Home » 書く習慣

ブログを書き続けることについて考えたら、ブログを楽しむ自分に気づかされた #ブロガーサミット

2013 年 8 月 26 日
LINEで送る
Pocket

ブロガーサミット2013のうちわ

ブロガーサミット2013に参加してきました。1000人規模の大イベントで、会場にみなぎる熱気に圧倒されてしまいました。いろんな刺激を受けまくりだったのですが、自分が今ブログを一番楽しんでいることに気づかされました。

スポンサードリンク


ブログを続けるのは大変?

当日は用事があって途中から参加したにも関わらず、何ページもメモを書くほど役立つ話しがありました。イベントの内容は次々とポート記事がアップされているのでこちらをご覧くださいね。

【8月24日(土)ブロガーサミット2013】無料事前登録フォーム。「さぁ、自分を発信しよう。」SNSやメディア運営者も申し込みOK! レポート

気になったのは、書いたメモの中に何度も出てきた言葉です。「ブログを続けるためには?」「ブログをやめてしまう人にどう続けてもらうか?」といった言葉でした。それだけブログを続けるのは難しいのですね。

帰宅してからもモヤモヤが晴れなくて、“ブログを書き続けること”について考えてみました。

ブログを分散したから続けられた

私の場合、ひとつのブログにすべてを書かないこと、つまり分散することがブログを続けることへ繋がっています。

いくつかブログを運営してきて、数年続いたブログがあれば、1ヶ月ほどで更新しなくなったブログもありました。それぞれに寿命があって、私の中で役目が終ったと思っています。

道路に黄色い足形

5ヶ月ほどで終ったブログは、亡くなった父の闘病中のことを書き綴ったブログです。友達にも話せなくて、でもつらくて、重苦しい気持ちを吐き出すために作ったものです。誰に見せる訳でもなく、ひたすらつらい気持ちを書いていたら、同じ境遇の人達がコメントで励ましてくれるようになりました。どんなに支えてもらったか、今でも感謝しきれません。

父の闘病を綴ったブログを考えると、ブログを書き続けるということに意味はありませんでした。早くこの苦しみから抜け出したい、元の場所(日常を綴ったブログ)へ戻ることが当時の願いだったのです。もし、ひとつのブログにすべてを書こうとしていたら、書くこと自体をやめていたと思います。

ネタフルのコグレさんが言った「ブログは自分自身」にぐっときた

ブロガーサミット2013

ブロガーサミットの中で、ネタフルのコグレさんの『ブログは自分自身』という言葉が一番印象的でした。ブログって自分を映し出す鏡のようなもの。良くも悪くも、気づかなかった自分の一面が見えてくるなと感じています。

また過去を振り返ってみて、今が一番ブログを楽しんでいると感じました。そうか!ブログが自分自身になっているからですね。

十数年ブログを書き続けてきて、何度も息苦しく感じることがありました。読み手の共感を求めるあまりに、自分を作ってしまったのです。普段の生活でも自分を良くみせようとして、人と接すると疲れてしまいますよね。自分から離れるほど疲れてしまう訳で、ありのままの自分でいられるから楽しいんです。

ほぼ日手帳に書いた名言

藍玉スタイルを復活させたときには、とくに書きたいテーマがあった訳ではなく、身の周りの個人的なことを書きたかっただけでした。個人的なことといってもネタが尽きてしまって、大好きな手帳のことなどを書き始めたら、繋がりが増えるようになって、どんどん楽しくなっています。

読み手の目を意識するとカチカチに緊張してしまう私にとって、自然体でいることが“ブログを書き続けること”に繋がっているのだと感じます。ブロガーサミットのおかげで、私とブログの関係を再認識できました。

アジャイルメディア・ネットワークのみなさん、パネリストのみなさん、ボランティアスタッフのみなさん、ありがとうございました!参加してよかったです!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も笑顔がひとつ増えますように。

スポンサード リンク
スポンサードリンク


お友達の記事
・森田さん:ブロガーサミット2013…たくさんの違和感と共に
・なっちゃん:時には違う風に触れるのもいいものだ ブロガーサミット2013に参加してみて

繋がっている記事
ブログに出会った頃に戻ってブログを書くメリット(=得られるもの)を考える #ブロガーサミット 

LINEで送る
Pocket



ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになりますので、1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事はこちら♪
当ブログのFacebookページです。 facebookのアカウントを持ってる方は、「いいね!」を押していただけると嬉しいです。Facebookページでも、お気軽にコメントしてください♪

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Captcha Captcha Reload