Home » トラベラーズノートの使い方, 手帳術(時間管理)

旅が4倍楽しくなる!旅行ノートの作り方・書き方まとめ

2015 年 4 月 23 日
LINEで送る
Pocket

旅行ノートの作り方まとめ

旅行ノートを書き始めて、もうすぐ2年。旅に行く度に持ち歩き、書き方も進化してきました。カスタマイズして作ったり、新しいことにチャレンジしたりと、楽しさが倍増しています。旅行ノートの作り方・書き方をまとめたので、旅行の際に参考にしていただけると嬉しいです♪

スポンサードリンク


旅を4倍楽しむコツは「準備する」「旅行中に記録する」「帰宅後にまとめる」「シェアする」」

今までの旅行ノートは「準備」「旅行中」で終わり。でも、旅行して終わりではないのです。『手帳ゆる友と旅するEDiT企画』に参加して、帰宅後に旅行記録をまとめる楽しさをたっぷり味わいました。

しかし、手帳に記すことで
1.旅の準備 たのしい!
2.旅に行っている最中 たのし、くないこともあるけどおおよそたのしい!
3.旅から帰って手帳に記す たのしい!
で、三倍楽しめることに!(感想には個人差があります。)
手帳の使い方インタビュー#28 【後編】720さん×midoriのスパイラルリングノート(北国シロクマ)

720さんもインタビューでそう語っていましたね。

さらに、シェアすることで楽しさは急上昇します!旅行ノートを友達や家族に見せると、旅の思い出がよみがえり、話も弾みますよ~♪

「準備する」「旅行中に記録する」「帰宅後にまとめる」の三倍楽しめるに「シェアする」を足せば、旅行ノートで旅を4倍楽しめます。過去記事をピックアップして、旅行ノートの作り方・書き方をまとめました。旅行の際に参考にしていただけると嬉しいです。


スポンサードリンク


旅行ノートは基本2冊使いです

トラベラーズノートを使った旅行ノートの書き方(ロンドン編)

旅行ノートは『ガイドブックと旅のしおり用』と『行動記録用』の2冊を使います。

『ガイドブックと旅のしおり用』はトラベラーズノートを使い、準備の段階で書きました。『行動記録用』はジブン手帳のIDEAを使い、準備から旅行中までの間に書きました。

1冊にまとめてしまってもいいのですが、きれいに速く書けないので、速さを重視するために行動記録用のノートも用意しています。これは自分だけの記録なので殴り書きでもOK!気楽に書けます♪

それでは作り方と書き方を順に紹介していきますね。

旅行ノートの作り方。使いやすくカスタマイズする

無印良品の再生紙バーチカルを切り貼りしてジャバラにする

>>トラベラーズノートを使った旅行ノートの作り方(ロンドン編)

『ガイドブックと旅のしおり用』は、今までは手書きでスケジュールの枠を書いてきたのですが、ロンドン旅行のときにカスタマイズに挑戦しました。トラベラーズノートと無印良品のバーチカル手帳を組み合わせてみたのです。1日のタイムスケジュールと全体のスケジュールページが簡単にできました。これでぐんと使い勝手がよくなりました。

旅行ノート『ガイドブックと旅のしおり用』と『行動記録用』の書き方

トラベラーズノートを使った旅行ノート1ページ目

>>観光地を効率よく回る!トラベラーズノートを使った旅行ノートの書き方(ロンドン編)

トラベラーズノートは自分だけのガイドブックと旅のしおりを兼ねています。「持ち物リスト」や「スケジュール」はもちろんのこと、「ヒースロー空港での入国審査」「その日に使いそうなトラベル英会話」「パスポート番号」「クレジットカードの緊急連絡先」など書きました。

トラベラーズノートは旅のガイドであり、重要なことをまとめる命綱でもあります。ロンドン旅行は添乗員無しのフリープランでしたが、この1冊のおかげで快適に過ごせました♪

ちなみに初めて書いたのは台湾旅行の『ガイドブックと旅のしおり用』でした。
>>トラベラーズノートで台湾旅行のガイドブックを作り始めました

ジブン手帳のIDEAを使った旅行ノートの作り方(ロンドン編)

>>ジブン手帳のIDEAを使った旅行ノートの作り方(ロンドン編)

ジブン手帳のIDEAは行動記録を書きます。準備の段階はメモとして、旅行中は細かく行動ログを書き留めます。旅行中に書くのは「日付」「時間」「行動内容」「出来事」「立ち寄ったお店や観光地」「感情」です。これだけ細かく書いておくと、時間が経っても記憶が鮮明によみがえります。

トラベラーズノートに書いた札幌旅行記6

>>トラベラーズノートを使った旅行ノートの作り方(札幌編)

短期間の旅行なら1冊で十分です。札幌旅行のときは時間がなくて、トラベラーズノート1冊だけにまとめました。旅行の行動記録と共に飛行機の切符やショップカードを貼って、スタンプもぽんぽん押しました♪

旅行ノートを「帰宅後にまとめる」「シェアする」で楽しさが倍増!

旅するEDiTの下書き

旅行ノートをさらに楽しくするのは、「帰宅後にまとめる」「家族や友達にシェアする」ことです。ここからは旅行ノートのまとめ用として、3冊目の旅するEDiTの登場です。

旅するEDiT(エディット)と写真

>>旅するEDiTで作る旅行ノート【前編】下書きから清書までの手順

まとめの旅行ノートを書くときは、自分だけでなく、第三者を楽しませる点を意識します。デジカメプリントする・写真の配置を考える・ページのデザインを考える・ラクガキするなど、視覚的に“旅の楽しさ”が伝わるようにします。

ロンドンの旅行ノート「ダイアナ元妃ゆかりの地とロンドン観光」

>>旅するEDiTで作る旅行ノート【後編】完成版と作成のポイント

完成したまとめの旅行ノートを娘に見せたら「うわ~、楽しそう。私もロンドンへ行きたい!」と言っていました。楽しさが伝わって嬉しい。これから旅するEDiTは次々と参加者の元を渡っていきます。たくさんの方にシェアできるのはちょっぴり恥ずかしいけれど、ワクワクでいっぱいです。

ぜひ、貴方も旅行ノートを書いて、家族や友達とシェアしてください♪

旅行ノートに初チャレンジするときは「旅行手帳」と「旅するEDiT」がおすすめ

旅行手帳の表紙

私はトラベラーズノートをカスタマイズして使っていますが、「イチから書くのはちょっと面倒くさい」という方には、旅行手帳と旅するEDiTがおすすめです。旅行ノートに初チャレンジするときも、「何を書くか」「どう書くか」がわかるので、この2冊をおすすめします。

どちらも『持ち物リスト』や『旅の予定』など旅行に必要なページがあります。ここに何を書くと指定されているので、書き進めれば旅行ノートができあがりますよ♪

2冊の詳しい紹介記事はこちらです。

>>ロンドン旅行へ行く息子のために『旅行手帳』を買いました

>>真っ赤な旅行ノートでウキウキ♪旅するEDiT(エディット)の書き方

旅行ノートを活用して、旅の楽しさを倍増させてくださいね。それでは、良い旅を♪

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。



LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload