Home » ほぼ日手帳の使い方, 手帳術(時間管理)

ほぼ日の週間手帳の使い方はバーチカルの時間軸を無視する形がベストでした

2013 年 10 月 1 日
LINEで送る
Pocket

ほぼ日の週間手帳2014年と2013年

2013年はほぼ日手帳と一緒に週間手帳も使っています。バーチカルをどう使うかかなり悩みました。やっと慣れてきたので、週間手帳の使い方を紹介しますね。

スポンサードリンク


ほぼ日の週間手帳の使い方に悩む

メインで使っているのは、ほぼ日手帳のオリジナルです。まずは、ほぼ日手帳1日ページの使い方の記事をご覧いただくと、週間手帳との使い分けがわかりやすいと思います。

2012年に使っていたのは無印良品のマンスリー・ウィークリーノートA6です。ToDoリストはウィークリー・ページで管理してきました。ウィークリーの使い方はこちらの記事をご覧ください。
>>無印良品の手帳の使い方(3)ウィークリーは線を引いて書く内容を分ける

今年買ったほぼ日手帳は1日ページが中心で、週単位の予定を見渡すことができません。そこで週間手帳の登場です。

週間ダイアリー

週間手帳は、見開き1週間のバーチカル。週単位で見渡せるのは嬉しいのですが、「この時間軸にToDoをどう書けばいいの?」と悩み始めました。

初めは時間軸にそって、仕事の作業予定を書き入れてみました。でも予定が変更になると、予定と修正した文字がぐちゃぐちゃになって読みにくい。30分で終る作業を書き込みにくいなど、しっくりこないんですよ。

1ヶ月ほど試行錯誤してみて、私がしたいことは週単位でToDoリストを管理することで、時間軸は必要ないと気づきました。

ほぼ日の週間手帳の使い方

結局、バーチカルの時間軸を無視して、ToDoリストを内容別、曜日別に配置するのがベストでした。現在の週間手帳の使い方を説明しますね。

ほぼ日の週間手帳の使い方

●黒で2本の線を引く
ToDoの内容を分けるために、6時と9時に横線を引きます。プライベート・仕事(他者)・仕事(自分)と3つのブロックが出来上がります。

●緑の部分は?
日付の上のスペースに『外出の予定』を赤字で書きます。外出予定を書いておくと、その日にできる作業量の目安がわかります。

●赤の部分は?
プライベートのToDoを書きます。
たとえば、子どもの学校に提出する書類の締切日などを書きます。

●青の部分は?
仕事(他者)の締切を書きます。
数人でする仕事があるため、他者の締切日を書いておきます。

●黄色の部分は?
仕事(自分)のToDoを書きます。
決まっている作業を半年分ほどペンで書き込みます。曜日が決まっていないものは鉛筆で書いておき、確定になったらペンで書き直します。作業を終えたものは「レ」でチェックして、鉛筆で線を引きます。

●ピンクの部分は?
その週で日にちが決まっていないToDoを書きます。
たとえば、撮影したい文房具のリストや提出する書類の一覧などです。

+++++

週間手帳にはToDoリストを書いて、ほぼ日手帳の時間軸には作業の過程を書いています。2冊の手帳を同時に開きながら仕事ができるので、とっても便利です!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
スポンサードリンク


繋がっている記事
ほぼ日手帳公式ガイドブック2014にうっとり!
ほぼ日手帳に欠かせない週間手帳2014年版を買いました 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload