Home » 書く習慣

なかよし3月号の付録『スーパー最強まんが家セット』の豪華さに感動しました

2013 年 2 月 7 日
LINEで送る
Pocket

なかよし2013年3月号

なかよし3月号の付録『スーパー最強まんが家セット』がすごいとmixiニュースで知りました。娘が「欲しい!欲しい!」と言うので買ってきたら、ホントにすごいです!

スポンサードリンク


まだ買ったばかりで、使いこなせてないのですが、付録の中身を紹介しますね。

なかよし3月号

付録って本誌の間に入っているじゃないですか、なかよし3月号の付録は、本誌に挟まらない厚さ。そう3cmの厚さがある箱に入っているんです。(カンペキまんが描き方ブックという冊子は本誌に挟まれています)

カンペキまんが描き方ブック

カンペキまんが描き方ブックには、えぬけい先生のまんが講座が23回もあります。マンガを描く道具から、ペンの使い方、顔の描き方、キャラ作り、スクリーントーン活用法などがあり、すべてをこなすと最後に原稿完成となります。

娘は「そうそう!いろんな角度の顔の描き方が知りたかったの!」と大喜び。この1冊は貴重な教科書になりそうです。

なかよし3月号の付録を開けました

付録の箱を開けました。小中学生の女の子が喜びそうなピンクでいっぱい♪

ワルツのお時間のキラキラ修正ペン

安藤なつみ先生の『ワルツのお時間』のキラキラ修正ペン。「付録のひとつ?」と思うよなしっかりした修正ペンです。

人気連載陣プロデュース本物スクリーントーン

人気連載陣がプロデュースした本物スクリーントーンが4枚ついています。松本ひで吉先生、永遠幸先生、美麻りん先生、遠山えま先生が各スクリーントーンを描いています。

なぞるだけプロ原稿用紙、人物レッスンシート、なかよし原稿用紙

鳥海ペドロ先生の『なぞるだけプロ原稿用紙』が4枚、山田デイジー先生の『人物レッスンシート』が2枚、自由に描ける『なかよし原稿用紙』が4枚ついています。

イラストステンシル

美麻りん先生の『イラストステンシル』は5種類。女の子、男の子、動物など、簡単に描けます。コレとっても便利です。

イラストステンシルを使って描いてみました

娘がイラストステンシルにチャレンジ!
付録には「鉛筆やシャーペンで下書きしましょう」とあったのですが、娘はボールペンでグリグリ描き始めてしまいました。

イラストステンシルで簡単に描けます

出来上がりはこちら。ホント簡単に描けます!

似顔絵プロフ帳

似顔絵プロフ帳にはプロフシートが20枚入っています。イラストステンシルを使って、プロフシートに似顔絵を描けるようになっているんですね。

なかよし3月号の付録『スーパー最強まんが家セット』の中身

なかよし3月号の付録『スーパー最強まんが家セット』の中身をずらり。この豪華さで580円とは感動です。なかよしを買うのは数十年ぶりだけど、買ってよかった♪

※Amazonと楽天ブックスでは売り切れのようです。Amazonのマーケットプレイスにはあるみたいですが、倍以上の価格になっていました。Twitterでも「売り切れ」のツイートばかり。すごい人気ですね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
スポンサードリンク


繋がっている記事
2013年のマンガ手帳の内容や使い方をオリジナルキャラクターで紹介します
ボールペンでイラスト―ちいさなお絵描きレッスン帖で日記帳をカラフルに彩る 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

2 Comments »

  • ririca said:

    うちの娘は5年生で、毎月ちゃおを愛読中。今月の付録はお財布でした。
    でもこんな付録をみちゃうと私が欲しくなっちゃいました。
    本屋さん探してみますね。

  • 藍玉@小林智子 (author) said:

    riricaさんへ

    コメントありがとうございます。
    今、ちゃおの公式サイトで付録を見てきました。長財布も豪華ですね♪(ちゃおが創刊したとき、私は小学生でした。とっても懐かしいです)

    なかよしの付録を欲しくなっちゃうということは、riricaさんもマンガ家を夢みたことがあるのかな?
    数十年ぶりになかよしを読んで驚いたのは、マンガ家を育てようとしている姿勢です。たとえば『カンペキまんが描き方ブック』という冊子では、マンガの持ち込み大歓迎していて編集部への連絡方法が載っていました。本誌でもまんが家タマゴ塾という連載などがありました。今の小中学生がうらやましいです。

    地元の本屋さんなら、まだ売れ残っているかも。riricaさんも買えますように♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload