Home » 日々のこと

高校受験は進研ゼミの中学講座でがんばる息子(1)始めたきっかけ

2013 年 1 月 23 日
LINEで送る
Pocket

進研ゼミの中学講座

お久しぶりです。中学3年生の息子の受験準備で、アタフタしている毎日です。高校受験や大学受験のお子さんがいる友達も多くて、「お互いに踏ん張り時だね」と励ましあってます。

我が家は今回が最後の高校受験になるので、息子がやっている進研ゼミや受験勉強の様子を書き留めておくことにしました。

進研ゼミを始めたきっかけは娘の高校受験で慌てたから

息子は小学生の頃から進研ゼミで勉強しています。進研ゼミを始めたきっかけは、姉である娘の高校受験で私が苦労したからです。

私が子どもの頃、親から「勉強しなさい!」と言われたことが1度もありませんでした。授業を受けて、定期テストが近くなったらテストの勉強をするのが自然な流れだと思っていて、娘にもとくに勉強しなさいと言ったことがなかったんです。それが失敗でした。

娘は勉強嫌い。時間があれば漫画を読んだり、お絵かきしたりして過ごしていたんです。中学3年生のときに、三者面談で「志望校は難しいですね」と担任の先生から言われ、ええーーーっと焦りました。先生のお話によると娘が入れる範囲の高校は荒れているそうで、いじめに合ったことのある娘が安心して通えるか大きな不安がありました。かといって私立は授業料が高いし……娘とどうしよう?と顔を見合わせました。

三者面談の後、のほほーんと過ごしてきた娘も焦ったようで、やっと重い腰を上げてくれました。仕事をセーブして、秋頃からつきっきりで受験勉強する日々を過ごし、なんとか希望の公立高校に合格できてホッとしたことを覚えています。「あの数ヶ月はきつかったね♪」と今では笑い話になってますけど、ホント大変でした。

息子と幸せなダンボール

娘の受験を教訓にして、息子には勉強をする習慣を身につける!と心に決めました。(ダンボールに入って喜ぶような息子です)

息子の勉強をする習慣に役立ったのが、進研ゼミ小学講座です。

進研ゼミは私から息子へ「これで勉強してみない?」と誘ってみました。息子はチャレンジのイラストが多い点が気に入ったようで、小学生から毎日勉強する習慣が身につきました。これでひとまず安心です。

進研ゼミの中学講座は自分からやりたい!と言い出した

小学講座が終わる頃、息子が「中学講座もやりたい!」と言い出したことに、驚きました。

進研ゼミの中学講座のテキスト

私の中では、中学生になると定期テストや高校受験のこともあって、塾に通うか悩んだのです。でも塾と比較すると進研ゼミの安さは大きな魅力!(我が家は割引になる一括払いにしています)またずっと通信教育に慣れ親しんできたこともあり、本人の希望通りに中学講座を受けることにしました。

息子の進研ゼミ好きは、大好きな嵐の桜井君がCMをしているのも大きな理由だと思います。

進研ゼミの中学講座の予想問題集

心配だった中間や期末テストは「よく出る!定期テスト予想問題集」を活用して乗り越えました。授業のノートとプリントを暗記して、予想問題集で間違えを見つけ、また暗記するの繰り返しです。

息子と進研ゼミは相性が良いみたいでホッとしています♪

進研ゼミ中学講座の詳細はこちらから
【進研ゼミ中学講座】では、受験予定の都道府県の入試に向けて、バランスよく対策できる教材があります!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

2 Comments »

  • こう said:

    僕も小学生の子供たちの習い事には頭を悩ませています。
    来週くらいからクラス形式の授業から個別形式に切り替えますが、本人にあったやり方を見つけるのがまずは大変ですよね。塾に任せきりにせず、できる範囲で僕もペースとか、勉強内容とかみて協力しているのですけど、本人が嫌にならない程度をキープするのが大変です。
    進研ゼミを自分のペースでやっていってくれるとホントいいなぁ・・・って思いました。何より費用が魅力的ですよね。

    理社のクラスをとらないことにしたので、進研ゼミで理社をカバーできたりしないかなぁなんて思ったので、ちょっと調べてみようと思います。

  • 藍玉@小林智子 (author) said:

    こうさんへ

    コメントありがとうございます。

    『本人が嫌にならない程度をキープする』のは、大変ですよね。
    勉強を習慣づけようとしているのに、「勉強を強制されている!」と子どもが思ってしまう可能性があるので、むずかしいです。

    うちの場合は、娘が学校の授業だけで勉強嫌いになってしまったので、高校受験のときだけ集中的に勉強する結果になりました。

    息子のときは、私が進研ゼミのテキストや教科書を見て「面白がる」「不思議がる」ようにしています。たとえば「植物は細胞分裂するんだね。どんなふうに分裂するのかな?」と息子に質問して教えてもらいます。息子は教える立場になれるのが嬉しいし、私も中学のおさらいができて楽しい。そうやって二人で勉強を楽しんでいます。

    >理社のクラスをとらないことにしたので、進研ゼミで理社をカバーできたりしないかなぁなんて思ったので、ちょっと調べてみようと思います。

    進研ゼミの小学講座は3年生から国算理社と4教科セットになると思うので、国算は塾のおさらいとして使って、理社を重点的にやるという方法もありますね。

    ひとつの参考になると嬉しいです♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload