Home » 書く習慣

ダイソーで買った赤いB6ハードカバーのノートは通称「ダイスキン」と呼ばれていました

2012 年 11 月 9 日
LINEで送る
Pocket

通称ダイスキン(daiskine)

ダイソーで「コレいいなー♪」と思って買った赤いハードカバーのノート。なにやら通称ダイスキン(daiskine)と呼ばれているそうです。

ダイスキンの全体写真

文房具や手帳のブログをぐるぐるまわっていて、“ダイスキン”という言葉を知りました。このダイスキン、私の持っている赤いノートにそっくりだったんです。よーく見たら、私の赤い手帳はダイスキンの仲間だと判明。

スポンサードリンク


なぜ「ダイスキン?」

ダイスキンとは、ダイソーで販売された手帳がモレスキン(MOLESKINE)風なことから、「ダイスキン」と呼ばれるようになったそうです。こちらのダイスキンwikiがとても詳しいです。

【ダイスキン】ダイスキンwiki(ダイスキナリー/Daiskinerie)【Daiskine】

ダイスキンの角の丸み

モレスキンをまじまじと見たことが無いのですが、ロフトで見た記憶をたどると、ダイスキンのほうが角の丸みが大きかった気がする。

モレスキンは憧れの手帳のひとつで、書き心地を味わってみたいものの、まだ私には早いかなと思っています。ダイスキンがモレスキン風ということから、しばらくはダイスキンを楽しんでみます。

ダイスキンを開いた写真

ダイスキンのサイズはA6、A7、B6の三種類。カラーは黒・白・赤があります。
私のダイスキンはB6サイズの赤で144ページ。赤いしおりがついてます。

ダイスキンはベルト付

ネイビーのベルトが付いていて、バッグの中でノートが開いてしまう、なんてことがありません。これ嬉しいですね。

ダイスキンの紙質はかなり好みです

ダイスキンの紙質はかなり好みです。淡いクリーム色の紙が好きってこともありますが、書き味もなめらかで好きです。愛用のペン「ユニボール シグノ」も裏写りしないんですよ。

メモ帳はA6の文庫本サイズで揃えていると何度も書いてきましたが、ダイスキンは特別なことのノートとして使っています。たとえば息子の受験準備のように、「どうなるのかな?ちょっと憂鬱」なんてときでも、赤いノートだと気持ちが上向きになります。

105円というお手軽価格のダイスキンに出合えて良かった。私の書く習慣の仲間入りです♪

ダイスキンのダイアリーも買いました!記事はこちらです。
ダイスキンの2013年版ダイアリーA6とB6を比較してみました
ダイソーで買ったダイスキンのダイアリー2013年の中身を紹介します

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload