Home » 手帳の使い方インタビュー, 手帳術(時間管理)

手帳の使い方インタビュー#37 【前編】高梨さん×ほぼ日手帳オリジナル×WEEKS×368ページ・フリーノート

2015 年 7 月 9 日
LINEで送る
Pocket

高梨さんのほぼ日手帳オリジナル

手帳の使い方』インタビュー第37回目は高梨さんです。2015年の手帳は、ほぼ日手帳オリジナルほぼ日手帳WEEKS(2冊)、セリアの368ページ・フリーノートに決めたそう。高梨さんに手帳の使い方をうかがいました。前編と後編に分けてご紹介します。

スポンサードリンク


高梨さんのプロフィール

―高梨さんの自己紹介

今年から手帳と仲良くなり始めた、超のつく初心者、高梨です。営業補助の事務職をメインに、フリーランスでゲームやアニメーションのボイスアクターもしています。

物心ついた頃から自他共に認める文房具好きだったわりに、手帳とは全く縁がなく……。また、かなり自由だったアパレル業界から少し堅めの会社に転職してからは、外見に釣られていつしかデスク上も実用一辺倒と化し、大好きな文房具からも遠ざかっていました。

今年、正確には去年の12月から手帳の世界に飛び込んで、さまざまなペンやはんこ、マステやシールを散らかして(ほぼ)毎日楽しんでいます。

「笑い」と「安い」が価値基準の土地、大阪に住んでいるせいか、格調高いものより、安く、楽しく、面白く! 手帳を彩れるものが大好きです(笑)。だから、100均の手帳だろうが気にせず大好き!と素直に仰る藍玉さんのスタイル(!)そのものが素敵に思えて、今回是非にとお邪魔させて頂きました。どうぞよろしくお願いします。

高梨さんの『手帳の使い方』は?

―では、インタビューのスタートです。2015年の手帳は何を選びましたか?

高梨さんの2015年の手帳

写真の右下から時計回りに、

1.ほぼ日オリジナルのMOTHER2/Onettを、どうしても日曜始まりがよかったので、ほぼ日ストアで買いました。いくらだったんでしょう。多分5000円くらい。(調べたら4,752円でした)
あの頃の私に、手帳を持つ習慣があったらなぁと最近しょっちゅう思います。こういう風に聞かれたとき、何月に幾らで買いました、と答えられたらとてもスマートですし。悔しいですね。

2.あと、ほぼ日weeksのコーヒーブラウンと
3.スモーキーブルーを1冊ずつ。ブルーには透明カバーのステーショナリーをつけています。
4月始まりが発売された後、とある大型家電量販店の片隅で1月始まりを投げ売りしているのに遭遇し、飛び付くように購入しました。20%OFFや50%OFFなんて目じゃないです。なんと1冊100円で。いや~もう誰かにずっと自慢したかった(笑)。念願叶いました。

4.それと、藍玉スタイルさんでも紹介されているセリア系列100円均一ショップの368Pフリーノートを1冊。合計4冊です。

(開けるのが勿体無くて仕舞ってあるトラベラーズノートのブルーエディションを詩作用に出そうかな、と考えているので、それが加われば5冊になる予定です)

―『ほぼ日手帳オリジナル』に決めた理由は?

高梨さんのMOTHER2のカバー

大好きなMOTHER2のカバーだから。もう、それに尽きます。

あとは精神的な理由です。2013年の秋頃からずっと、私生活が大変なことの連続で、意識的に嬉しいもの、楽しいものを取り入れないとぺしゃんこに潰れそうな日々を送っていました。

そんな中、MOTHER2のカバーで手帳が出ると知り、矢も盾も堪らず購入ボタンを押しました。はじまりの町オネットから今まさに冒険を始めようとするネスと共に、逆境を乗り越えられる気がしたので。

手帳の使い勝手そのものの良さが決め手じゃなくて申し訳ないです(笑)。

―過去に使ったのはどんな手帳ですか?

高梨さんの過去に使った手帳

子どもの頃はポイント交換の手帳や付録など。中高大も形式的にはさして変わらない綴じ手帳を持っていました。

試験範囲や日程、バイトのシフトを書くのが主でしたが、マンスリーにシールを貼る程度で終わるし、さほど多くもないし。生来ぼんやりした気質なので肝心の内容を書き漏らしたりもしていて。結局、しっかり者の友人に頼りきっていたから、実は手帳の意味があんまり…(笑)、いえ、笑い事じゃないんですけど。
そんなこんなで、持ち歩く意味はあるのかと疑問に感じ、使ったり使わなかったりでした。

だから余計に「自分は手帳を使いこなせない」「スカスカの紙の束を持っているだけにしてしまう」という思いが強く、社会人になってからも適当に好きなキャラクターに惹かれて買いはするものの、殆ど使わないままという状態でした。

―手帳選びで失敗したことはありますか?

高梨さんの手帳

成功例がないので(苦笑)失敗らしい失敗も特にないんですが、休職中にマンスリーとメモだけのキャラクター手帳を購入したのは間違いだったなと思っています。
調整すべき予定がないからマンスリーは学生時代以上にスカスカで罪悪感が湧くし、日々の出来事を徒然に書き留めるにはメモの頁が足りず…。更には、手書き日付を頼りに見返すのが億劫で、最後には思い出深い部分だけ切り抜いて捨ててしまいました。

日付が定位置の見出しになっていて見返し易く、たっぷりスペースが確保されていないと息が詰まるタイプなんだと気付けた点においては良かったのかなと思います。

―貴方の手帳を使う目的は何ですか?

自己実現、の礎でしょうか。

手帳を決めた理由で触れた「大変なことの連続」が訪れるまで、私には、自分がどうなりたいかという欲求がまるでありませんでした。
それなりにつらいことも楽しいことも、多分ひとから見ればわりと波乱万丈な出来事もあるけど、だからどうだということもなく、根っこのところはぼんやりしていました。夢見がちな言い方になりますけど、考えることを放棄していたというか(笑)。

ふと、ぼんやりのまま終わっていくのは、もしかしてすごく悲しいことなんじゃないかと気付いて。

高梨さんのほぼ日手帳オリジナル

何気なく過ごしがちな日々を細かに書き留めて、そもそも自分がどうなりたがっているのかを知りたい。頭とこころを整理して、まず、そこを知らないことには、自己実現なんてできませんから。

だから、自己実現のツールそのものではなく、もっと前の段階。基礎部分、礎にしたいと思って使っています。


スポンサードリンク


**********

藍玉@小林智子の似顔絵イラスト<藍玉より>
「何気なく過ごしがちな日々を細かに書き留めて、そもそも自分がどうなりたがっているのかを知りたい」とおっしゃる高梨さん。ぼんやりしたまま終わってしまうのは悲しいことだと気づき、手帳を自己実現のツールとして活用されています。

自分を振り返って、「このままでいいの?」という問いかけに自分で答えを出す。手帳は自分との対話になっているのですね。

MOTHER2 Onettの手帳カバーとの出合いは、高梨さんの生活、いや人生を大きく変えてくれるのではないかと思います。高梨さん、ご回答ありがとうございました!インタビューは後編へ続きます。

※インタビューに協力してくださる方を募集中です。詳細はこちらから♪
>>『手帳の使い方』インタビュー2015年版をスタート!回答者を募集中

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサードリンク


繋がっている記事
手帳の使い方インタビュー#36 【前編】ゆかさん×ほぼ日手帳オリジナル×カズン×WEEKS 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload