビューに協力してくださる方を募集中です。詳細はこちらから♪
>>『手帳の使い方』インタビュー2015年版をスタート!回答者を募集中

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサードリンク


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#45 くーさん×ほぼ日手帳カズン

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload